【最新版】カーリースおすすめ12選を徹底紹介!

車を買いたいけど「貯金もそこまで余裕がないのに車を購入するときに頭金が必要…」「車検や税金など維持費がめちゃくちゃかかる…」「月々のローンの支払いが大変そう…」

このような悩みがある方は多いのではないでしょうか?

最近、カーリースという新しい車の購入方法が広がってきており、カーリースで車を購入すると頭金・初期費用0円で月々1万円台~で新車に乗ることができてしまいます。

さらに月々1万円台~の料金のなかには車検や税金なども含まれているので、車にかかる出費を管理しやすいとのことで人気です。

そこで今回はおすすめのカーリースをランキング形式で紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。

目次

【12選】おすすめのカーリースについて

それでは、さっそくおすすめのカーリースを紹介していきたいと思います。まずは厳選したカーリースサービスの料金を比較していきます。

おすすめカーリース12選の料金比較

スクロールできます
サービス名軽自動車/ホンダ・N-BOX小型乗用車/トヨタ・ヤリスクロス普通乗用車/トヨタ・アルファード
1ニコノリカーリース7,700~11,000~19,800~
2MOTA8,910~12,870~23,210~
3リースナブル6,600~19,800~19,800~
4カーコンカーリース11,550~16,170~25,850~
5定額カルモくん17,500~25,460~46,430~
6SOMPOで乗ーる18,810~27,610~48,510~
7オリックスカーリース19,470~27,170~49,280~
8コスモマイカーリース22,660~32,890~53,900~
9エネオスカーリース31,900~45,100~65,450~
10KINTO40,370~
11コアラクラブ15,400~28,600~
12クルカ32,80043,800~

上記の表の金額は記事執筆時点の情報になります。そのため最新の情報については各カーリースサービスの公式サイトよりご確認ください。

おすすめカーリースのそれぞれのサービスの特徴について

前述でおすすめのカーリースサービスの料金を比較して紹介しました。

数が多すぎて、どのサービスを選べば良いのか分からないですよ。

そのような方に、前述で紹介をしたカーリースのなかで特におすすめのサービスをピックアップして特徴を紹介していきます。

ニコノリカーリース

項目内容
運営会社株式会社レンタス
設立2008年12月
本社神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-1 アーバス新横浜8F
公式サイトhttps://www.niconori.jp/
サービスの特徴について
  • 国産全車種OK!どこよりも車種・プランが選べる!
  • たった10分のスキマ時間で何度でも365日相談OK!
  • 全国9,000ヶ所以上の自動車整備工場と連携しているので乗り始めてからも充実のサポート体制!

MOTA

項目内容
運営会社株式会社MOTA
設立1999年6月
本社東京都港区赤坂8-5-41 イータン青山ビル3F
公式サイトhttps://autoc-one.jp/lease/
サービスの特徴について
  • 契約満了時にはそのまま車がもらえちゃう!
  • 走行距離は無制限なのでマイカー感覚で乗ることができる!
  • 契約満了時に車の破損や故障に対する修理費用の請求の心配がない!

リースナブル

項目内容
運営会社株式会社三和サービス
設立2001年8月
本社愛知県名古屋市西区上小田井1-43-2
公式サイトhttps://leasonable.com/
サービスの特徴について
  • 購入時の出費が安い!頭金・登録料0円!
  • 余分な支払いゼロでローンより安く!月額も安い!
  • リースナブルだけの車両割引があるのでお得な料金で利用ができる!
  • 全車種安心のメーカー保証5年付き!
  • 車検も全国対応&しかもすべて無料!
  • リース期間中でも乗り換えできる!いつでも解約OK!(※実費負担が発生する可能性あり)

カーコンカーリース

項目内容
運営会社カーコンビニ倶楽部株式会社
設立2007年2月
本社東京都港区港南2-11-19 大滝ビル
公式サイトhttps://morokomi.carcon.co.jp/
サービスの特徴について
  • 頭金0円・諸経費がコミコミなのでまとまった出費を抑えることができる!
  • 支払い額が毎月均一でコミコミなので月々の支払いを抑えることができる!
  • 乗り換え・返却OK!楽に車を維持することができる!

SOMPOで乗ーる

項目内容
運営会社株式会社DeNA SOMPO Carlife
設立2019年3月
本社東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア40F
公式サイトhttps://sompo-de-noru.jp/
サービスの特徴について
  • 頭金・初期費用0円で利用料は定額なのでライフプランを計画しやすい
  • 車両の支払い代金は契約期間分のみ!
  • 各種税金やメンテナンスが全てコミコミ!
  • リース契約に自動車保険を組み込むことができる!
  • 国産・輸入車どれでも自由に選ぶことができる!
  • 専任担当者が付くので、カーライフをサポートしてもらうことができる!
  • 個人間カーシェア『Anyca』と連携して副収入を得ることができる!

KINTO

項目内容
運営会社株式会社KINTO
設立2019年1月
本社愛知県名古屋市中村区名駅4-8-18 名古屋三井ビルディング北館14F
公式サイトhttps://kinto-jp.com/
サービスの特徴について
  • トヨタの新車に月額料金で乗ることができる!
  • カーリースには珍しい自動車保険も月額料金にコミコミ!
  • メンテナンスや車検、故障修理、消耗品交換も全てコミコミ!
  • ライフプランにあわせて次の車も新車で乗り換えOK!
  • 注目の『bZ4X』を乗るにはKINTOだけ!

カーリースを使うと車の維持費はどのように変わる?

カーリースを利用することで、新車を購入したときと比べて、どのくらいお得になるのでしょうか?ここではカーリースを使うと車の維持費がどのように変わるのかを紹介したいと思います。

カーリースをなしで新車を購入した場合の維持費

大前提として抑えておきたいのが、新車を購入した際に支払う維持費について説明します。

車の維持費について
  • 車の購入資金&ローンの支払い
  • 自動車税
  • 重量税
  • 自賠責保険
  • 車検費用
  • 任意保険
  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • その他(故障や消耗品の交換)

車を購入した際にこれだけの維持費がかかります。では実際に月々の維持費をシミュレーションしてみましょう。

料金シミュレーション

排気量別維持費/月
軽自動車47,597
小型乗用車53,177
普通乗用車56,433

※1:ガソリン代、消耗品の交換費用は除外しています
※2:任意保険は26歳以上距離無制限でソニー損保でシミュレーション
※3:200万円を5年ローンでJAバンクマイカーローンでシミュレーション

ひろし

なるべく安くシミュレーションしても5万円~6万円の維持費がかかってしまいます…。

カーリースで維持費はどのように変わる?

カーリースで新車を購入したときに維持費はどのように変わるのか気になりますよね。そこでカーリース利用時との維持費を比較してみます。また今回カーリース利用時の金額は金額の安い「ニコノリカーリース」を参考にしてみました。

スクロールできます
車両タイプカーリース利用時(ニコノリカーリース)カーリースなし
軽自動車7,700~47,597
小型乗用車11,000~53,177
普通乗用車19,800~56,433

※1:ガソリン代、消耗品の交換費用は除外しています
※2:任意保険は26歳以上距離無制限でソニー損保でシミュレーション(カーリースなし)
※3:200万円を5年ローンでJAバンクマイカーローンでシミュレーション(カーリースなし)
※4:ニコノリカーリースは任意保険料金が含まれていません

ニコノリカーリースは月額利用料に、車検やメンテナンス、税金が含まれています。しかし任意保険料は含まれていません。

任意保険を仮に加入したとしても、上記の表のカーリースを利用しないケースと比べて、維持費が安いことが伺えます。

毎月のまとまった出費を抑えることができるので、やはりカーリースはそういった面で、ライフプランを設計しやすいサービスであるのが魅力に感じる方も多いのではないでしょうか。

カーリースのメリットやデメリットについて

カーリースは毎月の出費を抑えることができ、さらに頭金不要で車を持つことができるので、誰でもライフプランを計画しやすいといったメリットがあります。しかし一方でデメリットもあります。

ここではカーリースのメリット・デメリットについて紹介をしていきます。

カーリースのデメリットについて

  • 契約途中の解約が原則不可
  • 車の所有名義はリース会社なのでカスタムができない
  • 走行距離に規約がある場合がある

カーリースのメリットについて

  • 頭金や初期費用が不要で最新モデルの車に乗れる
  • 月々の支払いが定額なので管理しやすい
  • カーリース契約終了後に車がもらえる
  • 乗り換え時に車の売却や廃車などの手続きがない

これらのメリット・デメリットを踏まえたうえで、カーリースの利用を検討してみると良いでしょう。また当サイトではカーリースの選び方をさらに詳しく紹介した記事もあるので、よければ参考にしてみてくださいね。

まとめ

この記事ではおすすめのカーリースをランキング形式で紹介しました。

カーリースの普及は年々増加しており、矢野経済研究所の調査によると2022年には個人向けカーリースの保有台数が93.6万台に到達するといわれています。(2018年3月時点では約25万台)

カーリースという車購入の新たな選択肢の背景には

  • 月々の支払いが定額なので管理が楽
  • 車の維持費を抑えたい
  • ローンの審査が不安な方でも利用しやすい
  • 初期費用でまとまったお金が不要

であることが挙げられます。カーリースを利用することで気軽に最新モデルの車に乗ることができるので、現在車の購入を考えている方はカーリースを検討してみると良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる