事故車購入で後悔しない!初心者でも分かる事故車・修復歴車の見分け方を紹介!

事故車とは知らずに中古車を購入してしまった経験はありますか?年々、板金修理の技術が向上しているため、ちょっとした事故修理なら、新車と変わらない仕上がりになります。

そのため、プロの査定士でも修復歴の見落としをしてしまうことがあるので、修復歴車とは知らずに売買が行われているケースも珍しくありません。

今回は、初心者でも事故車や修復歴車を見分けるポイントをいくつか紹介しますので、事故車を購入して後悔しないようにして下さい。

目次

事故車の定義とは?

事故車の定義とは、文字通り「事故」を起こしたことがある車のことを事故車と言います。

事故車と修復歴車の違いは、修理の有無に関わらず事故を起こした車全般のことを事故車と言いますが、修復歴車は事故を起こした車を走れる状態に修理を行った車のことを指します。

このような理由から、修復歴車のことを事故車と呼んでも間違えではありません。

事故車購入のデメリットは?

事故の度合いにもよりますが、事故車は強い衝撃を受けている車ですから、見た目だけを綺麗に修理しても、目に見えない箇所が壊れている(近い将来に故障する)かもしれません。

そのため、事故車を購入した後で故障に悩まされることがあるかもしれません。事故車を購入する際のデメリットをいくつか紹介します。

事故車を購入するデメリット
  • 故障が起こる可能性が高くなる。
  • ボディサイズが変わることがある。
  • 中古車としての価値が大きく下がる。
  • 車全体の安全機能が低下する。
  • 真っすぐ走らない可能性がある。

上記のようなデメリットを理解した上で、事故車を購入するのは良いのですが、事故車は買い手が見つかりにくいことから、次に手放すときには買取価格が極端に安くなります。

事故車を購入するときは、様々なデメリットが存在するので、細かい部分まで注意して確認するようにして下さい。

事故車・修復歴の見極め方

事故車/修復歴は、骨格部分を交換または修理・修正した車のことを言いますが、車の骨格部分とは一体どの部分なのか?日本自動車査定協会が定める修復歴になる骨格部品を説明します。

骨格部分の名称

スクロールできます
名称説明
サイドメンバーフロントのタイヤハウスを覆っているフレームのこと。
クロスメンバーフロントの先端部(ラジエターを囲んでいる部分)のこと。
インサイドパネルフロント左右前方部の内側パネルのこと。
ピラーフェンダーとルーフを繋いでいる骨格のこと。
ダッシュパネルエンジンルームと車内を仕切っているパネル全般のこと。
ルーフパネル天井またはルーフ全体のこと。
フロア前席・後席の足元全体のパネルのこと。
トランクフロアトランクの床部分全体のこと。

少し分かりにくいかもしれませんが、上記の部分は全て車の元となる「骨格」で、ボルトなどは一切使われていない部分です。

修復歴の見分け方としては、骨格となるフレームを修理や修正を行ったことがある中古車は修復歴車になりますが、ボルトやネジで取り付けるボンネットやドアなどを交換しても、事故車や修復歴にはなりません。

少し微妙なのが、追突によってバックパネルを破損しただけの中古車の場合、バックパネルを交換した車を修復歴とするのか?しないのか?で、中古車販売業者の間でも意見が分かれることがあります。

メーカーによっては、バックパネルとトランクフロアが繋がっている場合もありますし、バックパネルを交換するような事故を起こした中古車は、トランクフロアにも多少歪みがあるはずですから。

このようなことから、査定をする業者によっては、修復歴の見分け方が違う場合があります。

事故車・修復歴車の見つけ方

最近は、板金修理の技術が非常に高く、査定未経験の素人が車を見ても、修復歴車の見極めは困難になりつつあります。そこで、査定未経験の方でも修復歴や事故歴の見極めができるように、簡単な修復箇所の見つけ方を紹介します。

ボルトやネジを見る

ボンネット/ドア/トランクフードを取り付けてある「ボルトやネジ」に注目する。 例えば、トランクフードが取り付けてあるボルトを見たとき、新車から何のトラブルがない場合は、ボディ同色のボルトは塗装も剥がれていません。

しかし、追突事故による修理などで、ボルトを緩めたり外したりした場合には、ボルトの塗装が剥がれています。 ボルトの塗装が剥げている車は、トランクを外した証拠になるので、事故歴や修復歴車の疑いが出てきます。 しかし、部品を交換しただけでは修復歴車にはならないので、ボルトが剥げている原因を探す必要があります。

シールや溶接跡を見る

トランク床部分のフロアマットを剥がして、「トランクフロア」を確認します。 トランクフロアの前後左右を見て、繋ぎ目のシールが均一かどうかを確認して、もし左右で色やシールの量が違ったり、フロアに修理した形跡がある場合は、修復歴車になります。 パッと見では分かりにくいかもしれませんが、じっくり見ていると違和感を感じるはずです。

ボディの塗装を見る

例えば、遠目に車を横から見た場合、フロントフェンダー/ドア/リヤフェンダーの色を見比べて下さい。 明らかに色が異なる箇所がある場合は、板金修理か交換をした可能性があります。

車の前方から見てしまうと、ボンネットとフロントフェンダーの色が明らかに違うことがあります。 それは、ただ単にボンネットが色褪せしているだけかもしれないので、塗装を見比べるときには、車を横から見ることをおすすめします。

修正機跡を探す

車の両サイド下部の「ジャッキポイント」付近に、何かで摘まんだような跡(予防接種のBCG跡のような形)がついていれば、修正機を使ってフレームを引っ張った証拠になります。

業界では「修正機跡ありの修復歴車」と言って、修正機跡のある中古車は、非常に大きな事故を起こした車と判断されます。 修正機跡は、素人でも見つけやすい箇所なので、事故車や修復歴車を購入する場合は、下回りを注意して確認して下さい。

各部品の隙間を見る

ボンネットとフェンダーの隙間、フェンダーとドアの隙間、フェンダーアーチとタイヤの隙間などのクリアランスを左右で見比べてみて下さい。

特にフェンダーアーチとタイヤの隙間が左右で全く違う感じの中古車は、走行に支障が出る事故車かもしれないので、購入を見送ることをおすすめします。

修復歴の告知義務とは?

中古車を販売するときには、消費者が安心して車を購入することができるよう、自主的に車の購入時に必要な価格や商品内容などの適正な情報を、消費者に提供する告知義務が中古車販売店にはあります。

自動車公正競争規約による告知義務には、中古車販売の表示ルールが以下のように決められています。(参考:自動車公正取引協議会

中古車販売の表示ルール
  • 販売する中古車には、「プライス」「走行距離」「修復歴の有無」「保証の有無」など、消費者が求めている情報を嘘偽りなく表示すること。
  • 店頭以外でも中古車を販売する場合には、「車台番号の下3桁以上の開示」や「店頭と同じ内容の情報」を表示すること。
  • 消費者が勘違いするような、紛らわしい表示は行わないこと。

信用できる車お探しサイト

修復歴車や事故車を騙されて購入しないためには、事故車や修復歴車を見極めるための目利きの習得が必要です。しかし、実際に中古車販売店で査定を試そうと思っても、なかなか上手く査定ができない方がほとんどです。

万が一、修復歴車ではない中古車を「この車、事故車ですね!」なんて言ってしまったら、大恥をかくことになりますし、店に対しても失礼なことです。

事故車や修復歴車を間違って購入しないためにも、希望の車を代わりに探してくれる中古車お探しサイト「ズバット車販売」をおすすめします。

ズバット車販売は、プロの目利きで良質な中古車を見極めて、予算や希望に添った車を探してくれる中古車お探しサイトです。

ズバット車販売は、国内最大大手の車買取業者「ガリバー」と提携しているため、毎日全国の系列店舗で買い取る車の中から、市場に出す前の段階で優先的に商談することができます。

また、購入後もガリバーのアフターサービスを受けることができるので、初めて中古車を購入する方でも、安心して利用することができます。

事故車や修復歴車を買わされないためにも、ズバット車販売で依頼することをおすすめします。

まとめ

事故車を購入した後に後悔しないためにも、自分で修復歴や事故車を見極める目を養うことが必要です。

修復歴を完全に見分けるには、実際に修復歴車を見ながら査定をするのが良いのですが、今回の記事で紹介した「修復歴の見つけ方」を参考にして頂けたら、修復歴を見分けることができますし、修復歴車の疑いを持つこともできます。

そもそも、良質な中古車を購入する目的であれば、修復歴の疑いがある中古車は購入してはいけません。中古車販売店には、修復歴や事故車の告知義務があるとは言え、査定をするのは人間ですから、間違えることもあります。

自分の目でしっかりと確認して購入するのも良い方法ですが、ズバット車販売のプロに探してもらう選択肢もあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる