気になるT-Valueの評判は?トヨタ認定中古車のメリット・デメリットを徹底解説!

当サイトは一部広告収益で運営しております。

新車ばかりを乗り継いできた人にとっては、誰が乗っていたか分からない中古車の購入には抵抗がありますよね。

トヨタでは、中古車特有の嫌な臭いや故障に対する不安を解消するため、独自の厳しい基準やサービスを設けて、中古車に対する不安を安心に変える取り組みに力を入れています。

今回は、トヨタの中古車ブランド「トヨタ認定中古車(旧T-Value)」の評判について、メリットやデメリットを交えて徹底解説していきます。

目次

T-Valueとは?

T-Valueとは、中古車選びで問題視されている「不潔感」「不透明な車両状態」「故障への不安」などを解消するため、トヨタが独自の基準を搭載した認定中古車のことです。

これまでのトヨタ中古車は、「T-Value」「T-Valueプレミアム」「T-Valueハイブリッド」「T-Valueプレミアムハイブリッド」の4つに基準が分かれていましたが、中古車事業強化のため2020年4月1日から「トヨタ認定中古車」にブランド名を統一しています。

トヨタ認定中古車へ刷新したと同時にデジタル化の強化も進めて、ネットが繋がる環境であれば、24時間どこからでも商談や注文ができるサービスも開始しています。

また、全国のトヨタ認定中古車店で在庫共有をして、公式サイトでお取り寄せ車両として公開するサービスも実施!

T-Valueからトヨタ認定中古車に刷新したことで、中古車販売の新たなネットワークが構築されています。

トヨタ認定中古車と一般的な中古車との違いは?

トヨタが行っている中古車事業強化は、一般の中古車との差別化を図るため、3つの安心をセットにして中古車を販売をしています。

トヨタ認定中古車と一般的な中古車との違いは何があるの?

ひろし

ここでは、トヨタ認定中古車と一般的な中古車との違いについて解説していきますね。

項目トヨタ認定中古車一般的な中古車
内装清掃シートを外して高温スチーム除菌洗浄
手拭きによる車内全体洗浄
専用消臭剤を使用した車内消臭
車内全体の掃除機掛け
車内全体を水拭き
外装清掃ボディ鉄粉除去
ポリッシャー
ボディ磨き
専用コーティング剤による外装ボディコート
エンジンルーム高圧洗浄
艶出し
タイヤ・ホイール洗浄
艶出し
ボディ水洗い
手掛けワックス
タイヤワックス掛け
車両検査プロ検査員による「車両検査証明書」発行社内評価による査定
保証走行距離無制限(1年間無償保証)
約60項目
5,000以上の部品が保証対象
全国5,000ヵ所以上のトヨタ店舗で保証修理可能
社内規定による中古車保証
消耗部品以外が保証対象
購入店舗でのみ保証修理が可能

トヨタ認定中古車は、3つの安心「まるごとクリーニング」「車両検査証明書」「ロングラン保証」をセットにした厳選中古車です。

一般的な中古車は、各販売店によって保証や評価点の基準が大きく異なりますが、厳しい評価規定を定めているトヨタでは、基準に満たない中古車は認定対象外になります。

中古車販売事業を強化しているトヨタで中古車を購入する場合は、トヨタ認定中古車の購入をおすすめします。

トヨタ認定中古車のメリットとデメリットは?

プロの検査員が高評価と認めたトヨタ認定中古車には、デメリットが存在しているのか?

ここでは、トヨタ認定中古車のメリットとデメリットについて解説していきます。

メリットデメリット
3つの安心「まるごとクリーニング」「車両検査証明書」「ロングラン保証」がセットになっている。
全国5,000ヵ所以上のトヨタ認定中古車店で保証修理が受けられる。
消耗部品を含めた5,000部品以上(約60項目)が保証の対象となっている。
全車修復歴のない上質な中古車である。
車両本体価格が高めに設定されている。
初年度から10年以上が経過した車種の取り扱いが少ない。
他メーカーの取り扱いが極めて少ない。
1年以上の保証を受ける場合は3年まで有料になる。
並行輸入車/0,9,8ナンバー車はロングラン保証の対象外。

トヨタ認定中古車は、厳しい検査をクリアした評価点の高い車両で、中古車に不安を持っている人でも新車と同じ感覚で乗ることができます。

ただし、ロングラン保証が無償で受けられるのは「1年以内」と限られており、1年以上の保証は有料となっています。

また、海外仕様(逆輸入車)のトヨタ車は並行輸入車となるので、ロングラン保証を受けることができません。

トヨタ認定中古車は、一般的な中古車との差別化を図った1つの中古車ブランドで、手厚いサービスを求める人におすすめの中古車と言えます。

トヨタ認定中古車の評判は?

トヨタ認定中古車を実際に買ってみた人の評判について、SNSの口コミで調べてみました。

ひろし

これからトヨタ認定中古車の購入を考えている人には、必ず参考になるはずですよ。

トヨタ認定中古車の評判は非常にいいですね!

購入後のアフターフォローに心配を抱えている人は、仮に高い価格でも保証がしっかりしているトヨタ認定中古車を選ぶ人が多いようです。

特にハイブリッド車の中古を購入するときは、故障した時の修理代が高額になるので、ハイブリッド保証のあるトヨタ認定中古車が安心できるようです。

悪い評判も少なからず見受けられましたが、車両のクレームは極めて少なく、店舗スタッフの対応の悪さや値引きが少ないなどの不満がほとんどでした。

トータル的には、トヨタ認定中古車の評判は極めて高く、中古車をどこで買うのか迷っている人にはおすすめです。

トヨタ認定中古車を購入する流れは?

気になっている中古車がある場合は、下記の流れでトヨタ認定中古車を探して下さい。

ここでは、トヨタ認定中古車を購入する流れについて紹介していきますね。

中古車購入の流れ
  1. トヨタ認定中古車公式サイトを開く。
  2. 「中古車を探す(6種類の選択肢)」から探している車種を選択する。
  3. 気に入った車種があれば「見積依頼」をクリックする。
  4. 「TOYOTAアカウント」を取得する。
  5. 記入内容を確認する。
  6. 後日、取扱店舗から連絡がある。
  7. 店舗にて現車確認を行う。
  8. 購入商談を行う。
  9. 契約をする。
  10. 登録に必要な書類を用意する。
  11. 納車日の打ち合わせを行う。
  12. 納車後のアフターフォローについて説明を受ける。
  13. 車を受け取って完了!

車種を探す方法には、「ボディタイプから探す」「トヨタの車種一覧から探す」「その他のメーカーから探す」「価格から探す」「人気ランキングから探す」「特集・特徴から探す」の6種類が用意されています。

遠方の場合は、「車両検査証明書」を信じて現車確認を省略できますが、納車後のトラブルを避けるためにも現車確認はできる限りして下さいね。

トヨタ認定中古車を安く購入する方法は?

ブランド化しているトヨタ認定中古車を安く購入する方法はあるのか?

結論から申しますと、公式サイトで掲載されている価格よりも安く購入したいなら、商談時の「値引き交渉次第」としか言いようがありません。

ただ、車は非常に高い買い物ですから、少しでも安く買いたいと思うのは当然のことですよね。

ここでは、トヨタ認定中古車を少しでも安く購入する方法について解説していきます。

型落ちの車種を狙う!

新車と同型の中古車は、価格が非常に高いデメリットがあります。

トヨタを代表するミニバン・ヴォクシーを例に挙げて価格の紹介をしてみますね。

項目ヴォクシー (90系)ヴォクシー (80系)
年式2022年1月~現在2014年~2020年10月
中古車価格帯340万円以上210万円~270万円

グーネットの中古車相場表で、ヒット数に対する比率が最も大きい価格帯(70以上)を「中古車価格帯」として記載しました。

旧型の80系ヴォクシーなら、低予算で良質な中古車を購入することが可能です。

トヨタ認定中古車を安く購入するなら、モデルチェンジ前の型落ちの車種を狙うのも1つの方法です。

自分で出来ることは自分でする!

車を購入する際には、車両本体価格とは別に「諸費用」が必要になります。

ほとんどの人は、営業マンから言われるがままに必要な書類を揃えて渡しているはずです。

この諸費用の中には、自分が動くことで費用を抑えれる項目があります。

自分で出来ること
  • 車庫証明書の取得・提出。
  • 納車は自分で取りに行く。

車庫証明は、自分の居住区域を管轄している警察署で取得することができます。

ディーラーで車庫証明の書類だけを頂いて、必要項目に記入をしてから警察署に提出する。

車庫証明書が出来上がったら警察署に取りに行って、そのままディーラーに提出するだけで完了。

また、トヨタ認定中古車には「まるごとクリーニング」が付いているので、納車時の洗車や内装クリーニングをしなくても綺麗なはずです。

納車もディーラーに任せずに、自分で店舗に取りに行くことで、諸費用内の「納車費用」を削ることができます。

車庫証明代行費用と納車費用だけでも、25,000円~30,000円くらいは安くなる計算です。

全てをディーラーに任せるのではなく、簡単なことは自分で行うだけで、トヨタ認定中古車を安く購入できますよ。

相見積もりの実施!

トヨタ認定中古車を安く購入する最終手段は、値引き交渉で頑張ることです。

新車と違って中古車の場合は、値引きをしないディーラーがほとんどです。

普通に値引き交渉を行っても難しいでしょうから、他メーカーと相見積もりを行って下さい。

他メーカーと相見積もりをする場合は、同じ車種でグレードや装備品などに差がないことが基本です。

大幅な値引きは期待できないので、「トヨタ認定中古車を買う方向ではいますが、他メーカーも好条件を出してくれたので、最終商談としていくらか頑張って下さい!」とでも言って下さい。

本当に売る気がある営業マンなら、「最終、〇〇円が限界です!これで勘弁して下さい。」など、値引きの限界額を引き出せるはずです。

中古車の値引き交渉は大変ですが、少しでも安く購入するためにも頑張るしかありません。

トヨタ認定中古車を購入する上での注意点!

トヨタ認定中古車を購入する上では、どのような注意点があるのか?

ここでは、トヨタ認定中古車を購入する上での注意点について解説していきます。

必要書類を事前に用意する!

中古車は新車と違って受注生産ではないので、車検が残っている車であれば、契約から納車までの期間は2週間程度です。

納車を急いでいる場合は、事前に登録に必要な書類を用意しておくことで、納車を早めることができます。

事前に用意すべき書類
  • 保管場所使用承諾証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票
  • 実印(現金の場合)
  • 認印

購入した車の駐車場を第三者から借りる場合は「保管場所使用承諾証明書」、自分名義の土地に車を駐車する場合は「保管場所使用権原疎明書面(自認書)」が必要です。

どちらの書類もサイトからダウンロードして取得することができます。

現金で購入する場合は「印鑑登録証明書」と「実印」、ローンで購入する場合は「住民票」と「認印」が必要になるので契約時に持参して下さい。

上記の書類とは別で「保管場所の所在図・配置図」「自動車保管場所証明申請書」「委任状」が必要ですが、契約時に記入・捺印ができる書類ですから、事前に用意する必要はありません。

印鑑登録証明書や住民票は、発行から3ヵ月以内と決まっているので、早く取りすぎないように注意して下さいね。

認定中古車も相場は同じ!

一般的な中古車が安い理由は、トヨタ認定中古車のようなブランド力がないからです。

同じ評価点の中古車であっても、「ディーラーの認定中古車」と言う付加価値を利用して、高値で販売しています。

ただし、ブランド力と流通相場は比例しないので、売却時の価値が上がる訳ではありません。

高価買取を期待して、トヨタ認定中古車を購入するのは間違っているので注意して下さいね。

品質保証は絶対ではない!

トヨタ認定中古車には、プロの検査員による「車両検査証明書」が付いていますが、検査員の手腕によって評価点は変わります。

例えば、良質な中古車の評価点は「4.5点」ですが、「5点に近い4.5点」と「4点に近い4.5点」があります。

厳しい検査員だと「4点」の評価点しか付かない車も、甘い検査員だと「4.5点」の評価点が付くと言う訳です。

トヨタ認定中古車は高品質ですが、検査する人によって評価点に差がでるので、しっかりと現車確認するなど注意して下さい。

トヨタ認定中古車がおすすめな人は?

トヨタ認定中古車は、下記の内容に当てはまる人におすすめです。

  • 安心感を得たい人。
  • トヨタに拘りのある人。
  • しっかりとした保証を求める人。

トヨタは世界一とも言われている自動車メーカーですから、中古車に不安を持っている人にとっては、トヨタ認定中古車と言うだけで安心感が得られます。

トヨタは2020年頃から中古車事業の強化を図っているので、トヨタ認定中古車の品質には自信を持っています。

良質なトヨタの中古車を探している人には、ロングラン保証も付いているトヨタ認定中古車をおすすめします。

まとめ

2020年4月1日にT-Valueからトヨタ認定中古車に統一するなど、トヨタは「お客様向け販売の強化」を掲げて中古車事業に力を注いでいます。

トヨタ認定中古車を買ってみた人の評判は非常に良く、安心して購入できる中古車ブランドしての地位をトヨタは確立しています。

安い価格で販売されている中古車には、必ず安い理由があるので、安物買いの銭失いにならないように中古車選びは慎重に行って下さいね。

トヨタ認定中古車には、他メーカーの取り扱いが少ないなどのデメリットもありますが、トヨタの中古車を求めている人にはメリットばかりの中古車です。

安心して乗れる良質な中古車を探している人には、保証も充実しているトヨタ認定中古車がおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次