車を買う

セダンを中古で買うならおすすめは?年代別に狙い目車種を紹介!

セダンは、室内とトランクルームがハッキリと区切られた形状の車で、椅子に腰かけて運転する「セダン・チェア」から名付けられたと言われています。

日本でも長い間、カローラが乗用車の販売台数のトップに君臨し続けて、高級セダンのクラウンは憧れの車として車に興味がない方でも名前を知っているほどで、セダンは日本で最も馴染みのある車種でした。

しかし、バブル崩壊後の1990年代には、実用性の高いステーションワゴンやRV車の人気に押されてしまい、セダンはスポーツタイプと共に現在では衰退の一途をたどっています。

不人気車種になってしまったセダンですが、SUVやミニバンよりも走行安定性では勝っていますし、外から荷室が見えないことから防犯面でも優れている車種です。

今回は、車の原点でもあるセダンを、中古で買うときのおすすめ車種とともに紹介していきます。

セダンを購入するメリット・デメリットは?

セダンと言っても、ボディサイズや排気量の異なるタイプがあり、排気量は1,500cc以下の「小型セダン」、排気量が2,000cc前後の「中型セダン」、排気量が3,000cc以上の「大型セダン」など、大きく3つに分類することができます。

それぞれの代表車種を例に挙げて比較してみましたので紹介します。

項目小型セダン中型セダン大型セダン
代表車種カローラカムリクラウン
新車車両本体価格1,936,000円~3,033,000円3,485,000円~4,672,000円4,899,000円~7,393,000円
全長/全幅/全高4.495m/1.745m/1.435m4.885m/1.840m/1.445m4.910m/1.800m/1.455m
ホイールベース2.640m2.825m2.920m
車両重量1,250kg~1,440kg1,550kg~1,600kg1,720kg~1,900kg
排気量1,200ccL~1,800cc2,500cc2,000cc~3,500cc
燃費性能14.6km/L~29.0km/L24.3km/L~27.1km/L12.4km/L~20.0km/L
JNCAP安全評価ASV+++ASV++ASV+++
最小回転半径5.0m~5.3m5.7m~5.9m5.3m~5.7m
実用性×
参考:トヨタ自動車公式サイト

※新車車両本体価格は、税込み価格です。
※燃費性能は、WLTCモードです。

当然の結果ですが、実用性ではカローラが群を抜いている結果になりました。

カローラのメリットは、「価格が安い」「超低燃費で燃料代が安い」「小排気量で税金が安い」「コンパクトで小回りが利く」などです。逆にデメリットは、ボディサイズが小さいため、後部座席の足元が狭いことや、後部座席の天井が低いことです。

カローラの乗車定員は5人ですが、MAX定員での移動は近場でも苦痛なほど狭く、カローラで遠出をする場合には大人5人乗車はおすすめできません。また、ホイールベースも最も短いため、道路の継ぎ目などを小刻みに拾ってしまうので、乗り心地の面でも良いとは言えません。

中型セダンのカムリは、アメリカでも人気が高い車種で、年々ボディの大型化が進んでいます。上記の数値を見て頂くと良く分かりますが、カムリとクラウンのボディサイズはほとんど変わらず、むしろカムリの方がボディサイズの大きなグレードがあります。

カムリのメリットは、中型セダンの割にボディサイズが大きいため、高級セダン並みの室内空間を持っています。デメリットとしては、大型セダン並みのボディサイズのため、小回りが利かず、運転が苦手な方には敬遠される傾向にあります。

最後に大型セダンについてですが、日本が世界に誇る高級セダンのクラウンを代表車種に選びました。セダンの車種が絞られる中で、トヨタもセルシオの生産終了となった現在では、トヨタの最上級セダンに君臨しているのがクラウンです。

クラウンのメリットは、やはり最上級セダンらしい高級感溢れるインテリアや、高速道路でもロードノイズが極限まで抑えられている静粛性、アクセルを踏み込んだときのスポーツカー並みの加速などです。

逆にデメリットは、「車両価格が高額」「ハイブリッドでも燃費が悪い」「維持費が高い」「小回りが利かない」などが挙げられます。

カローラは別として、カムリとクラウンとでは、車両価格や燃費性能だけを見比べても、同じボディサイズならば、高いお金を出してまでクラウンを買うメリットがあまりないように感じます。

ミニバンやSUVと違って、全高を気にすることなく立体駐車場に入ることができるセダンは、立体駐車場が多い都市部では購入するメリットになります。

実用性なら小型セダン、ゆったりと長距離ドライブを楽しむなら中型セダン、ステータス重視なら大型セダンの購入をおすすめします。

セダンを中古で購入する際の選び方や注意点について

セダンは、ミニバンやSUVと異なり、乗車定員5人までと決まっています。居住空間がミニバンやSUVと比べて狭いことから、最近では全く人気がない車種になっています。

逆に言えば、不人気車は中古車相場が低いので、中古でセダンを買う場合は、高年式車でも安く買うことができるので、デメリットばかりではありません。

セダンを中古で購入する際の選び方や注意点を紹介します。

セダンを中古で購入する際の選び方

セダンを中古で購入する際の選び方で重要なのは、以下のことが挙げられます。

  • 「小型セダン」「中型セダン」「大型セダン」から車種を選ぶ。
  • 走行距離は「10,000km/年」を目安に選ぶ。
  • リセールバリューの高い人気車種を選ぶ。

セダンには、最初に紹介した通り「小型セダン」「中型セダン」「大型セダン」の大きく3つに分けることができます。

セダンを中古で購入する際には、どの大きさのセダンを買うのかを初めに決めなければ、車種を選ぶことができません。

買い物や日常使いがメインの方は、燃費性能や小回りの利く小型セダン、予算に少し余裕がある方は、居住性に優れている中型セダン、予算など全く気にしない方は贅沢装備が充実している大型セダンなど、予算や使う用途によってセダンのタイプを選んで下さい。

走行距離については、新車から3年が経過した中古の場合は「30,000km以内」、5年が経過した中古なら「50,000km以内」が、中古セダンの目安の走行距離になります。

セダンは、ミニバンやSUVに比べて全体的に人気がない車種が多いため、中古で買う場合には、できるだけ人気の高い車種を購入するようにして下さい。

価格が安いからと言って不人気車種や不人気色に手を出してしまうと、次に車を買い替えるときには、査定額が極端に低くなってしまい、最悪の場合は下取り額が数万円になってしまうことがあります。

セダンは、不人気車種のため、良質な中古車を安く買えるメリットを存分に生かして下さい。

セダンを中古で購入する際の注意点

セダンを中古で購入する際の注意点は、以下のことが挙げられます。

  • 使用する用途を考えて購入すること。
  • 修復歴車は避けること。
  • 現行型と同じデザインを狙うこと。

セダンは室内とトランクが別々になっているため、大きな荷物を載せることができません。

例えば、ゴルフバッグがトランクに積めるかどうかや、趣味の道具が積めるかどうかなど、トランク容量に注意しなければいけません。

乗り潰す覚悟でセダンの中古を買う場合には、軽度な修復歴車でも問題ないのですが、元々リセールバリューが低い中古セダンの修復歴車を買ってしまうと、将来売るときに下取り査定がゼロになることがあります。

セダンの修復歴車を中古で買う場合には、細心の注意が必要です。

中古セダンの魅力は、新車価格の高い車種や高年式の中古車を割安で買えることですが、高年式の中古であっても、古いデザイン(フルモデルチェンジ前)に手を出してはいけません。

古さを感じるだけではなく、安全装備などが劣っている車もあるので、高年式のセダンを中古で買うときにはモデルチェンジ情報に十分注意して下さい。

年代別におすすめのセダンを紹介!

人気が低迷しているセダンですが、SUVやミニバンと比べてリセールバリューが低く、中古車市場ではコスパに優れた良質な中古車が多く出回っています。

「セダンはおじさん臭い」などのイメージがあるのも事実ですが、それぞれの年代にあったおすすめのセダンを紹介します。

20代におすすめのセダン

バブル全盛期には、免許を取ったばかりの10代~20代の若者を中心に、猫も杓子も中古のセダンを買っていたのを覚えています。

あの当時は、クラウンやセドリックのような高級セダンが爆発的に売れる「ハイソカーブーム」が到来していたので、中古セダンは若者から絶大な人気を誇っていました。

いつからか、気が付けばセダンの人気がなくなり、現在では車にすら興味がない若者が増えています。これから車の購入を考えている20代の方には、少ない予算で買える中古のセダンをおすすめします。

リセールバリューが低いセダンは、良質な中古車と出会える確率が高いので、20代の方には特におすすめです。

トヨタ マークX

「新世代のスポーツセダン」と呼ばれたスタイリッシュなデザインが印象的で、2019年12月23日に生産が終了したモデルのため、中古車市場でも良質な中古車を比較的安く購入することができます。

トヨタ カムリ

「キーンルック」と呼ばれる攻撃的なフロントマスクが特徴のスポーツセダンで、アメリカを中心に世界中で人気が高まっているセダンです。

レガシィB4

日本のみならず世界中に愛好家がいる水平対向エンジンを搭載しているスポーツセダンで、「スバリスト」と呼ばれるコアなファンから高い支持を受けている人気セダンです。

ひろし

「とにかく値段重視!」という方は、これらの車種が特に狙い目!

30代におすすめのセダン

30代の方は、比較的収入が安定してくる年代で、独身の方はステータス性の強い車を購入する傾向にあります。

また、結婚されている方は、奥さんと自分とで車を2台所有している家庭も珍しくありません。奥さんは子供を乗せるための軽ハイトワゴンやコンパクトカー、自分は通勤用に好きな車を購入する方もいるかもしれません。

30代になると愛車の選び方にも変化が起こる年齢で、世間体を気にして選んだり、大人の雰囲気を漂わせる車を選んだり、落ち着いた車を選ぶ方も増えてきます。

30代の方には男女を問わず、これまで手の届かなかった輸入車セダンの中古をおすすめします。

BMW 5シリーズセダン

BMWの中でも最も人気が高いグレードで、新車では1,000万円前後する高級車ですが、中古市場では値崩れが大きなセダンのため、新車価格からは想像できないほど安い価格で中古なら購入することができます。

アウディ A4

2008年から日本でも販売されているアウディセダンで、都会派セダンとしてアウディの中でも最も人気が高く、30代の女性にも乗って欲しいお洒落な輸入車セダンです。

メルセデスベンツ Cクラスセダン

高級車のイメージが強いメルセデスベンツですが、Cクラスセダンは中古車市場でも国産車並みの価格で購入できます。憧れのベンツを購入するなら、まずはCクラスセダンの中古をおすすめします。

ひろし

手が届かないと思っていた外車ですが、意外と中古市場では手の届きやすい車両が沢山ありますよ!

50代におすすめのセダン

50代になると車にお金は掛けず、燃費性能を重視した車を選ぶ方と、金額に関係なく欲しい車を購入する方に分かれます。

ゴルフなどが趣味の人には、ゴルフバッグが積めて長距離ドライブでも疲れない高級セダンがおすすめですし、50代の女性には運転がしやすい低燃費のセダンが人気です。

50代におすすめの中古セダンを紹介します。

 レクサス GS

高級ブランド・レクサスのグランドモデルと呼ばれる高級セダンで、以前トヨタで販売されていたアリストと同じ位置付けです。高い走行性能に加えて、落ち着いたシックなインテリアは50代に相応しい高級セダンです。

メルセデスベンツ Eクラスセダン

メルセデスベンツの看板車種となっている高級セダンで、日本でも非常に人気が高いモデルです。50代の大人が乗る輸入車としてはステータス的にもおすすめの高級セダンです。

トヨタ プリウス

リッター30km/Lを超える低燃費で、年齢や性別に関係なく、国産セダンの頂点に立つ名車です。50代になると子供も手が離れ、夫婦でロングドライブを楽しむ家庭が増えています。長距離ドライブや日常使いには、燃費性能に優れているプリウスの中古がおすすめです。

ひろし

50代の方の車選びは、自身のライフスタイルにあわせるのが重要!

セダンを中古で買うおすすめの方法

セダンを中古で買う場合、ほとんどの方が大手中古車検索サイトを利用して探すのではないでしょうか?

しかし、大手中古車検索サイトを使って探す方法は、膨大な量の検索結果が検出されるので、どれが良質な中古車なのか?素人には判別することはできません。

そこでおすすめしたいのが、プロが無料で希望の車を探してくれる「ズバット車販売」です。ズバット車販売について、簡単に説明させて頂きます。

ズバット車販売とは?

ズバット車販売は、車買取大手「ガリバー」と提携している車販売サービスで、全国約480店舗のガリバーグループ店で買い取った新鮮な中古車を「優先的に商談できる」車販売サイトです。

ズバット車販売には、以下のようなサービスがあります。

  • プロが希望の車を探してくれる。
  • 20,000台以上の在庫車から探せる。
  • 毎日500台以上の入荷車から探せる。
  • 市場に出回る前の「非公開車」が買える。
  • ズバット車販売登録完了後は、連絡が来るのを待つだけ。
  • 購入後は、ガリバーのアフターフォローが受けられる。
  • 修復歴チェック済車で安心。

ズバット車販売の最大の特徴は、まだ公開されていない鮮度の良いユーザー買取車を優先的に購入することができることです。

しかも、無料でプロが探してくれるため、騙されることがなく、初心者でも安心して中古車を購入することができます。

ひろし

実際に私もズバット車販売を使ってみましたが、担当者の対応が非常に良くて安心してサービスを利用することができました。もう少しズバット車販売について知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

まとめ

使い勝手の良いSUVやミニバンの人気が高まる中、使用する用途によってはコスパに優れたセダンは、良質な中古車を求めている方にとっては、絶好の狙い目の車種です。

高さ制限のある駐車場でも問題なく駐車することができますし、重心が低く走行安定性に優れているセダンは、長距離ドライブでも快適に運転を楽しむことができます。

中古車の購入を考えている方は、今回の記事を参考にして頂き、セダンも選択肢の一つに入れて下さい。購入の際には、安心して車探しを任せることができる「ズバット車販売」の利用をおすすめします。

【編集部おすすめ】

ネット上の口コミ・評判の良い中古車ディーラーを都道府県別に紹介!

「中古車選びに失敗したくない…。」
「愛車をできるだけ高く売りたい…。」

そのようなお悩みを持つ方は、こちらを詳しくみてみるのがおすすめ!