ジムニーの値引きの限界額は?値引き相場とあわせて値下げ交渉術を徹底解説!

国内のみならず、世界中でこれほど愛されている軽自動車があるでしょうか。

1970年にジムニーが誕生してから50年以上が経過した現在でも、本格的なオフロード車としてジムニーの評価は高く、その人気は年々増すばかり。

今回は、ジムニーの値引きの限界額と、値引き相場を中心に徹底解説していきます。また、記事の最後には値下げ交渉術も紹介するので、最後までぜひご覧くださいね。

目次

スズキ・ジムニーのスペック情報や魅力について

ジムニーは、強靭なラダーフレームに身を包んだ、唯一無二の本格的な軽オフロード車です。

ひろし

それでは、ジムニーのスペック情報と魅力について解説していきます。

ジムニーのスペック情報

ジムニーのエンジンには、軽自動車の枠を超えた力強いトルクが自慢の「水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボエンジン(R06A型)」だけが用意されています。ジムニーのスペック情報を表にまとめみました。

   

スクロールできます
項目XGXLXC
型式3BA-JB64W3BA-JB64W 3BA-JB64W
全長3,395mm3,395mm3,395mm
全幅1,475mm1,475mm1,475mm
全高1,725mm1,725mm1,725mm
室内長さ1,770mm1,795mm1,795mm
室内幅1,300mm1,300mm1,300mm
室内高さ1,200mm1,200mm1,200mm
ホイールベース2,250mm2,250mm2,250mm
最低地上高205mm205mm205mm
車両重量1,040kg~1,050kg1,040kg~1,050kg1,040kg~1,050kg
乗車定員4人乗り4人乗り4人乗り
エンジン直列3気筒DOHC12Vインタークーラーターボ直列3気筒DOHC12Vインタークーラーターボ直列3気筒DOHC12Vインタークーラーターボ
駆動方式パートタイム4WDパートタイム4WDパートタイム4WD
排気量660cc660cc660cc
燃料システムガソリンガソリンガソリン
最高出力64ps64ps64ps
最大トルク9.8kgf・m9.8kgf・m9.8kgf・m
燃料消費率 (WLTCモード)5MT:16.6km/L
4AT:14.3km/L
5MT:16.6km/L
4AT:14.3km/L
5MT:16.6km/L
4AT:14.3km/L
参考情報
  • ジムニー(諸元表):https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/detail/pdf/detail.pdf

ジムニーのグレードは、

  • 無駄な装備は抑えたエントリーモデル「XG」
  • XGをベースにフォグランプやシートヒーターなどを備えた「XL」。
  • LEDヘッドランプやクルーズコントロールシステムなど、便利装備が魅力の最上級モデル「XC」

の3グレードが用意されています。

純粋にジムニーに乗りたい人には、必要最低限の装備で安価で購入しやすい「XG」で十分ですし、フルオートエアコンなどある程度の装備が必要な人には、中間グレードの「XL」がおすすめです。

最上級グレードの「XC」は、予算に余裕がある人にはおすすめしますが、豪華装備の必要性が感じにくいジムニーには、個人的にはおすすめしません。

ジムニーの魅力

日本自動車殿堂の「歴史遺産車」に初代ジムニーが選定され、名実ともに歴史に名を刻む「名車」の仲間入りを果たしたジムニー。

なぜジムニーがこれほど愛され続けるのか?ここでは、ジムニーの魅力について解説していきます。

オフロード車としての誇り

近年の自動車には、広い車内空間の確保や乗り心地を重視するため、モノコック構造を採用している車が大半を占めています。

モノコック構造は、メリットばかりではなく、フレームとボディが一体構造になっているので、強い衝撃を受けるとフレームにまでダメージを受けるデメリットがあります。

それに対してラダーフレームは、ボディとフレームが別になっているため、ボディが損傷しても、フレームに問題がなければ走行することができます。

そのため、未舗装道路や険しい悪路走行に関しては、ラダーフレームの車両が適していると言われています。

現在販売されている国産乗用車で、ラダーフレームを採用している車両は「ランドクルーザー」「ランドクルーザープラド」「ハイラックス」「ジムニー」の4車種しかありません。

更に絞ると、軽自動車でラダーフレームを採用してるのは、ジムニーしかないと言うことになります。

他の3車種と比べて軽自動車のジムニーは、「低価格」「軽い」「燃費性能に優れている」「維持費が安い」「運転がしやすい」など、メリットが非常に多いオフロード車と言えます。

このような理由から、本格的な小型オフロード車はジムニーしかないため、「ジムニスト」と呼ばれるジムニー愛好家が世界中に存在している訳です。

使用用途の幅が広い

ジムニーは、過酷な環境化で使用できる軽自動車として、様々な用途で活躍しています。

  • オフロードの競技車両
  • 過酷な地域の作業車
  • スキー場などの雪道車
  • 海水浴場などのパトロール車
  • 河原などを走行するレジャー用

上記のような、未舗装道路や悪路の環境化でこそ、ジムニー本来の性能が発揮されます。

古さを感じないデザイン

初代ジムニーが販売されてから50年以上が経過しますが、その間にフルモデルチェンジは「3回」だけ。

ほとんどの車が3年~5年の周期でフルモデルチェンジを行う中、10年以上大きな変更を行わないジムニーは世界的にも稀な車種です。

このロングモデルカーライフは、古さを感じさせないジムニー最大の魅力と言っても良いでしょう。

伝統のパートタイム4WD

電子制御式のフルタイム4WDが主流の中、ジムニーには通常のトランスミッションとは別に「副変速機」が搭載されています。

副変速機は、2WD走行から4WD走行に手動で切り替えるトランスファーレバーで、道路状況によって3段階の切り替えができます。

  • 2H:通常走行(FR走行)時のポジション。
  • 4H:雪道や荒れ地走行(4WD高速走行)時のポジション。
  • 4L:泥道/急勾配走行(4WD低速走行)時のポジション。

最近の車に採用されている電子制御式フルタイム4WDやAWDは、通常走行をメインとした4輪駆動のため、過酷な道路環境では4駆性能が発揮できない恐れがあります。

ジムニーが採用しているトランスファーレバーの「4L」は、2WD走行時の約2倍の駆動力を発揮できるので、万が一スタックしても難なく脱出することが可能です。

ジムニーのパートタイム4WDは、真のオフロード車として最大の魅力です。

機能重視のインテリア

ジムニーのインテリアは、とにかく「シンプル」。いかなる態勢になっても、車両姿勢が確認できるよう「水平基調」にインパネ周りのデザインに統一されています。

良く触る部分には、傷や汚れが目立ちにくい特殊表面処理が施されています。パワーウィンドウスイッチをセンターに配置するなど、過酷な状況下でも操作しやす工夫がなされています。

広いラゲッジスペース

ラゲッジスペースは、後席を前に倒すことで「荷室幅・1,300mm×荷室高さ・850mm×荷室奥行・980mm」もあるので、ゴルフバック×2個を余裕で積むことができます。

後席を倒すことで、352Lものラゲッジスペースが確保できるので、軽自動車としては十分過ぎる容量を備えています。

先進の安全性能

ジムニーには、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が全グレードに標準装備。

また、衝突安全技術として「軽量衝撃吸収ボディー・テクト」や「歩行者傷害軽減ボディー」なども採用しています。

その他にも、6つのSRSエアバッグや車両走行安定補助システムなど、ジムニーの安全機能は軽自動車の中でもトップクラスです。

ジムニーのリセールバリュー

ジムニーは、世界中に熱狂的なファンを抱えるアイドル車で、古い年式のジムニーは破格の価格で取引が行われています。

果たしてジムニーの中古車としての価値は、どれくらいでしょうか?ここでは、ジムニーのリセールバリューを解説していきます。

スクロールできます
項目新車価格中古車相場リセールバリュー
ジムニー990,000円~1,900,000円99,000円~3,700,000円10%~195%
参考情報
  • ジムニー価格相場:https://www.goo-net.com/catalog/SUZUKI/JIMNY/market/

リセールバリューを算出するには、「中古車相場÷新車価格×100=(%)」の計算式を使います。リセールバリューが、約200%と言う非常に高い数値のジムニーですが、その大半は「ミッション車」に限定されます。

逆に年式が古く、走行距離の多いオートマチック車は、リセールバリューが極端に低く、二束三文で取引される車両もあります。ジムニーでリセールバリューが高いのは、車両の状態や年式問わず、ミッション車に限ることを覚えておいて下さい。

ジムニーを購入するなら新車と中古車どちらが良い?

ジムニーは、1,555,400円~1,903,000円の価格帯で、新車が販売されています。ただ、新車は半導体不足やコロナ感染症の影響によって、納期が半年以上待ちの状況です。

そのため、高年式のジムニーは中古車市場でも相場が高く、最悪の場合は新車よりも高い車両があります。早く乗りたい人にとっては、中古車がおすすめですが、年式の妥協は否めません。

ジムニーは非常にリセールバリューが高い車種で、ミッション車であれば新車を買っても損することはありません。納期遅延と言うデメリットを踏まえても、ジムニーは新車(ミッション)購入をおすすめします。

ジムニーの値引き限界額と値下げ交渉術

ジムニーは値引きが非常に渋いと言われていますが、その情報は本当なのか?ここでは、ジムニーの値引き限界額と、値下げ交渉術について解説していきます。

ジムニーの値引き限界額

一般的にジムニーの新車値引きは、どのくらいで行われているのか?ジムニーの値引き額の調査として、Twitterの口コミ投稿を紹介します。

SNS上の口コミ投稿を拝見しましたが、ジムニーの値引き額は軽自動車とは言え、非常に少ない印象です。スズキが強気な商売ができる理由としては、ジムニーには「ライバル車が存在しない」と言うのが1番です。

また、軽自動車はメーカーからの仕入れ原価が非常に安く、値引きをしないで販売することが当たり前になっているからです。

多くの人は「1万円~5万円」の車両値引きで、オプションパーツ値引きを含めても「5万円~10万円」くらいが、妥当な値引き額といえるのではないでしょうか。

ジムニーの値下げ交渉術

ジムニーの値引き交渉術ですが、「非常に難しい」が率直な意見です。値引き幅の少ない軽自動車に加えて、強力なライバル車が不在のため、値下げ交渉は難航することでしょう。

ここでは、値下げ交渉が厳しいジムニーを、少しでも安く購入するための「値下げ交渉術」について解説していきます。

販売店同士に競わせる!

スズキのディーラーは?と聞かれた場合、多くの人は「S」の看板が頭に浮かびませんか?

また、「スズキ自販〇〇」や「スズキアリーナ〇〇」など、同じスズキでも呼び方の違う看板を目にしたことがあるはずです。

スズキの販売店には、「直販店」と「協力店」の2種類あり、どちらの販売店でもディーラーとしての役割を果たしてします。

ジムニーには、これと言ったライバル車が存在しないので、スズキの販売店同士で競合させるようにして下さい。その場合には、直営店同士や協力店同士で競合するのではなく、親会社の異なる「直営店と協力店」で、競わせることがポイントです。

直営店と協力店の見極め方は、スズキ自販が屋号についているのが「直営店」、それ以外が「協力店」と思って頂いて構いません。

スズキ販売店同士で相見積もりを行う場合は、販売店の見極めに注意して下さい。

繁忙期を狙う!

自動車業界の繁忙期は決算時期の「3月」で、新入生や新入社員が車を買う時期とも重なります。値引き額が極端に少ないジムニーを安く買うなら、ディーラーが強気で契約を取りに来る3月が絶好の「買うタイミング」です。

購入する意思の強さが重要!

車を購入する商談では、「購入したい!」と言う強い意志表示が重要!買うのか?買わないのか?ハッキリしない客に対して、営業マンが本気で相手にする訳がありません。

値引きの交渉を行う前に、まずは「ジムニーを買いたい!」と言う想いを、営業マンに伝えることが大切です。営業マンも人間ですから、熱い想いに心が動かされることがあるかもしれません。

良質な値引き中古車を探す方法は?

良質な値引き中古車を探す方法はある…?

ひろし

もちろんです。ここでは良質な値引き中古車を見つけるために便利なサービスを紹介していきます!

【結論】ズバブーン.jpを利用するのがおすすめ!

良質な値引き中古車(掘出し物)を見つけるには、結論からお伝えすると「ズバブーン.jp」という中古車提案サービスを利用するのがおすすめです。

ズバブーン.jpというサービスはどういった内容なの?

ズバブーン.jpのサービスは株式会社Bangが運営するサービスです。サービスの内容は中古車大手ガリバーと提携しており、あなたの希望条件にマッチした良質な中古車を無料で紹介してくれます。

使い方は非常にシンプルで、公式サイトから無料登録をして、あとは希望にあった車の紹介を待っているだけでOKです。忙しい方でもたった無料登録をするだけで希望にあった中古車を見つけることができるのでネット上の膨大な情報から希望にあった車を探す手間が省けます。

さらにズバブーン.jpをおすすめする最大の理由は、「ネットには出回らない非公開車両を紹介してくれる」からです。実際に私たちがインターネット上で探すことができる中古車は、中古車市場全体の約30%といわれています。

上記の画像を見てわかる通り、ほとんどの情報が非公開とされています。そのためネット上では私たちが本当に求めてる車両の情報が流通されていないのです。

もしズバブーン.jpを利用すれば、非公開とされている70%の車両情報からも、車探しのプロが見つけてきてくれるので、より希望条件に合致した1台が見つかりやすくなります。

したがって良質な値引き中古車を探している方はズバブーン.jpに無料登録をしてみてはいかがでしょうか?

ズバブーン.jpの特徴まとめ
  • 中古車販売大手のガリバーと業務提携をしており累計100万台以上の実績
  • 安心の全車種保証付き(国産車最長10年・輸入車最長5年)
  • クルマの修復歴はチェック済みなので納車時の徹底検査で安心
  • ネットで登録したらガリバーから連絡をくるのを待つだけ
  • インターネット上には出回らない非公開車両を厳選して紹介してくれる

ズバブーン.jpに関するよくある質問

なんで無料で利用ができるの?

提携業者からの広告費でズバブーン.jpが運営されているためサービス利用料は無料です。

車に詳しくなくても安心して利用できる?

ズバブーン.jpでは車探しのプロが丁寧にあなたの希望条件にあった高品質な中古車を責任もって探してくれます。またどんなに些細な悩みでも気軽に相談することも可能です。面倒な押し売りなどはないので安心して利用することができます。

新車と比べて中古車はすぐに壊れない?

ズバブーン.jpは入庫時に検査を実施し、納車前点検および整備・車内クリーニングを徹底しておこなっています。そのため初めて中古車を購入する不安のある方でも安心して利用することができます。

中古車値引きの3原則

ひろし

ズバブーン.jpで希望の車に巡り合えたら、以下の中古車値引きの3原則を思い出してくださいね!

  1. 値引き相場を把握したうえで交渉に臨む
  2. 予算を正直に伝える
  3. 競合車を兼ね合いに出す

値引き相場を把握したうえで交渉に臨む

中古車販売店は基本的に値引きはしないスタンスが前提にあります。中古車の場合は限られた利益のなかから店舗側は値引きをすることになるため大きな値引きは期待できません。もし値引き交渉をするとしても販売額の5~8%程度が値引きの限度ではないでしょうか。

予算を正直に伝える

中古車販売店は値引きしないスタンスがほとんどなので、もし希望の金額とマッチしない場合は、正直に購入予算を伝えることが重要です。そうすることで営業マンは予算の範囲内に収める努力をしてくれる可能性が高くなります。

競合車を兼ね合いに出す

もし他店の見積もり書があれば、その見積もり書を提示しつつ値引き交渉をする方法があるので、頭の片隅に入れておくと良いでしょう。ただ無茶な値引きは中古車販売店側を困らせるだけでなく逆効果なので「この金額であれば購入する」という明確な意思表示を示すことが重要です。

新車が欲しいという人はカーリースという手段もおすすめ!

せっかくなら中古ではなく新車が欲しいな…。

ひろし

そういった方はカーリースという方法がおすすめです!

カーリースは税金や車検などが全てコミコミで毎月月額料金を支払えば新車に安く乗れるサービスです。

支払い計画が立てやすく、新車に安く乗れることが最大の特徴です。また契約期間終了後に別の車種に乗り換えることもできるため短期間でいろいろな車種に乗ってみたいという方にはカーリースという手段がおすすめかと思います。

具体的におすすめのカーリースはこちらになります!

ニコノリカーリース

項目内容
運営会社株式会社レンタス
設立2008年12月
本社神奈川県横浜市港北区新横浜2-6-1 アーバス新横浜8F
公式サイトhttps://www.niconori.jp/
おすすめポイント
  • 国産全車種OK!どこよりも車種・プランが選べる!
  • たった10分のスキマ時間で何度でも365日相談OK!
  • 全国9,000ヶ所以上の自動車整備工場と連携しているので乗り始めてからも充実のサポート体制!

リースナブル

項目内容
運営会社株式会社三和サービス
設立2001年8月
本社愛知県名古屋市西区上小田井1-43-2
公式サイトhttps://leasonable.com/
おすすめポイント
  • 購入時の出費が安い!頭金・登録料0円!
  • 余分な支払いゼロでローンより安く!月額も安い!
  • リースナブルだけの車両割引があるのでお得な料金で利用ができる!
  • 全車種安心のメーカー保証5年付き!
  • 車検も全国対応&しかもすべて無料!
  • リース期間中でも乗り換えできる!いつでも解約OK!(※実費負担が発生する可能性あり)

KINTO

項目内容
運営会社株式会社KINTO
設立2019年1月
本社愛知県名古屋市中村区名駅4-8-18 名古屋三井ビルディング北館14F
公式サイトhttps://kinto-jp.com/
おすすめポイント
  • トヨタの新車に月額料金で乗ることができる!
  • カーリースには珍しい自動車保険も月額料金にコミコミ!
  • メンテナンスや車検、故障修理、消耗品交換も全てコミコミ!
  • ライフプランにあわせて次の車も新車で乗り換えOK!
  • 注目の『bZ4X』を乗るにはKINTOだけ!

まとめ

ジムニーは、軽自動車と言っても遊び心の強い特殊な車種です。ジムニーを買うユーザーは、安ければ何でも良い訳ではなく、ジムニーでなければNG。

軽自動車で本格的なオフロード車を求めている人には、ジムニーが最適ですし、ジムニーしか選択肢がありません。値引きが非常に渋いジムニーですが、今回の記事をもう一度よく読んで頂き、値引きの限界額(10万円以上)を狙って下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次