古くなったタイヤを無料で処分するには?廃タイヤを処分する方法を徹底解説!

違うサイズのタイヤやスタッドレスタイヤを購入したときに、今まで使用していたタイヤが不要になることがあります。

不要になったタイヤを放置するのは衛生的に良くないですし、保管する場所も確保する必要があります。

また、タイヤは廃棄処分が困難な素材「適正処理困難物」に指定されているので、一部の自治体を除いては、一般廃棄物としても回収することができません。

今回は、古くなった廃タイヤの処分方法や処分料などについて、詳しく紹介していきます。

目次

廃タイヤを処分する方法

廃タイヤを処分するには、以下の方法が考えられます。

  • 不用品回収業者で処分する
  • ガソリンスタンドで処分する
  • ディーラーなど自動車販売店で処分する
  • 自動車整備工場などで処分する
  • タイヤ販売店やカー用品店で処分する
  • 産業廃棄物処分場に直接持ち込む

上記の処分方法について、詳しく説明していきます。

不用品回収業者で処分する

廃品回収業者や不用品回収業者でも、廃タイヤの処分を依頼することができます。

ただし、家財や家電の処分をメインに取り扱っている「一般廃棄物の収集運搬許可業者」のため、タイヤの処分は専門外と言っても過言ではありません。

不用品回収業者は、宅配または移動回収が多いので、廃タイヤを店舗に持ち込む必要はありません。

ただし、集荷に関わる費用を高額に請求する悪徳業者も存在しているので、不用品回収業者で廃タイヤを処分する際には、処分料を事前に確認してから利用するようにして下さい。

ガソリンスタンドで処分する

車を利用している方にとって、ガソリンスタンドは必要不可欠な存在です。そんな利便性が良いガソリンスタンドでも、廃タイヤを処分することができます。

最近のガソリンスタンドでは、大手カー用品店並みのサービスを提供している店舗が多く、技術力の高いスタッフも常駐している場合があります。

ただし、同じ系列店でも店舗によって廃タイヤの処分料が違うことがあるので、利用する前に確認するようにして下さい。

ディーラーなど自動車販売店で処分する

新車ディーラーや中古車販売店など、自動車販売店でも廃タイヤの処分はできます。

基本的には、タイヤ交換時に出る廃タイヤに限りますが、持ち込みでも処分してくれる販売店もあります。

ただし、持ち込みの場合は処分料が割高になることがあるので、事前に確認するようにして下さい。

顔見知りの自動車販売店がある場合には、処分費が無料になることもあるので、相談してみるのも良い方法です。

自動車整備工場などで処分する

一般ユーザーが、自動車整備工場と直接関わることは稀ですが、付き合いなどで愛車の管理を自動車整備工場に任せている方も結構いらっしゃいます。

自動車整備工場で、「TOYOタイヤ」や「YOKOHAMAタイヤ」など、タイヤメーカーの看板を掲げてあるのを良く見かけます。

自動車整備工場では、それぞれ取引を行っている専属のタイヤメーカーがあるので、廃タイヤの処分をすることは可能です。

看板に掲げているタイヤメーカーと同じタイヤを処分する場合には、安価な処分料で引き取ってくれるかもしれません。

タイヤ販売店やカー用品店で処分する

オイル交換やカー用品を購入するため、大型カー用品店やタイヤ販売店を利用する方も多いのではないでしょうか?

廃タイヤの処分料も比較的安く、系列店であれば料金も一律で設定されている店舗も多く、老若男女問わず気軽に廃タイヤの処分を依頼することができます。

また、自分で店舗に廃タイヤを持ち込みしなくても、WEBからタイヤ処分の依頼ができるので、忙しい方には魅力的な廃タイヤ処分方法です。

ただし、イエローハットではタイヤ交換時の廃タイヤの処分は可能ですが、廃タイヤだけの持ち込みは原則不可になっています。

タイヤ販売店やカー用品店に廃タイヤを持ち込む場合には、処分可能の有無を事前に確認するようにして下さい。

産業廃棄物処分場に直接持ち込む

廃タイヤは、一般廃棄物の中でも適正な処理が困難な「適正処理困難物」のため、産業廃棄物として処理しなければいけません。

そのため、産業廃棄物収集運搬の許可を得た業者でなければ、廃タイヤを直接処分することができません。

産業廃棄物処分場に廃タイヤの回収を依頼すると、引き取り手数料が掛かるので、処分費用を抑えたい方は、直接産業廃棄物処分場に持ち込むことをおすすめします。

廃タイヤを処分する際の費用

これまでは、廃タイヤを処分する方法について紹介してきましたが、処分するには処分費が掛かります。ここでは、廃タイヤを処分する費用について紹介していきます。

不用品回収業者の処分費用

不用品回収業者で廃タイヤを処分する場合には、1,000円/本~2,000円/本くらいの処分費用が掛かります。

ただし、引き取り手数料などを別途請求する業者も多いため、各業者によって料金設定がバラバラです。

不用品回収業社のアールファイブでは、1本当たり1,000円で訪問回収してくれますが、高額な処分費用を徴収してくる業者もあるので、必ず料金の問い合わせを事前に行って下さい。

ガソリンスタンドの処分費用

ガソリンスタンドは、コンビニエンスストア並みに店舗があるので、廃タイヤを処分するには最適かもしれません。

仕事帰りや給油のついでに廃タイヤを処分することも可能で、処分費用も1本当たり300円~400円程度ですから、初めての方でも利用しやすい処分方法です。

尚、コスモ石油では持ち込みであれば、330円/本で廃タイヤの処分をしてくれますが、訪問回収については各店舗にお問い合わせ下さい。

ディーラーなど自動車販売店の処分費用

車を購入したディーラーや中古車販売店でも、1本当たり500円程度で廃タイヤの処分をしてくれます。

ただし、廃タイヤの処分だけでは嫌がられる場合があるので、定期点検やタイヤ交換時に依頼することをおすすめします。

トヨタでは、サイズによって処分料が異なりますが、廃タイヤの持ち込みに限り275円/本~550円/本で処分してくれます。

定期的に利用しているディーラーや中古車販売店であれば、廃タイヤのみでも快く処分してくれるかもしれません。

自動車整備工場などの処分料

自動車整備工場では、廃タイヤを処分するだけでは断られるケースも珍しくありません。

愛車の整備や車検時であれば、廃タイヤの処分を受けてくれるかもしれないので、事前に相談することをおすすめします。

廃タイヤの処分料に関しては、一般的には自動車販売店と変わらず1本当たり250円~500程度が相場です。

自動車整備工場の岡野自動車では、「16inまでなら550円/本」「17in以上は825円~/本」「4WDタイヤは1,100円/本」で、廃タイヤの処分をしてくれます。

自動車整備工場と付き合いのある方は、廃タイヤを無料で処分してくれる場合もあるので、一度相談してみては如何でしょうか。

タイヤ販売店やカー用品店の処分費用

タイヤ販売店やカー用品店では、タイヤ販売の比重が高いため、快く廃タイヤの処分を受けてくれます。

そのため、廃タイヤ処分料も比較的安価で、持ち込みであれば1本当たり300円程度で処分してくれます。

タイヤショップ早野では、「軽自動車や普通車のタイヤは300円/本」「4WD用タイヤは500円/本」で廃タイヤの処分を受けてくれます。

尚、大手カー用品店のイエローハットでは、1本当たり275円程度で廃タイヤの処分をしてくれますが、タイヤ交換をすることが条件の店舗がほとんどです。

また、タイヤ館では廃タイヤの処分を受け付けていますが、廃タイヤの持ち込みだけの場合は、通常の処分料よりも割高で料金設定されています。

ある一定の基準を満たしているタイヤであれば、買取をしてくれるかもしれないので、タイヤの持ち込み査定をしてから処分することをおすすめします。

産業廃棄物処分場の処分費用

廃タイヤを産業廃棄物処分場に、直接持ち込んで処分することも可能です。ただし、産業廃棄物処分場は、各地域にあるとは限らないため、利便性が良いとは言えません。

また、少ない本数では受付不可の産業廃棄物処分場もあるので、事前に問い合わせをしてから持ち込んで下さい。

産業廃棄物処分場のNKリサイクルでは、「軽自動車や普通車のタイヤは330円/本」「4WD用タイヤは440円/本」「トラック用タイヤは660円/本~990円/本」「大型タイヤは1,760円/本」で、廃タイヤの処分をしてくれます。

産業廃棄物処分場が近所にある方は、処分料も安くおすすめです。

まだ使えるレベルのタイヤの状態の見極め方

まだ使えるレベルのタイヤは、以下のような状態のタイヤを指します。

  • タイヤの残り溝が1.6mm以上残っている
  • ひび割れや亀裂が入っていない
  • タイヤの側面に傷や欠けがない
  • 購入してから5年以内である

道路交通法では、溝が1.6mm以上あるタイヤでなければ車検に通りませんし、公道での使用ができません。

残り溝を判断する目安として、全てのタイヤに「スリップサイン」と呼ばれる凸が、タイヤの溝に数か所刻まれています。

スリップサインの位置は、タイヤの側面に△マークで示されているので、素人でも確認することができます。

タイヤのトレッド面がスリップサインまで減っているタイヤは、車検に通らないレベルのため、買い替える必要があります。

表面のトレッド面が欠けているタイヤや、ひび割れが多いタイヤは安全に使用することができないため、使えるレベルのタイヤではありません。

また、トレッド面は新品同様でも、タイヤ側面に大きな欠けや亀裂が入っているタイヤは、バーストする恐れがあるので、交換する必要があります。

タイヤ全体が綺麗な状態であっても、購入してから5年以上経過したタイヤは、経年劣化でゴム質が硬化していることが多く、本来の性能を発揮することができません。

そのため、製造年週から5年以上経過したタイヤは、できるだけ新しいタイヤに交換することをおすすめします。

まだ使えるレベルのタイヤを買取に出す方法

まだ使えるタイヤは、廃タイヤで処分するのではなく、買取に出すことができます。ここでは、買取に出す方法にについて説明していきます。

個人売買で売る

ネットオークションやフリマサイトなどで、個人でも気軽にタイヤを売買することができます。

ただし、ネット販売を利用するには、出品から成約後の発送手続きまでの全ての作業を自分自身で行う必要があります。

また、出品中でも質問に対して答える必要があるため、手間と時間が掛かるので、初めてネット販売を利用する方にとっては、ハードルの高い方法かもしれません。

処分することを急いでない方や、高値を望んでいない方に向いている方法です。

中古部品販売業者へ買取に出す

車の中古パーツなどを販売している業者へ、買取に出す方法があります。

例えば、タイヤ買取ナンバーワンやアップガレージなどが該当しますが、大手カー用品店のOEMタイヤや無メーカーのタイヤは、中古でも販売しずらいため、買取を断られることがあります。

ただし、中古タイヤの販売力があるので、廃タイヤとして処分する前に一度、買取査定に出すことをおすすめします。

中古車販売店へ買取に出す

新車ディーラーでは、中古タイヤの買取は行っていませんが、中古車販売店ではタイヤの買取を行っている業者もあります。

中古車販売店では、仕入れた中古車のタイヤが使えないこともありますし、中古タイヤでインチアップを望む顧客や、在庫車をカスタマイズする場合などに中古タイヤを使用することがあります。

そのため、使えるレベルのタイヤであれば、基本的には買取を行ってくれます。タイヤの程度やサイズによって買取査定額に大きな差があるので、中古車販売店へ買取に出す場合には、事前に相談するようにして下さい。

不用品回収業者へ買取に出す

不用品回収業者でもタイヤの買取をしてくれますが、基本的には処分することがメインの業者ですから、高額査定を望むことはできません。

ただ、不用品回収業者は自宅まで引き取りにきてくれるので、高い買取査定額を望まない方にはおすすめの方法です。

他にも、リサイクルタイヤ業者へ買取に出す方法もありますが、不用品回収業者と同等の買取価格と考えて下さい。

まだ使えるレベルのタイヤを買取に出す際の注意点

まだ使えるレベルのタイヤを買取に出す際の注意点について説明していきます。

タイヤの種類によって時期がある

タイヤには、大きく分けて一般的なタイヤ「夏用タイヤ」と、冬季に使用する「スタッドレスタイヤ」があります。

夏用タイヤはオールシーズン使うことが可能ですが、スタッドレスタイヤは冬季限定のため、シーズンに入る前の「10月~11月」が絶好の売り時です。

逆にシーズンが終わった4月以降はスタッドレスタイヤの需要がなくなるため、買取相場も下落してしまいます。

スタッドレスタイヤを買取に出す際には、時期に注意することをお忘れなく。

中古タイヤは本数が重要!

中古タイヤを販売する業者にとって、最も売りやすいのは1台分(4本セット)のタイヤです。

そのため、単品よりもセットの方が高額査定になりやすいため、まだ使えるレベルのタイヤを買取に出す際には、タイヤの本数に注意して下さい。

新品未使用タイヤはラベルシールが重要!

新品のタイヤには製造メーカーや商品名が記載された「ラベルシール」が、トレッド面に貼られています。

新品タイヤを購入した場合で、何らかの理由で使わなかったときには、ラベルシールは絶対に剥がさないようにして下さい。

ラベルシールの有る無しによっては、買取額が数千円違うこともあるので、使用する直前までラベルシールを剝がさないように注意して下さい。

中古タイヤは保管状況が重要!

タイヤはゴム製品のため、長い期間使用せずに放置した場合、ゴムが自然に劣化していきます。

タイヤの劣化を防ぐためには、保管前に汚れを綺麗に落として、直射日光や雨に濡れない「屋内保管」を心掛けて下さい。

屋外保管をする場合には、乾燥させたタイヤをビニール袋に入れるなどして、劣化が進まないように十分注意して下さい。

タイヤ買取なら「ナンバーワン」がおすすめ!

タイヤの買取を行っている業者は数多く存在していますが、当サイトでは「タイヤ買取ナンバーワン」をおすすめします。

項目会社概要
運営会社株式会社カイショー
設立2011年6月1日
本社福岡県福岡市東区下原4-18-33
古物商許可福岡県公安委員会許可 第901111210010号
会社HPhttps://www.kaisyo.co.jp/

タイヤ買取ナンバーワンをおすすめする理由については、以下のような点が挙げられます。

  • 累計タイヤ買取査定実績が22万件突破!
  • 送料無料で全国買取査定が依頼できる!
  • WEB査定後であっても現物到着後の査定額に変更がない!
  • 希望価格買取を実施しているので、希望に沿った買取額で売れる!
  • 万全のセキュリティ対策を施しているため、個人情報漏洩の心配がない!
  • 査定方法も「電話査定」「WEB査定」「店頭査定」から自由に選べる!

上記の他にも、タイヤの本数が多い場合には、専属のスタッフが指定された場所まで出張して買取査定を行うサービスも実施しています。

また、梱包発送が面倒な方には、まだ使えるレベルのタイヤを店舗に持ち込むことで、「わざわざ持ってきてくれて、有難う!」の感謝を込めて、査定金額のアップもしてくれます。

タイヤ買取ナンバーワンでは、様々なサービスを実施しているので、まだ使えるレベルのタイヤを売りたい方には、おすすめのタイヤ買取業者です。

無料査定はこちら

まとめ

まだ使えるレベルのタイヤは、買取に出して現金化するのが最も良い方法ですが、廃タイヤを処分するには多少の出費が必要です。

一部の地域を除いては、自治体での廃タイヤの回収ができないため、回収してくれる業者を自分で探す必要があります。

イエローハットやタイヤ館では、店舗によって廃タイヤの処分ができなかったり、割高の処分料を課せられる場合があるので、今回の記事で紹介した「タイヤ買取ナンバーワン」の利用をおすすめします。

自宅に廃タイヤを放置している方は、早めにタイヤ買取ナンバーワンで処分するようにして下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる