事故車は売れる?おすすめの買取先と高く売却する方法を詳しく解説!

当サイトは一部広告収益で運営しております。

事故を起こした愛車の売却を検討していると「そもそも買取の対象になるの?」「中古車としての価値がないのでは?」などと不安に感じることもあるでしょう。

結論からお伝えすると、事故車でも買取をしてもらうことは可能です。

いくら損傷がひどい事故車でも修理すれば再販できるレベルのものもあり、また車にはパーツや鉄資源としての価値があるため、高額買取が期待できる可能性も。

この記事では、事故車を売ろうとしている方に向けて、おすすめの買取先だけでなく、事故車を少しでも高く売却するために知っておきたいコツを詳しく解説します。

ひろし

愛車に損傷があるから、売れないと諦めるのは勿体ないです。半ば諦めている方はぜひ最後までご覧ください!

目次

そもそも事故車とは?

事故車という言葉から、事故を起こした車とイメージするかもしれません。しかし、事故車には明確な定義があり、その基準をしっかりと理解しましょう。

事故車の定義について

車の売買において事故車とは修復歴のある車のことです。

単に交通事故を起こした車を指すのではなく、車の骨格部分にあたるフレーム部分を損傷し、損傷部を交換または修理した経歴のある車が事故車と定義されます。

事故車の場合は「事故車」あるいは「修復車」と表示することが義務付けられています。

事故車(修復歴が残る)になる場合

事故車(修復歴が残る)扱いになる骨格部分は以下のとおりです。

  1. フロントインサイドパネル
  2. ルームフロアパネル
  3. ルーフパネル
  4. トランクフロアパネル
  5. ラジエータコアサポート
  6. フレーム
  7. ピラー
  8. ダッシュパネル

これら9箇所のうち1箇所でも修理歴があれば、事故車扱いとなります。また、修理歴がなくても損傷が確認されれば事故車とみなされるため注意が必要です。

事故車(修復歴が残らない)にならない場合

以下の部分は過去に損傷、修復した経歴がある場合でも事故車扱いになりません。

  1. フロントバンパー
  2. ロアスカート
  3. フロントフェンダー
  4. ボンネット
  5. リアフェンダー
  6. トランクリッド
  7. リアバンパー
  8. サイドシルパネル
  9. ドア

また、上記以外でもフェンダーやバンパー、ドアなどが損傷し、それを修理したとしても、これらの箇所は骨格部分ではないため事故車とはみなされません。

さらに、損傷した理由が明確な場合は、事故車扱いにならない可能性があります。

事故車扱いにならない可能性のあるケース
  • 横からぶつけられたためドアのみを交換
  • 後ろから衝突されたためバンパーのみを交換
  • 正面衝突したためライトやバンパーのみを交換
  • 飛び石が原因でフロントガラスを交換
  • 屋根から落ちてきた雪の塊で表面が損傷する

ただし、損傷の具合によって事故車とみなされることもあるため要注意です。

事故車でも買取は可能!その理由は?

悪いイメージが付きやすい事故車ですが、買取は可能です。一般的に売却するよりも査定額は下がってしまう可能性はあるものの、実際に事故車を売却したユーザーのなかには高価買取を実現したケースも。

ひろし

このように事故車でも買取可能となる3つの理由を解説します。

修理すれば売れるから

事故車でも高価買取できる理由は、「修理すれば再販可能な程度の損傷」だからです。

先述のとおり、事故車は過去に交通事故を起こした車を指すのではなく、骨格部分であるフレームを損傷し、交換または修理した経歴のある車のことです。

また、足回りやフレーム部分が無事であれば、板金をはじめとする修理技術はかなりの高レベルであるため、素人目には事故車と判別できないこともあります。

自社工場で安く修理可能な損傷であれば、積極的に買取してもらえるでしょう。

部品に価値があるから

損傷がひどい事故車の場合は買取額が付かないことも少なくありません。

しかし、車には外装部品や内装部品など数多くの部品が使われており、走行する機能が損なわれていたとしても、他の部品やパーツが使えれば効果買取が期待できます。

デンソーやアイシン精機、トヨタ紡績などのパーツは比較的人気ですが、それ以外のパーツや部品の供給が終了しているものも、業者からの需要は高いでしょう。

外装がボロボロでも内装がキレイな状態なら、そのことが高評価につながります。

鉄に価値が残っているから

事故や故障により動かなくなった車は、中古車としての再販が難しい価値がない車と判断されると、解体してスクラップになることがほとんどです。

このような車にも、ボディやパーツに使われる鉄に価値が残っており、再販が難しいスクラップになるような車でも数万円で買取可能となるケースも。鉄は資源として再利用可能なので、車がボロボロの状態でも問題ありません。

事故車は査定額に影響する?

事故車でも高価買取が期待できますが、一般的な中古車より評価は下がってしまいます。そこで実際にどれくらい査定額に影響するのか、事故車の買取相場について解説します。

すでに修復済みの車の場合

すでに修復済みの事故車の場合、査定額は5~10万円ダウンが相場です。

もちろん、修理の度合いによっては10万円以上の査定額ダウンも考えられますが、修理から数か月以上が経過した状態なら、走行にも問題ないと判断されるでしょう。

また、修復歴が多い車は「安全性に影響がある」という理由から日本国内では敬遠されがちなため、海外など販路の多い買取店で査定を受けることをおすすめします。

査定を受ける前に、その買取店の強みなども確認してみてください。

ひろし

ちなみに私はボロボロで色んな業者で買取価格がつかなかった愛車を約8万円で売ることに成功しました。そのときの体験を記事にしているので、良ければ参考にしてみてください!

修復していない車の場合

車の損傷部分をどこも修復していない場合、査定額は10万円以上ダウンします。

買取業者が自社工場などで修理すれば再販可能となるケースもありますが、基本的に修理費用込みを考えて査定額を算出するため、高額査定は期待しないほうが良いでしょう。

また、修理や交換に必要な費用のほうが、買取額の上がり幅よりも大きくなってしまうこともあるため、板金修理やタイヤの交換などは買取店に任せてください。

業者に修理を依頼する場合は、慎重に判断することが大切です。

キズやヘコミがある車の場合

ほとんど目立たない程度のキズやヘコミであれば、1~3万円の査定額ダウンです。

車を日常的に運転していれば、どれだけ大切に扱っていたとしても小さなキズやヘコミなどはついてしまうため、許容範囲として査定額に大きく影響することはありません。

ただし、これらの汚れは少ないほど査定額アップが期待できるため、市販の研磨剤でキレイにできる程度であれば、自分で修復しておくことをおすすめします。

少しの費用と手間だけで、査定額アップにつながることもあるでしょう。

修復歴を隠して買取に出すとバレる?

事故車であることを黙って査定を受けることは可能です。最近の修復技術は向上しており、プロの査定員でも見逃してしまうケースもあります。

ただし、事故車であることを隠して買取に出した場合、そのことがバレたら「瑕疵責任」を問われることになるため、修復歴は隠さずに伝えることが重要です。

事故歴が発覚すれば、減額や売買契約の無効だけでなく、トラブルに発展する恐れも。

また、中古車で購入したケースでは前オーナーが修復歴を隠していることもあるため、査定を受ける前に「修復歴があるのかわからないのだけど」と伝えておきましょう。

事故車を高く売却する方法は?

事故車を買取に出すと、予想以上に低い査定額になることも少なくありません。ここでは、事故車を少しでも高く売却するために知っておきたいコツを解説します。

まずは複数業者に査定してもらう

どの買取業者に査定依頼するかで、買取価格に差が出ることがあります。

買取業者にとって事故車は「安く買取するための理由付け」として好都合であるため、修復歴があることを理由に過剰な減額を迫られるケースも十分に考えられます。

そのため、必ず複数の買取業者に査定依頼をして比較することが大切です。

一つひとつの買取業者とやり取りすることが煩わしいと感じている方には、複数の業者に同時に査定依頼ができる「車一括査定」の利用をおすすめします。

車一括査定ならユーカーパックがおすすめ!

車一括査定と聞くと「電話がしつこい」とイメージする人もいるでしょう。

筆者も何度か利用したことがありますが、想像以上の電話ラッシュにスマホの電源を切りたくなるほどで、恐怖に感じたことをいまでも覚えています。

この車一括査定のデメリットを払拭するのが「ユーカーパック」です。

Pick up Service

ユーカーパックは他の一括査定サイトとは違い、電話1本のみのオークション形式で買取価格を比較できるため、電話の恐怖に怯えずに済みます。

ユーカーパックを実際に利用したユーザーの評判を確認すると、その利便性の高さに驚く声だけでなく、高額買取につながったなど喜びの声も多く見られました。

詳しくはユーカーパックの無料査定のページをご覧ください。

車一括査定が不可なら廃車専門業者を使う

ユーカーパックでも買取不可の場合は、廃車専門業者に依頼しましょう。

車の骨格部分であるフレームが大きく損傷して自走できない事故車でも、廃車専門業者ならパーツや鉄資源として買取をしてもらえる可能性があります。

また、パーツや鉄資源としての価値がなく買取が不可になるケースでは廃車をする必要がありますが、ディーラーや販売店で廃車を依頼すると費用がかかります。

廃車専門業者ならすべての費用が0円になるためおすすめです。

ひろし

事故車で買取不可になりそうな場合は関連記事で紹介している廃車買取専門業者を利用することをおすすめします!

事故車の買取のよくあるQ&A

事故車を買取に出すとことは滅多に経験するものではありません。そこで最後に、事故車の売却にまつわる疑問について詳しく解説します。

査定前にキズは修復すべき?

車を売却する際は外装・内装ともにキレイな状態にしておいたほうが査定員の印象も良くなり、査定額アップが多少期待できるかもしれません。

しかし、キズやヘコミに関しては修理に出すことで、買取額の上り幅より修理額が大きくなってしまうこともあるため、かえって損をする可能性も出てきます。

そのため、自分で直せる範囲でない場合はそのまま査定に出すことをおすすめします。

ローン中の事故車でも買取してもらえる?

結論からお伝えすると、ローンが残っている事故車でも買取は可能です。

ただし、車の「所有権」に注意する必要があり、ローンが残っている事故車を売却するためには、まず車の名義を自分のものにする手続きをしなければなりません。

また、ローン中の車の名義はディーラーやクレジット会社になっていることが多く、この名義を変更するためには、ローンを完済することが条件となっています。

ローンの残債がある場合は、返済できる程度なのかを確認しておきましょう。

まとめ

修復歴がある事故車でも高額買取の可能性は残されていますが、損傷の度合いや年式などに買取額は大きく左右されるため、まずは査定依頼に出しましょう。

ただし、事故車は買取業者にとって「安く買取するための理由付け」として好都合であるため、必ず複数の買取業者に査定依頼をして比較することが大切です。

車一括査定を利用する場合は、電話1本で完結できるユーカーパックがおすすめ!

また、ユーカーパックを利用しても買取不可と判断された場合は、廃車専門業者に連絡をしてパーツや鉄資源としての価値がないか確認してもらってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次