車の豆知識

軽トラの任意保険はどこがいい?料金相場や選び方を紹介!

車を購入した場合には、自賠責保険だけでは補償内容が乏しいことため、補償が充実している任意保険に加入する方がほとんどです。

ただ、自賠責保険と違って任意保険の保険料金は、補償内容や保険料金が損害保険会社みよって異なるため、自分に合った損害保険会社を選ぶことが大切です。

今回は、軽トラの任意保険はどこがいいのか?保険料金の相場はいくらなのか?軽トラの任意保険について紹介していきます。

軽トラの任意保険料金を大手保険会社で比較

自動車保険には、全国に代理店を構えて営業を行っている「代理店型」と、インターネットにて受付を行っている「ダイレクト型(ネット通販型)」の2種類に分けることができます。

また、日本3大メガ損保グループと呼ばれている、「東京海上ホールディングス」「SOMPOホールディングス」「MS&ADホールディングス」が、国内の損害保険契約の大半をこの3大メガ損保グループが占めている状況です。

3大メガ損保グループは、以下の損害保険会社で構成されています。

東京海上ホールディングスSOMPOホールディングスMS&ADホールディングス
東京海上日動火災保険損保ジャパン日本興亜あいおいニッセイ同和損保
日新火災海上保険セゾン自動車火災保険三井住友海上火災保険
イーデザイン損保 ー三井ダイレクト損保

上記の損害保険会社の中で、国内の自動車保険シェアの大半を占めているのが、日本4大メガ損保と呼ばれている「東京海上日動火災保険」「損保ジャパン日本興亜」「あいおいニッセイ同和損保」「三井住友海上火災保険」です。

最近、インターネットによる通販型自動車保険のテレビCMをよく見かけますが、実際には通販型自動車保険のシェアは、4大メガ損保の1/10程度しかありません。

軽トラの任意保険料金を、4大メガ損保で比較していきます。

 車両保険なしエコノミー車両保険一般車両保険
東京海上日動火災保険43,210円59,820円74,120円
損保ジャパン日本興亜47,720円64,430円81,440円
あいおいニッセイ同和損保48,620円66,700円83,790円
三井住友海上火災保険44,160円60,360円75,480円

各損害保険会社の保険料金計算シミュレーションを利用して、軽トラの任意保険料金を算出しました。

ただ、損害保険会社によって、特約やサービス内容が異なるため、全く同じ条件では保険料金の算出ができませんでした。あくまでも目安の保険料金として算出したことをご理解下さい。

代理店型の4大メガ損保には、各社様々な特約が用意されているので、各保険会社のサイトを参照して頂き、必要な用途に合わせて加入するようにして下さい。

JA共済の軽トラの任意保険

JA共済とは、全国共済農業協同組合連合会が、農業協同組合と共同で運営管理を行い、組合員や准組合員に必要な各種補償の企画や、掛け金の運用などを行っている共済事業です。

JA共済は、共済に加盟している組合員や准組合員の生活全般の保障を約束するため、自動車保険として、自動車共済「クルマスター」が用意されています。

農業協同組合の組合員以外の方が、JA共済の自動車保険に加入するには、農業協同組合へ出資金を支払って准組合員になることで、自動車共済「クルマスター」に加入することができます。

JA共済の自動車共済「クルマスター」は、農林水産省が管轄する農業協同組合が運営しているため、農業従事者にメリットがある自動車保険です。

 自動車共済の割引サービス

JA共済の自動車共済「クルマスター」には、以下の割引サービスがあります。

  • 農業用貨物車割引:JA共済オリジナル割引で、軽トラを農業用として使用する場合に共済掛金が10%割引になります。
  • 割増・割引等級制度:無事故を継続すると、最高で63%割引になる制度です。
  • 長期優良契約割引 :継続して契約を行い、ある一定の条件を満たすと共済掛金が最大で6%割引になります。
  • 複数台契約割引  :加入者が個人で、自動車共済に複数台加入している場合、共済掛金が5%割引になります。
  • ゴールド免許割引 :加入者が個人で、運転免許証の色がゴールドの場合、共済掛金が12.5%割引になります。

軽トラ以外で、農作業時に使用する農業機械で事故を起こした場合の保険特約として、「季節農業用自動車保障特約」などもあります。

軽トラの自動車共済「クルマスター」概算金額

自動車共済「クルマスター」の掛け金シミュレーションを使って、軽トラの保険料金を調べてみましたので、紹介します。

車両保険なしエコノミー車両保険一般車両保険
33,750円43,590円54,470円

JA共済の「掛け金シミュレーション」を使って保険料金を算出しましたが、特約などは加味していないので、参考程度に捉えて下さい。JA共済の自動車共済「クルマスター」の保険料金は、一般的な損害保険会社と比べて非常に安いことが分かります。

ただし、自動車共済「クルマスター」を利用するためには、最低でも農業協同組合へ出資金を支払って准組合員になる必要があるので、自動車保険以外でも共済を利用することをおすすめします。

また、大手損害保険会社と違って、農業協同組合職員が保険の担当をするため、事故を起こしたときの対応や交渉などに不安があるのも事実です。

安価な任意保険ですが、あくまでも共済なので、大手損害保険会社と比べて安心感という点では劣るかもしれません。もちろん、農業従事者の方にとってはメリットが多くあるので、自動車共済「クルマスター」は農業協同組合員には、おすすめの自動車保険です。

軽トラの任意保険料金相場

軽トラの任意保険料金の相場は、この記事で最初に紹介した4大メガ損保の保険料金を参考にすると、車両保険なし「約46,000円」、エコノミー型車両保険「約63,000円」、一般車両保険「約79,000円」です。

また、インターネットにて受付を行っている「ダイレクト型(ネット通販型)」の保険料金は、4大メガ損保の保険料金に比べて3,000円~5,000円程度安くなると思って頂いて構いません。

少し前までの軽トラの任意保険は、年齢条件による割引を受けることができず、ネット通販型の損害保険会社では、軽トラの任意保険に加入すらできないことがありました。

最近では、その辺りの加入条件が緩和されて、一部のネット通販型の損害保険会社を除いては、軽トラでも加入することができます。また、普通の車と同じように、年齢条件による割引が受けられるなど、軽トラのオーナーにとっては選択肢が増えて、任意保険の乗り換えを検討しやすくなっています。

任意保険料金の相場は、「加入する年齢」「事故歴」「等級」「付帯するサービス内容」によって大きく異なるため、目安程度に捉えるようにして下さい。

任意保険料金の詳細については、各損害保険会社の公式サイトを参照して下さい

軽トラの任意保険を選ぶ上での選び方や注意点

ここまで、軽トラの任意保険について紹介してきましたが、任意保険の選び方には「保険料金で選ぶ」「補償内容やサービス内容で選ぶ」「保険会社の知名度で選ぶ」などがあります。

任意保険に加入する目的は、自賠責保険の補償を補うために加入するため、万が一に備えて補償金額や補償内容などは、あまり妥協しないことをおすすめします。

例えば、高価な宝石店に軽トラで突っ込んでしまった場合、5,000万円の対物補償しか加入していなかったときは、店舗の修理代や在庫の宝石代などの補償が、保険金だけでは足りないことがあります。

せっかく任意保険に加入していても、事故を起こしたときに保険が適用されない!などのトラブルを防ぐためにも、補償内容やサービス内容で選ぶことが、軽トラの任意保険を選ぶ上では最も重要です。

保険料金だけに執着するのではなく、補償内容は大丈夫なのか?サービス内容に漏れはないか?など、加入するときには十分に注意して下さい。

迷っている方は「保険スクエアbang!」がおすすめ!

保険スクエアbang!は、自動車保険の一括見積サイトで、簡単な登録を行うだけで、提携している複数の損害保険会社へ一括見積を出すことができます。

保険スクエアbang!には、一括見積の他にも、保険料金をシミュレーションできる「即時計算機能」や、保険料金を比較することができる「見積り比較機能」などのサービスがあります。

どこの保険会社が良いのか?損害保険会社選びで迷っている方は、自分に合った最適な損害保険会社を簡単に選ぶことができる「保険スクエアbang!」の利用をおすすめします。

まとめ

軽トラの任意保険の保険料金や選び方などについて紹介してきましたが、保険料金だけで選ぶなら、JA共済が最も安い保険料金で加入することができます。

ただし、加入するには農業協同組合員か准組合員になる必要があるので、手軽に加入できる訳ではありません。

軽トラを自家用車として使用するなら別ですが、軽トラを業務で使う場合には、走行距離の制限が設けられているような、ネット通販型の任意保険はおすすめできません。

最適な軽トラの任意保険を調べたい方は、最後に紹介した自動車保険の一括見積サイト「保険スクエアbang!」の利用をおすすめします。

【編集部おすすめ】

ネット上の口コミ・評判の良い中古車ディーラーを都道府県別に紹介!

「中古車選びに失敗したくない…。」
「愛車をできるだけ高く売りたい…。」

そのようなお悩みを持つ方は、こちらを詳しくみてみるのがおすすめ!