廃車費用っていくら?お得に車を処分する手続きの方法を徹底紹介!

愛車を廃車にするのは、車の所有歴が長い方でもそう何度もある事ではありません。

車を廃車にするには一体どれくらいの費用が掛かるのか?どのような手続きで行うのか?廃車のやり方など、知らない方がほとんどではないでしょうか。

今回は、普通車を廃車にする手続きや費用について徹底的に紹介していきますので、これから車の処分を考えている方は必見です!

目次

自分で普通車の廃車を行う際の手続きや費用の相場

普通車の抹消手続きには、一時的に車の使用を止める「一時抹消登録」と、二度と使用することができない「永久抹消登録」の2種類があります。

ここでは、「廃車」を目的としているため、普通車を自分で処分する「永久抹消登録」の手続きや費用の相場について説明させて頂きます。

廃車の手続き

廃車にする車の車検が残っている「自走可能な普通車」と、事故車で「自走不可能な普通車」では、廃車にする方法が少し違います。

自分で普通車を廃車にする手続きの流れをそれぞれ説明していきます。

自分で普通車の廃車を行う際に用意する書類

廃車にする車の車検が残っている「自走可能な普通車」と、事故車で「自走不可能な普通車」に関わらず、廃車にするには下記の書類が必要になります。

もし、紛失している書類がある場合には、再取得の手続きが別途必要になるので、廃車手続きを行う前には必ず書類の確認をして下さい。

普通車の解体を業者に依頼するときに必要な書類
自動車検査証(確認のため)
自動車リサイクル券
陸運局で永久抹消登録を行う際に必要な物
自動車検査証
所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内発行)×1通
印鑑証明書の実印
ナンバープレート×2枚
自動車リサイクル券の「B券」
解体が完了した日付を記載した解体報告日(メモ書きなどで可)
永久抹消登録申請書(陸運局の窓口で購入する)
手数料納付書(陸運局の窓口で受け取る)
自動車税・自動車取得税申告書(陸運局の窓口で受け取る)
金融機関の口座情報やマイナンバーの個人番号(車検が残っていて、重量税還付を受ける場合)
本人確認書類(重量税還付を受ける場合)

自分で普通車の廃車を行う手続き方法

自分で普通車(自走可能)の廃車を行う際には、以下の流れで廃車の手続きを行います。

  1. 自走して解体業者に普通車を持ち込む。
  2. 普通車の前後に付いている「ナンバープレート2枚」を取り外す。※後部ナンバープレートの封印は、ドライバーを使って簡単に外せます。
  3. 解体業者に「普通車本体」と「自動車リサイクル券」を渡す。※リサイクル券を紛失した場合は、別途手続きが必要になります。
  4. 解体業者から自動車リサイクル券の「B券・使用済自動車引取証明書」を受け取る。
  5. 解体業者から実際に普通車の解体が完了した旨の連絡が来るので、「解体が完了した日付」をメモに取る。※概ね一週間以内に連絡がきます。
  6. 管轄の陸運局に必要な書類を持参して、「永久抹消登録」の手続きを行う。※陸運局の受付時間は、平日の8:45~16:00です。
  7. 「永久抹消登録申請書」に必要事項を記入する。
  8. 「手数料納付書」に必要事項を記入する。
  9. 「自動車税・自動車取得税申告書」に必要事項を記入する。※必要のない地域がある。
  10. 「ナンバープレート」を返納する。※手渡し若しくはナンバープレート返納機を利用する。
  11. 全ての書類を所定の窓口へ提出する。
  12. 「登録事項等証明書」の発行を受ける。

尚、車検が切れている普通車を廃車にする場合には、公道を走行することができないため、事故車の廃車と同じ手順で行って下さい。

自分で事故車の廃車を行う手続き方法

自分で事故車(自走不可能)の廃車を行う際には、以下の流れで手続きを行います。

  1. 事故車の普通車を載せる「積載車」をレンタルする。
  2. 積載車に事故車の普通車を載せる。
  3. 解体業者へ事故車の普通車を持ち込む。
  4. 普通車の前後に付いている「ナンバープレート2枚」を取り外す。※後部ナンバープレートの封印は、ドライバーを使って簡単に外せます。
  5. 解体業者に「普通車本体」と「自動車リサイクル券」を渡す。※リサイクル券を紛失した場合は、別途手続きが必要になります。
  6. 解体業者から自動車リサイクル券の「B券・使用済自動車引取証明書」を受け取る。
  7. 積載車を返却する。
  8. 解体業者から実際に普通車の解体が完了した旨の連絡が来るので、「解体が完了した日付」をメモに取る。※概ね一週間以内に連絡がきます。
  9. 管轄の陸運局に必要な書類を持参して、「永久抹消登録」の手続きを行う。※陸運局の受付時間は、平日の8:45~16:00です。
  10. 「永久抹消登録申請書」に必要事項を記入する。
  11. 「手数料納付書」に必要事項を記入する。
  12. 「自動車税・自動車取得税申告書」に必要事項を記入する。※必要のない地域がある。
  13. 「ナンバープレート」を返納する。※手渡し若しくはナンバープレート返納機を利用する。
  14. 全ての書類を所定の窓口へ提出する。
  15. 「登録事項等証明書」の発行を受ける。

事故車を解体業者に運ぶ手段としては、積載車をレンタルする方法のほかにも、解体業者へ引き取りを依頼する方法があります。

しかし、今回は「自分で廃車を行う」という方法ですから、積載車をレンタルする手段を紹介しました。

ただ、積載車に事故車を載せる作業は、少し技術やコツが必要になるので、怪我をしないうように十分に気を付けて行って下さい。

廃車費用の相場

廃車にする車が、「自走可能な普通車」と、「自走不可能な普通車」とでは、書類的な手続き費用は同じですが、解体業者に持ち込む費用に違いがあります。

自分で普通車を廃車にする費用について、それぞれ紹介していきます。

項目自走可能な普通車事故車の普通車
積載車レンタル(6時間)15,000円~25,000円
解体料金0円~10,000円0円~10,000円
印鑑証明書300円300円
永久抹消登録申請書100円100円
登録事項等証明書300円300円
廃車費用合計700~10,700円15,700~35,700円

事故車を運ぶために積載車をレンタルした場合には、積載車の燃料代が別途必要になります。

ただ、ほとんどの解体業者は、事故でボロボロになった普通車でも、金属の料金や中古パーツ代として買取査定をしてくれます。

そのため、解体料金と買取料金を相殺することで、解体費用としては0円もしくはプラス金額になることも珍しくありません。

また、任意保険を中断するときや自賠責保険を解約するときには、普通車を廃車にしたことを証明する「登録事項等証明書」が必要になるので、各陸運局で申請手続きを行って下さい。

尚、各業者や地域の陸運局によって費用が異なるため、あくまでも参考程度として捉えて下さい。

・オリックスレンタカー公式サイト
・トヨタレンタリース公式サイト

廃車買取業者を選ぶ際の注意点について

廃車買取業者の中には、顧客を騙すような対応をしている業者が残念ながら存在しています。

ここでは、優良な廃車買取業者を選ぶ際の注意点をいくつか紹介していきます。

キャンセル料が発生する

廃車を依頼した後でも、様々な事情によって廃車依頼をキャンセルする場合もあるはずです。

しかし、一旦廃車の依頼をした場合には「キャンセル料」が発生することがあります。

これは、廃車に限らずどの業種でも突然のキャンセルには、ペナルティとして料金が発生するのは珍しくありません。

そのため、契約後にトラブルが起こらないためにも、キャンセル料について確認するようにして下さい。

尚、一般的には契約が完了した時点でキャンセル料が発生するので、安易な契約を行わないように気を付けて下さい。

手数料のトラブルがおこりえる

普通車を廃車にするとき解体料金とは別で、手数料など不明瞭な料金を徴収する解体業者があります。

また、解体料金も業者によって金額がバラバラなため、想像を超える料金を課せられることがあります。

普通車を廃車にするときには、必ず契約前に解体料金や手数料などをしっかり確認するようにして下さい。

各種還付金についての説明がない

車検が残っている普通車を廃車にした場合には、車検の残り月数によって重量税や自賠責保険の還付金を申請することができます。

また、自動車税を納めた後に廃車にする場合にも、自動車税の還付を受けることができます。

しかし、各種還付金が受けられる旨の説明を怠る業者も多く、業者が還付金を受け取るケースが後を絶ちません。

普通車を廃車にするときには、解体業者や廃車買取業者へ還付金について確認するようにして下さい。

廃車買取業者の利用が向いている方は?

初めて普通車を廃車にする方は、自分で廃車手続きを行うの他に、「廃車買取業者」を利用する方法があります。

ここでは、どのような方が廃車買取業者を利用するのに向いているのか?その辺りについて説明していきます。

廃車の手続きなどに不安がある方

これまで自分で普通車を廃車にする手続きについて説明してきましたが、それでも自分で普通車を廃車にすることに不安がある方は、廃車のプロに委託することをおすすめします。

廃車買取業者を利用することで、自分自身は動く必要がないため、廃車に関する全ての手続きを委託することができます。

ただし、解体費用や還付金については、納得がいくまで廃車買取業者と打ち合わせを行って下さい。廃車買取業者の利用は、廃車手続きに不安がある方におすすめです。

廃車費用を抑えたい方

手数料や車両の引き取り費用などが「無料」の廃車買取業者があります。

特に事故車の普通車を廃車にする場合には、積載車をレンタルして積むだけでも大変な作業です。

優良な廃車買取業者では、普通車を廃車にする費用が一切掛からないため、時間や労力を節約できる他に、廃車費用を極限まで抑えることができます。

廃車費用を抑えたい方には、廃車買取業者の利用をおすすめします。

おすすめの廃車買取業者3社を徹底比較

一般的な車買取業者では査定額がつかない普通車でも、廃車買取業者では金属の価値として査定を行ってくれます。

特に事故車や不動車は、中古車として販売することが難しいことから、一般的な車買取業者には敬遠されるケースがほとんどです。

また、自分で事故車の普通車を解体業者に持ち込むだけでも大変な作業ですし、積載車のレンタル費用やレッカー料金が別途必要になります。

ここでは、おすすめの廃車買取業者を3社紹介しますので、費用を掛けずに普通車の廃車をしたい方は、是非参考にして下さい。

項目廃車本舗カーネクストハイシャル
廃車費用無料無料無料
引取り費用無料無料無料
廃車手続き費用無料無料無料
対応地域全国全国全国
不動車引取り無料無料無料
解体費用無料無料無料
輸出販路30か国以上ありあり
買取実績例年式:2014年
車種:スズキ・スイフト
走行距離:80,000km
事故車/不動車
買取価格:35,000円
年式:2002年
車種:トヨタ・イプサム
走行距離:18,000km
事故車/不動車
買取価格:20,000円
年式:1889年
車種:BMW・3シリーズ
走行距離:110,000km
事故車/不動車
買取価格:30,000円
営業時間9時~21時8時~22時8時~22時
定休日日曜/祝日年中無休年中無休
特徴北海道/滋賀県/京都府に自社の解体工場を持っている廃車買取業者で、輸出販路も豊富なため、あらゆる車種の高価買取を行っている。どんな車でも「0円以上買取保証」。独自の海外ネットワークを持っている他、廃車専門オークションサイト「Smartオークション」も運営している。全国1,000社以上の専門業者と提携しているため、各車両ごとに最適な販売経路を選択することが可能。「0円以上買取保証」や「最短20秒のスピード査定」が魅力です。

廃車本舗

無料査定はこちら

自社で解体工場を持っている廃車本舗だけで、廃車に関わる全ての業務を自社で一貫して行うことができるのが最大の特徴です。

カーネクスト

無料査定はこちら

カーネクストの強みは、買い取った廃車車両を自社が運営している廃車オークションサイトに直接出品することができるため、他社よりも高値で買い取ることが可能なところです。

ハイシャル

無料査定はこちら

ハイシャルは、買取相談件数25万件を超える実績があり、提携している1,000社以上の専門業者から選択できるので、国内販売経路が豊富なところが魅力の廃車買取業者です。

ひろし

3社とも無料のサービスが充実していますが、それぞれ違う特徴や強みを持っているため、廃車にしたい普通車に合った廃車買取業者を好みで選んで下さい。

https://kuruma-byebye.com/scrapped-car-experience/

ちなみに私の場合は、廃車本舗が1番高く買取してくれました!

廃車買取業者に依頼するメリット

この記事の初めに紹介した「自分で普通車を廃車にする」をもう一度読んで頂くと分かる通り、自分で廃車を行うのは時間が掛かる上に、労力や費用の負担も大きく掛かります。

廃車買取業者に依頼することで、「時間」「労力」「廃車費用」の全てが大幅に軽減されるメリットがあります。

また、廃車買取業者では、再利用できるパーツや金属の価値として買取査定を行うため、事故で車種の判別ができない普通車でも高値で買い取ることができます。

車によっては廃車にするつもりが、お金を貰えることになるので、自分で廃車にするよりは、廃車買取業者に依頼する方が利益に繋がることがほとんどです。

中古車としては価値がない普通車を所有している方は、諦めずに廃車買取業者に依頼することをおすすめします。

まとめ

自分で普通車の廃車を行うことは可能ですが、解体業者に苦労して普通車を持ち込んだとしても、解体が完全に完了するまでは、陸運局で永久抹消登録の手続きが行えません。

普通車を自分で廃車にする作業は、最低でも5日~10日ほどの日数が掛かる上に、廃車費用も高くなります。

このようなことから、自分で普通車を廃車にするのは、時間とお金に余裕がある方に限られる方法とも言えます。

普通車の廃車を考えている方は、今回の記事でおすすめする「廃車本舗」「カーネクスト」「ハイシャル」の、いずれかに依頼することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる