女性に人気の軽自動車は?カワイイ・オシャレなおすすめ車種を紹介!

軽自動車は、日本で製造・販売されている自動車の中で最も小さな車で、排気量が660cc以下と定められています。現在販売されている軽自動車は、居住性や安全性能が非常に高く、国内で販売されている自動車の約40%が軽自動車です。

軽自動車は、ボディサイズがコンパクトなことから、女性を中心に幅広い年代から高い人気を得ています。今回は、女性に人気のカワイイ・オシャレな軽自動車について紹介させて頂きます。

目次

女性が軽自動車を購入するメリット・デメリット

軽自動車とは、排気量「660cc以下」、「全長3.4m以下/全幅1.48m以下/全高2m以下」の自動車のことで、この規格を超えてしまうと小型乗用車になってしまいます。

この限られた小さな規格の中で、ユーザーの意見を取り入れながら、各自動車メーカーが知恵を絞って軽自動車の開発を日々行っています。女性が軽自動車を購入するメリット・デメリットを、スズキの人気車種を例に挙げて説明していきます。

スクロールできます
項目軽自動車小型自動車
車名スペーシアソリオ
車両タイプ軽スーパーハイトワゴンコンパクトミニバン
新車車両本体価格1,312,300円~1,656,600円1,515,800円~2,148,300円
全長3.395m3.790m
全幅 1.475m1.645m
全高1.785m1.745m
ホイールベース2.460m2.480m
室内長さ2.155m2.500m
室内幅1.345m1.420m
室内高さ1.410m1.365m
最低地上高0.150m0.140m
最小回転半径4.4m4.8m
車両重量850kg~920kg960kg~1,040kg
乗車定員4名5名
排気量660cc1,200cc
燃費性能20.2km/L~22.2km/L17.8km/L~19.6km/L
安全装備サポカーSワイドサポカーSワイド
自動車税10,800円30,500円
実用性
経済性
参照元:SUZUKI公式サイト

・新車車両本体価格は「税込み」です。
・燃費性能の単位は「WLTCモード」です。

会社創立100周年を迎えたスズキは、軽自動車を中心に国内販売台数・第3位を誇る国内最古の自動車メーカーです。

現在、スズキが販売している車の中で、特に販売台数が多い車種がスペーシアで、子育て世代の若い女性から高い人気を得ている軽スーパーハイトワゴンです。

スズキを代表する上記2車種を比較した結果、女性が軽自動車を購入するメリット・デメリットは以下の通りです。

スクロールできます
メリットデメリット
新車車両本体価格が安いコンパクトミニバンと比べて、室内が狭い
ボディサイズが小さいため、運転しやすい4名までしか乗車することができない
最小回転半径が小さく、小回りが利く排気量が小さいため、小型自動車より非力
燃料代や税金が安いため、経済面で優れているホイールベースが短いため、乗り心地はあまり良くない
女性に配慮した収納や装備、可愛いデザインの車種が豊富車両重量が軽いため、横風や強風には弱い

女性が軽自動車を購入する際の選び方

女性が軽自動車を購入する際の選び方としては、「運転のしやすさ」や「維持費が安い」などのほかに、「デザイン」や「使用する用途」などで選ぶ方法もあります。それぞれの選び方について、簡単に説明していきます。

運転のしやすさで選ぶ

軽自動車は、ボディサイズが最も小さな自動車で、背の低い女性でも運転できるのが最大の魅力です。

軽自動車は、全幅・1.480m以下で、最小回転半径・4.5m以下しかないので、狭い道路でのすれ違いや車庫入れなども、容易に操作することができます。

また、ワゴンRなどの軽ハイトワゴンや、更に全高が高いスペーシアなどの軽スーパーハイトワゴンは、運転席のシート位置が高いため、視界が広く背の低い女性でも安全に運転することができます。

運転のしやすさで選ぶなら、軽ハイトワゴンや軽スーパーハイトワゴンがおすすめです。

維持費で選ぶ

軽自動車は、普通車よりも新車車両本体価格が安い車種が多く、登録諸費用を含めても100万円を切る自動車があります。

また、燃費性能に優れているため、燃料代や自動車税も安く、車を購入した後の維持費を最低限に抑えることができます。

また、オイルパンの容量も小さいので、オイル交換費用なども安く抑えることができます。維持費で選ぶなら、燃費性能に特化しているアルトのような軽自動車がおすすめです。

デザインで選ぶ

最近の軽自動車は、女性をターゲットにしているデザインが多く、豊富なボディカラーやレトロ風の外観など、オシャレでカワイイ車種が多く販売されています。

また、内装のインテリアも女性ウケするデザインが多く、個性的な車種を自由に選ぶことができます。

デザインで選ぶなら、「マイスタイル・マイワゴン」をデザインテーマにしているワゴンRや、全15色から好きなボディカラーが選べるムーヴキャンバスがおすすめです。

用途で選ぶ

背が低い形状のものから、オフロード走行が得意なSUVまで、趣味や使う用途によって、好きなタイプの車種を選ぶことができます。

日常使いをメインに使う軽自動車でも、オシャレなデザインに拘りたい方には、リーズナブルな価格が魅力のミラトコットやラパン、子育て中の女性には、低燃費で収納力があるスペーシアや、圧倒的な室内空間が魅力のタントがおすすめです。

また、アウトドアやソロキャンプを楽しみたい方には、個性的なデザインと走行性能に優れている軽クロスオーバーSUVのハスラーやタフトなどもおすすめの軽自動車です。このように、趣味や使用する用途によって、カワイイ・オシャレな軽自動車を選んで下さい。

女性が中古で軽自動車を購入する際に注意すべきポイント

中古の軽自動車は、中古車市場でも非常に人気があり、数え切れないほどの車種が流通しています。

その中から、良質な中古車を選ぶことは大変で、特に自動車に詳しくない女性が中古の軽自動車を購入する際には、それなりの目利きが必要です。

購入後にガッカリしないためにも、女性が中古で軽自動車を購入する際に注意すべきポイントをいくつか紹介します。

外装のチェック

自動車に詳しくない女性が、修復歴やボディの板金跡などをチェックするのは難しいと思いますので、外装に目立つ傷や凹みが無いことを確認して下さい。

もし、傷や凹みがある場合は、納車までに無料修理が可能なのかと、下回りを含めてサビの有無を確認して下さい。小傷やサビが多い自動車は、程度が良いとは言えないので、購入の見送りをおすすめします。

エンジンルームのチェック

エンジンルームを開けて、エンジン本体やラジエターなどのオイル漏れや、水漏れの有無を目視で確認して下さい。

エンジン本体からオイルが滲んでいる場合は、修理で直ることもありますが、多額の費用が掛かる場合もあえるので、できれば購入を見送ることをおすすめします。

また、ラジエターの水漏れについては、サーモスタットやホース類・ラジエターキャップの劣化によるものが多く、難しい修理ではないので大丈夫です。

ただし、オーバーヒートによる水漏れ跡の場合は、致命的な故障につながるため、購入を見送るようにして下さい。

エンジン音のチェック

ボンネットを開けた状態で、エンジンを始動して音を確認して下さい。

もし、違和感のあるエンジン音や、アイドリングが不安定な場合には、電気系のトラブルか燃料ポンプなどが故障している可能性が高いので、修理可能か店の方と相談して下さい。

また、エンジンの回転数を上げたときに白煙が出るような自動車は、オイルが一緒に燃えている可能性があるので、絶対に購入しないようにして下さい。

ミッションのチェック

エンジンを掛けてブレーキを踏んだ状態で、オートマティックのレバーを「P→R」や「P→D」に入れたときに、ミッションのショックが大きい自動車は要注意です。

特に低年式車や過走行車に良く起こる症状で、トランスミッション本体が壊れている可能性があります。

オートマティックのトランスミッション交換は、大変な作業ですから、ミッションのショックが大きい自動車は購入しないようにして下さい。

内装のチェック

内装のチェックで最初に行うのは、車内の匂いを確認することです。前オーナーが、子供をやペットを乗せていた自動車は、車内が不衛生になっていることが良くあります。

簡単な清掃しかしていない自動車は、獣臭がきつく、ダニが繁殖している場合もあるので注意して下さい。車内の匂いは、簡単な清掃では落とせないので、車内清掃のプロに依頼することをおすすめします。また、低年式車や過走行車を購入する場合は、シートのへたり具合や、ステアリングの状態を確認して下さい。

走行距離がそれほど多くないにも関わらず、シートのヘタリが酷かったり、ステアリングがツルツルになっている自動車は、メーター改ざん車の疑いがあります。メーター改ざん車は、中古車としては最低評価の自動車ですから、絶対に手を出さないようにして下さい。

エアコンのチェック

軽自動車に限らず、中古車を購入するときには、エアコンの動作確認は必須のチェック項目です。もし、エアコンの風量をMAXにしても風が弱い自動車や、冷たい風が出ない場合には、エアコン修理が必要です。

また、エアコンから嫌な臭いがする場合は、エバポレーターに問題があるため、購入するのは控えた方が良いかもしれません。エアコンの修理費用は高額になるため、エアコンに不安がある自動車は購入を控えることをおすすめします。

試乗して全体をチェック

気になる中古の軽自動車を購入するときには、できることなら試乗を行って下さい。

試乗をすることで、足回りの違和感や走行性能の確認もできますし、シートの座り心地や運転のしやすさまで体感することができます。

試乗した際に違和感がある自動車は、良い中古車とは言えないので、購入する際には十分注意して下さい。

どのような女性に軽自動車がおすすめ?

結論から言いますと、軽自動車は生活費を節約したい方や、運転に自信がない方におすすめの自動車です。

特に子育て世代の女性は、限られた生活費の中で子育てを行っている方がほとんどで、自動車に掛かる費用をできるだけ抑えたいはずです。

そのように自動車は必要だけど、できるだけお金は掛けたくないと言う女性には、経済性に優れている軽自動車がおすすめです。

また、自動車がなくては生活に支障がでる地域にお住いの女性にとっては、移動手段として維持費が安く、運転しやすい軽自動車はおすすめです。

男性よりも圧倒的に女性から高い支持を得ている軽自動車は、幅広い年齢の女性におすすめの自動車です。

女性におすすめするデザインがカワイイ・オシャレな軽自動車

軽自動車の中で、特に人気があるカワイイ・オシャレな軽自動車を紹介します。何を買おうか迷っている女性は、是非参考にして下さい。

ダイハツ・キャストスタイル

キャストスタイルは、スーツ姿の女性もオシャレにドライブを楽しむことができる、ファッション性を重視したデザインが特徴の軽ハイトワゴンです。

エクステリアには、レトロ調のメッキパーツが多く採用されているため、上質で飽きのこない都会的テイストに仕上がっています。

ボディカラーも一般的なモノトーンカラーに加えて、個性の強いデザインフィルムトップをメーカーオプションで選ぶことができます。

また、ブラックと高級感のある木目調パネルのインテリアで、スウェード調のフルファブリックシートの座り心地は抜群です。カワイイだけじゃ物足りない女性には、キャストスタイルがおすすめです。

ダイハツ・ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスは、2016年から販売されている軽ハイトワゴンで、ムーヴシリーズ初のスライドドアが採用されています。

全高が1.7mを超える軽スーパーハイトワゴンには、スライドドアが定番になっていますが、全高が1.7m以下の軽自動車にスライドドアを採用したのはムーヴキャンバスが初めてです。

また、ムーヴキャンバスは、日常生活をより楽しくするための軽自動車として開発が行われ、「女性が好むデザイン」「使い勝手を追求した収納力」「運転していて楽しいインテリア」など、女性に寄り添う自動車として販売戦略が行われています。

ムーヴキャンバスは、丸みを帯びたレトロ調の可愛いデザインが特徴で、ボディカラーも通常では採用されないストライプカラーも用意されています。

便利装備としては、リヤシートの下に引き出し式収納スペース「置きラクボックス」を採用するなど、女性にとっては嬉しい装備です。

ムーヴキャンバスは、軽スーパーハイトワゴンと比べると室内の広さでは劣りますが、デザインや機能性では軽自動車トップクラスでおすすめです。

ダイハツ・タント

タントは、2003年から販売されているダイハツを代表する軽自動車で、初代タントが発売された当時は、室内長さやホイールベースが軽自動車で最長であったことから、軽スーパーハイトワゴンの言葉が誕生したと言われています。

2019年当初のキャッチフレーズは「クルマを超えて。新時代のライフパートナー」でしたが、2020年12月に行われたマイナーチェンジでは「進化するライフパートナー」のキャッチフレーズに変更されています。

初代タントから4代目タントまで、キャッチフレーズの通り、現在でもタントは進化し続けています。運転席が最大で540mmスライド可能で、軽自動車とは思えないほど広い運転席が魅力です。

また、タントには軽自動車としては業界初の助手席イージークローザードアが採用されるなど、実用性が高い軽自動車に仕上がっています。

助手席ドアとスライドドア間のピラーがない「ピラーレス」を採用しているタントは、開口部が広く小さな子供がいる女性におすすめの軽自動車です。

スズキ・ラパン

ウサギのマークが可愛いラパンは、弁当箱をイメージした可愛いデザインが特徴で、アルトよりも車内空間が広いことに加えて、女性の購買意欲を増すオシャレなインテリアが魅力の軽自動車です。

ラパンを購入したユーザーの約9割が女性のため、スズキの社内では「女性ワーキンググループ」を立ち上げて、女性による企画・開発が行われた結果、現在の3代目ラパンが誕生しました。

そのため、ラパンには女性が喜ぶ装備が盛り込まれた軽自動車で、お肌や髪に優しい「ナノイーエアコン」や、日焼けからお肌を守る「プレミアムUV&IRカットガラス」など、快適装備が充実しています。

現在販売されている3代目ラパンも、女性にとって自分の部屋のような車内空間になっており、カワイイ・オシャレな軽自動車としておすすめです。

スズキ・スペーシア

スペーシアは、2013年からパレットの後継車として販売されているスズキの軽スーパーハイトワゴンです。スペーシアは、スーツケースの形をイメージしたデザインで、女性からのヒアリングを元に開発が行われた軽自動車です。広い車内空間と利便性の良い装備などが、子育て世代の若い女性から高い人気を得ています。

スペーシアの快適装備として注目なのは、前席と後席の温度差をなくす「スリムサーキュレーター」を搭載したモデルがあり、空気を循環させることで季節に関係なく車内全体を適温にすることができます。

また、エアコンの風量を調節する「エアコンルーバー」が装備されているので、顔や体に風が直接当たるのを防ぐことができます。

可愛いデザインに加えて、クラストップレベルの車内空間と低燃費が魅力のスペーシアは、子育て世代の女性から人気がある軽自動車です。

女性に人気の軽自動車を中古で探すおすすめの方法

市場に流通している中古車の半数近くが軽自動車で、その中から希望の1台と出会うことは至難の業です。そこでおすすめしたいのが、中古車お探しサービス「ズバブーン.jp」です。

中古車探しが初めての女性や、中古車探しがあまり得意じゃない女性にとっても、ズバブーン.jpは頼りになるサイトです。

ひろし

それでは、ズバブーン.jpのサービスについて、紹介をさせていただきます!

中古車提案サービス「ズバブーン.jp」とは?

「ズバブーン.jp」は中古車販売大手のガリバーと提携しており、希望条件にぴったりの車を車選びのプロが無料で紹介をしてくれます。

使い方は非常に簡単で下記の4ステップです。公式サイトから無料登録をして、あとは希望にあった車が見つかるのを待つだけなので、忙しい方でも手間をかけずに良質な中古車を見つけることができます。

また「ズバブーン.jp」の最大の特徴としては、インターネット上には流通しない非公開車両を紹介してくれることです。

実は私たちがインターネット上で探すことができる車両は中古車市場全体の約30%程度といわれています。

もし「ズバブーン.jp」を使えば残りの70%の非公開車両からも自身の希望にあった車を見つけることができるので、理想に近い車とめぐり逢うチャンスが生まれます。

ひろし

「ズバブーン.jp」は累計100万台以上の販売実績があるので、多くの人が希望にあった中古車を見つけることができています!なので安心してサービスを利用することができますよ!

現在予算内でどのような車を購入できるのか迷っているという方は、登録も利用も無料なので、ぜひ「ズバブーン.jp」を利用してみると良いでしょう。

ズバブーン.jpの特徴まとめ
  • 中古車販売大手のガリバーと業務提携をしており累計100万台以上の実績
  • 安心の全車種保証付き(国産車最長10年・輸入車最長5年)
  • クルマの修復歴はチェック済みなので納車時の徹底検査で安心
  • ネットで登録したらガリバーから連絡をくるのを待つだけ
  • インターネット上には出回らない非公開車両を厳選して紹介してくれる

まとめ

女性に人気の軽自動車について紹介してきましたが、可愛くてオシャレなデザインの車種を選ぶのか?利便性や維持費が安い車種を選ぶのか?最近の軽自動車は、女性が魅力を感じる自動車ばかりで、車種を決めるだけでも大変です。

女性に人気の軽自動車は、中古車市場でも人気が高く、決して格安で購入することができる車種ではありません。

しかし、今回紹介した「ズバブーン.jp」を利用することで、市場に出回る前に商談することができるので、良質な軽自動車でも比較的安い価格で購入することができるので、試しに利用されてみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次