車を買う

車の維持費はいくら?車種別のシミュレーションを徹底比較!

車の購入の際に「維持費は月々どのくらいなんだろう?」と気になる方が多いのではないでしょうか?

車の購入を検討している方は、まず購入する前に維持費はどのくらいなのか情報を集めたうえで購入を決断するべきです。

この記事では車種別に大体どのくらいの維持費がかかるのか比較してみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ひろし

初めまして。ひろしです。
車を購入する際に、維持費を考えたうえで購入しないと、結局車を手放すハメになり後悔してしまう可能性が高いです。

なので、この記事では車の維持にかかる大体の維持費を紹介していきますよ!

車の維持に必要なお金とは?

まずは車を購入するにあたって、車の維持費について紹介していきます。

車を維持するためには、これだけの項目にお金を支払わないといけません。
車は車両代金を支払えば良いというものではないので、購入する際には維持することも考えたうえで購入する必要があるのです。

ひろし

車は安全に乗らないといけないので、ケチって任意保険を未加入にしたりすると必ず後悔します。
なので、これらの項目は車を維持するうえで絶対に必要という心がまえでいると良いですね。

車種別の維持費シミュレーションについて

実際に車を購入するうで、どのくらいの維持費がかかるのか、車種別にシミュレーションをしてみましょう。

ひろし

車両購入費用・ガソリン代・消耗品の交換費用は、シミュレーションから外して算出してるので、そこはお許しを…!

シミュレーションの金額にプラスして、車両の購入でローンを組んでいる人はローン費用・ガソリン代・故障時のメンテナンス代がかかります。

軽自動の月・年間の維持費シミュレーション

軽自動車は排気量660CC以下の車のことをいいます。
代表的な車種は下記になります。

ひろし

これらの軽自動車に必要な維持費はご覧の通りです。

■維持費シミュレーション

項目金額
自動車税10,800
重量税5,000
車検費用50,000
任意保険57,150
駐車場10,000
合計132,950

※任意保険はソニー損保のシミュレーションを参考にしています

ひろし

軽自動の維持費を月額換算すると132,950÷12カ月=11,079円ですね。

小型乗用車(コンパクトカー)の維持費シミュレーション

小型乗用車は排気量が2,000CC以下の車のことをいいます。
ナンバープレートの分類番号が5か7から始まるので、「5ナンバー車」ともいわれます。

代表的な車種は下記の通りです。

ひろし

5ナンバー車に必要な維持費はご覧の通りです。

■維持費シミュレーション

項目金額
自動車税34,500
重量税24,600
車検費用50,000
任意保険80,820
駐車場10,000
合計199,920

※任意保険はソニー損保のシミュレーションを参考にしています

ひろし

小型乗用車の維持費を月額換算すると199,920÷12カ月=16,660円ですね。

普通自動車の維持費シミュレーション

普通自動車は排気量2,000CC以上の車のことをいいます。
ただし排気量が2,000CC以下の車であっても車体の大きさによっては普通自動車に分類されてしまいます。

普通自動車はナンバープレートの分類番号が3で始まるので「3ナンバー車」ともいわれます。

代表的な車種は下記の通りです。

■維持費シミュレーション

項目金額
自動車税45,000
重量税32,800
車検費用70,000
任意保険81,190
駐車場10,000
合計238,990

※任意保険はソニー損保のシミュレーションを参考にしています

ひろし

普通自動車の維持費を月額換算すると238,990÷12カ月=19,915円ですね。

ボディタイプ別に維持費を比較

車種別維持費合計月額換算
軽自動132,95011,079
小型乗用車199,92016,660
普通自動車238,99019,915
ひろし

車種別にまとめると上記の表のようになります。
維持費を安くしたい方は軽自動車がおすすめで、懐に余裕がある人は好きな車に乗れば良いと思います。

自動車ローンを組むと維持費が高すぎる!

前述で紹介したシミュレーションには自動車の購入費用は含まれてないので、もしローンで車を購入する方は、プラスして自動車ローンの費用を支払わないといけません。

ひろし

仮に200万円の車を5年ローンで購入したときに月々の返済はどのくらいになるのかJAバンクのマイカーローン返済シミュレーションで調べてみました。

ひろし

ローンの支払いを考えると、車の維持費は月々50,000円~60,000円ほどになるので高すぎますよね…。

車種別維持費合計月額換算
軽自動571,16547,597
小型乗用車638,13553,177
普通自動車677,20556,433

車の維持費を安くする方法について

ここまで記事をご覧になった方のなかには車の維持費が高すぎて馬鹿らしいと感じた方も多いのではないでしょうか。

そういった方はライフスタイルに合わせて車の購入について見直してみるとよいでしょう。

例えば車の利用頻度がそこまで多くない方であれば、利用する分だけ料金を支払うカーシェアリングで十分だと思います。

でも郊外に住んでいる方だと、車社会で近くにカーシェアリングがないという方も多いでしょう。

そんなときは定額で車に乗ることができるサービスがあるので、紹介していきたいと思います。

車の購入を検討している方におすすめサービス

車が絶対に必要だけどローンで購入すると維持費が高額で馬鹿らしいと感じている方はカーリースという選択肢があります。

カーリースを使えば、頭金・初期費用0円で定額で新車に乗ることができます。

またカーリースは自動車の購入以外の費用(車検・メンテナンス・税金)が含まれていることが多いので、維持費の見通しが立てやすいというメリットがあります。

ここではおすすめのカーリースをピックアップして紹介します。

ひろし

長期間クルマを使う予定の方はカーリースがおすすめ!
安くておすすめのカーリースを紹介!

サービス名軽自動車コンパクトカー普通車
カーコンカーリース11,000~13,310~15,840~
MOTA11,660~18,040~22,880~
定額カルモくん14,157~19,965~24,805~
SOMPOで乗ーる22,440~29,810~35,750~
コスモマイカーリース16,500~22,770~28,490~

※全て税込価格となります。(2021年2月時点)
※小型乗用車はコンパクトカー、普通乗用車はセダンタイプの車の料金で比較。
※最新の価格は各公式サイトよりご確認ください。

ひろし

それぞれのサービスの特徴は下記で紹介しますね。

当サイトおすすめカーリース

カーコンカーリース
カーコンカーリースはカーコンビニ倶楽部が運営するサービスです。

業界トップクラスのサービスで月々8,000円~乗れるプランが特徴として挙げられます。

リース契約が終了するとそのまま車がもらえてしまうので、車が欲しいけど頭金やローンをなどの出費を抑えたい方におすすめです!

詳細をチェックする

MOTA
MOTAは自動車メディア最大級のMOTAが運営しているサービスです。

月々の支払いが安いことと月の走行距離の制限がないのが特徴として挙げられます。

リース契約終了後は車がもらえるので、気軽にコンパクトカーや軽自動車を持ちたいという方におすすめです。

詳細をチェックする

定額カルモくん
定額カルモくんはナイルが運営しているサービスです。

他のカーリース会社にはない11年契約プランがあるのが特徴として挙げられます。

こういった長期契約プランによって月々の料金を安くすることを可能にしているので、とにかく月々の出費を抑えたい方におすすめです。

詳細をチェックする

SOMPOで乗ーる
SOMPOで乗ーるはDeNAとSOMPOホールディングスが共同出資した会社が運営しているサービスです。

一般的にカーリースの料金は税金・車検・各種メンテナンス費用を含めた料金ですが、SOMPOで乗ーるは任意保険も定額料金に含んでいるのが特徴として挙げられます。

またカーシェアサービス「Anyca」の利用がSOMPOで乗-るでは可能なので、車と副収入の両方を手にいれたい方におすすめです。

詳細をチェックする

コスモマイカーリース
コスモマイカーリースはコスモ石油が運営しているサービスです。

コスモ石油で給油するとガソリンの割引特典を受けることができるのが特徴として挙げられます。

車は国産全メーカー対応しているので幅広い車種から選びたい方や、頻繁に車を利用するのでガソリン代の出費を抑えたい方におすすめです。

詳細をチェックする

ひろし

頭金がなくても新車に乗ることができるのが最高!
まずは公式サイトから無料見積もりをしてみましょう!

まとめ

この記事では車の維持費について紹介しました。
車の維持費はローンで購入すると月々50,000円~60,000円ほどの維持費がかかってしまいます。

しかし住んでいる地域によっては車社会で絶対に車が必要という方も多いと思います。

そういった方は、カーリースで車を購入することで税金・メンテナンス費用を含めた定額料金で新車に乗ることができるので、車を購入したあとの維持がしやすいので検討してみてはいかがでしょうか?