当サイトは一部広告収益で運営しております。

車のサイドミラーが故障!ドアミラーの修理費用の相場・修理方法を徹底解説!

細い道路でのすれ違いのときや、壁などで擦ってしまったときなど、サイドミラーはバンパーと同じくらい破損しやすい部品の1つです。

もし、サイドミラーが故障した場合は、車を安全に走らせることができなくなります。

今回は、サイドミラーの故障について、修理費用や修理方法を徹底解説していきます。尚、筆者の経験に基づいた修理費用の相場も紹介していきますので、最後まで読んで下さいね。

目次

車のサイドミラーが故障!

車のサイドミラーが故障したときには、いくつかの症状が現れます。ここでは、サイドミラー故障の症状や修理方法などを解説していきます。

サイドミラー故障の症状

下記の症状が出た場合は、サイドミラーの故障が考えられます。

サイドミラー故障の症状
  • 電動格納式ドアミラーなのに格納しない。
  • 片方だけが稼働する。
  • 「ウィーン」と言う音だけが聞こえる。
  • 動こうとはしているが、何か引っかかっている感じで格納しない。
  • サイドミラー内のミラーが動かない。
  • 手でサイドミラーを触ると簡単に動く。
  • サイドミラーが見るからにブラブラである。

上記に挙げた事例は、電動格納式ドアミラーや電動ミラーの故障において、よくある多い症状ですが、最後の2つは手動式サイドミラーでも起こる症状です。

車内から電動格納や電動ミラーの操作をしても、サイドミラーが動かない場合は、「電動格納のスイッチ不良」か「モーターの故障」が原因です。

上記の症状が出た場合には、サイドミラーの故障が考えられるので、車の使用を控えるようにして下さい。

修理をする前に確認すべきこと

先ほども紹介しましたが、サイドミラーの故障で最も多いのは、「電動格納のスイッチ不良」や「サイドミラーを動かすモーターの故障」です。

低年式車や過走行車では、サイドミラー内部の部品劣化が原因で、サイドミラーやミラーが空回りすることがあります。

ただ、最近はほとんどの車に電動格納式ドアミラーや電動ミラーが標準装備されているので、故障の原因としては、スイッチ不良かモーター故障のどちらかが濃厚です。

先ほど紹介した「サイドミラー故障の症状」を参考にして頂き、どのような症状が出ているのかを事前に確認してから、修理に出して下さい。

故障個所を事前に確認することで、もしかしたら修理に出す必要がなく、自分で直せる場合があるからです。

サイドミラーの修理方法

サイドミラーの故障が決定的だった場合、どのような修理を行うのか?

ひろし

ここでは、サイドミラーの修理方法について解説していきます。

ディーラーで修理する

車を買ったディーラーでも、サイドミラーの修理依頼は可能です。

サイドミラーの修理だけなら、ディーラーの店舗に隣接しているサービス(整備部門)で、修理することができます。ただし、塗装を要する修理の場合は、サービスでは修理ができないので、車をしばらく預けることになります。

ディーラーに修理を出すと安心感は得られますが、ごっそり新品の純正部品に交換する恐れがあるので、高額な修理費用が請求されます。

経済的に余裕がある人は、ディーラーで修理をしても構いませんが、修理費用を抑えたい人には、不向きな修理方法になってしまいます。

中古車販売店で修理する。

基本的にはディーラーと同じ修理方法ですが、自社工場を完備していない販売店は、下請けの整備工場に修理依頼を出します。

ディーラーと違って、純正部品以外の部品が使用できるので、修理費用を抑えたい人には、おすすめの修理方法です。

例えば、「純正部品が高いから、互換品を使いますか?」「中古部品を再生したリビルト品を使いますか?」など、安く修理できる方法を提案してくれます。

ディーラーと比べて、間違いなく安く修理できるので、顔馴染みの中古車販売店がある人は、作業工賃も融通が利くはずです。

整備工場で修理をする

顔馴染みの整備工場があれば、サイドミラーの修理を直接依頼することができます。

ディーラーや中古車販売店を介して、整備工場に修理の依頼をした場合は、販売店と整備工場の両方に利益が発生してしまいます。

整備工場に直接修理の依頼ができるなら、中間マージンが掛からず、安く修理ができます。

ただし、整備工場によっては、純正部品を使いたがる業者も存在するので、修理内容を事前に確認することをおすすめします。

また、一見客だと割高な作業工賃を請求してくる悪徳業者もいるので、整備工場に直接修理の依頼をする場合は、事前見積もりを取るようにして下さい。

サイドミラーの修理費用

サイドミラーの修理費用について解説しますが、故障内容や車種によっても、修理費用はバラバラです。例えば、軽自動車のサイドミラーと高級車のサイドミラーとでは、部品代だけでも桁外れに違います。

ひろし

これから紹介するサイドミラーの修理費用は、上記のことを理解した上で、参考程度にお読み下さい。

サイドミラーカバーについた傷の修理費用

壁などで擦ってついたサイドミラーカバーの傷は、爪が引っ掛からない程度の傷であれば、コンパウンドを使って消すことができます。

小さな擦り傷程度であれば、カー用品店やホームセンターでコンパウンド(1,000円程度)を買って試して下さい。爪で引っ掛かる傷の場合は、コンパウンドでは消せないため、修理に出す必要があります。

もちろん、自分で塗装ができる人はDIYも可能ですが、塗装に必要な材料や道具を揃えるだけでも、5,000円以上は掛かります。

5,000円以上の買い物に加えて、大切な時間と労力を修理に費やした結果、納得の行く仕上がりにならなかった場合には、目も当てられません。

そうならないためにも、サイドミラーカバーの修理程度なら、業者に依頼しても10,000円以内で直せますから、DIYは考えずに初めから修理業者に依頼して下さい。

サイドミラーカバー交換の修理費用

サイドミラーカバーが割れてしまった場合は、カバーの交換もしくは板金修理しかありません。

車種によっては、サイドミラーアッセンブリーのメーカーもあるので、はっきりとした修理費用は、分からないのが実情です。

サイドミラーのカバーだけなら、5,000円~10,000円くらいで交換可能ですが、サイドミラーアッセンブリーの場合は、30,000円~50,000円は必要になります。

サイドミラーカバーが割れた場合には、ディーラーなどで修理見積もりを取ることをおすすめします。

ミラーの動作不良の修理費用

サイドミラー本体に破損がなくても、中のミラーだけが動かなくなることがあります。

ミラーが動かない場合は、ミラーを動かす「モーターの不具合」「配線不良」「スイッチ不良」のいずれかが原因です。

配線不良やスイッチの交換だけなら、10,000円前後で修理することが可能ですが、モーターの不具合になるとサイドミラーアッセンブリーになるため、30,000円~50,000円の修理費用は覚悟して下さい。

部品さえ用意できれば、1泊2日で直すことが可能な修理のため、ミラーの動作不良は難しい修理ではありません。

ミラーが割れたときの修理費用

ミラーが割れてしまった場合は、ミラー本体を交換するしかありません。ミラーの在庫さえあれば、簡単に交換できるため、1時間もあれば十分に修理することは可能。

修理費用は、ミラー本体を含めて5,000円程度で直すことが可能ですが、熱線が内蔵されているヒーテッドドアミラーが割れた場合は、サイドミラーアッセンブリーの車種もあります。

自分のサイドミラーが、ミラーだけなのか?熱線が内蔵されているミラーなのか?事前に確認してから修理依頼をして下さい。

サイドミラーの修理に保険は適用できる?

結論から言いますと、一般車両保険に加入している場合に限り、サイドミラーの修理に保険を使うことができます。

ただし、接触した相手が壁ではなく「車」だった場合には、エコノミー(限定型)車両保険でも修理することは可能です。

サイドミラーの修理で保険を使う場合には、破損した場所(接触した場所)から、保険会社に連絡をして、担当者の支持を受けて下さい。

ただし、保険を使ってサイドミラーの修理を行った場合は、翌年から保険等級が下がり、次回更新時には、保険料金も上がってしまいます。

そのため、少額の修理費用であれば、保険を使って修理をするメリットがありません。保険を使って修理する場合には、修理費用を確認した上で使用することをおすすめします。

10万円以下の修理費用であれば、保険を使って修理する人はほとんどいないはずです。

参考情報
  • チューリッヒ保険:https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-howto-vehicle-insurance/

サイドミラーを修理せず放置するリスク

サイドミラーの故障が発覚したとき、修理しないでそのまま放置する人もいます。サイドミラーが故障したままだと、後方の確認が正確に行えないため、重大な事故を引き起こすリスクがあります。

また、サイドミラーは、公道を安全に走行するための重要な保安部品のため、故障している個所によっては、整備不良に該当します。

整備不良の車で公道を走ることは、道路交通法で禁止されているので、修理せずに放置すると法的に処罰されます。

また、サイドミラーが故障した車で事故を起こしたときには、任意保険が適用されず、事故内容によっては、莫大な損害賠償や刑事責任が問われることもあります。

サイドミラーを修理せず放置することは、想像以上のリスクが伴うので、放置しないで早急に修理するようにして下さい。

サイドミラーが故障した際の応急処置

サイドミラーが突然故障したときは、慌てずこれから紹介する応急処置を行ってみて下さい。運がよければ、動くようになるかもしれないので、修理に出す前に試す価値はあります。

ヒューズを交換してみる

サイドミラー本体が全く動かない場合は、ただ単にヒューズが切れているだけかもしれません。

ヒューズは非常に小さな部品で、見た目は切れていなくても、内部で断線している可能性があります。

ヒューズを交換することで、動くことも多々あるので、ダメ元で確認することをおすすめします。

手で動かしてみる

電動格納のスイッチを押したとき、サイドミラーに動く気配がある場合は、軽く手で押してみて下さい。もしかしたら、稼働する部分が引っ掛かっているだけかもしれないので、手で押すことで直るかもしれません。

手で押すときの注意点としては、「力を入れて押さない!」ことです。

サイドミラーは、強い力で押すと外れる仕組みになっているので、力を入れて押してしまうと壊れる可能性があります。手でサイドミラーを押す場合には、優しく押してあげるようにして下さい。

接点復活剤を使ってみる

スイッチの接触不良で、サイドミラーが動かないことがあります。電動格納のスイッチは、はめ込みタイプが多く、簡単に取り外すことができます。

スイッチが外せたら、コネクターを抜いて接点部分に「接点復活剤」を塗って下さい。スイッチの接点部分の接触不良であれば、接点復活剤で汚れを除去することで、復活することがあります。

接点復活剤は、ホームセンターでも売っていますので、誰でも簡単に試すことができます。

エンジンを再始動させてみる

パソコンで不具合が起こったとき、「再起動」をしたことはありませんか?サイドミラーが動かないときも同じ原理で、エンジンを再始動することで、接触不良が改善することがあります。

運に頼るだけですが、「動けばラッキー」的な感覚で、試してみることをおすすめします。

絶縁テープで止める

サイドミラーがブラブラしてしまったときや、ミラーが完全に外れてしまったときは、絶縁テープなどで固定するしかありません。

絶縁テープで固定するのは、本当の応急処置ですが、サイドミラーが落下したり、ミラーが外れてしまう方が危険ですから、落下しないようにしっかりと固定して下さい。

万が一のために、絶縁テープやビニールテープを車載しておくことをおすすめします。

まとめ

車のサイドミラーは、ちょっとした拍子に擦ったり、ぶつけてしまう部品です。

車幅を確認する上でも、サイドミラーは非常に重要な部品で、故障することによって、重大な事故に繋がることがあります。

サイドミラーは簡単に修理できる部品ですから、故障したまま放置することなく、早急に修理するようにして下さい。

出先でサイドミラーが故障した場合には、記事の最後で解説した「サイドミラーが故障した際の応急処置」を必ず実践して下さい。

サイドミラーの故障は、絶対に軽く見てはいけません!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次