車の豆知識

【初心者向け】バイクのメンテナンスは何してる?やることを紹介!

バイクを購入したらできるだけ長く乗り続けていきたいですよね。
バイクを長持ちさせる秘訣は定期的にメンテナンスをすることが非常に重要です。

小まめにメンテナンスをすることで、故障のリスクを軽減し、結果的に大事な愛車に長く乗り続けていくことができます。

この記事ではバイクを購入したらメンテナンスでやることについて紹介します。

ひろし

初めまして。ひろしです。
バイクに詳しくない初心者が最低限やるべきことを紹介していきますね!

バイクのメンテナンスの重要性について

まずはバイクのメンテナンスの重要性について説明します。
バイクをメンテナンスするべき理由について下記が挙げられます。

メンテナンスをすることで、大事な愛車を長持ちさせるという理由もありますが、バイクは生身の乗り物で大変危険なので、安全に乗るためにもメンテナンスが必要不可欠です。

ひろし

バイクに乗っていて突然走行に異常が出たらシャレでは済まないですよね・・・。

自分でできるバイクのメンテナンス

バイクを購入したばかりの初心者の方が全てを自分でやるのは難しいと思います。

そのため、こちらでは最低限やるべきメンテナンスについて紹介していきます。

バイクを購入したら最低限この記事で紹介していることはやるようにすると良いでしょう。

バイクのエンジンオイル交換をする

バイクに乗り始めたら3,000~5,000キロもしくは6カ月ごとにオイル交換をするようにしましょう。

定期的にオイル交換をすることで、エンジン周りのパーツの不可を軽減することができますので、結果的に愛車を長く乗り続けていくことができます。

もしオイル交換を怠ってしまった場合にパーツの損傷が原因で走行中の不具合が起きてしまうことがあります。

したがって、愛車を長持ち&安全にバイクに乗るために小まめにオイル交換をするようにしましょう。

ひろし

バイクのオイル交換は自分でも簡単にできますし、ガソリンスタンドなどでもすることができますよ!

安いオイルで全然問題ないので、とにかく小まめにオイル交換をすることが大事です!

バイクのオイル交換はガソリンスタンドがおすすめ!気になる費用や時間は? 先日、我が愛車のホンダPCX125のオイル交換をしました。 今までバイクのオイル交換は自分でおこなっていたのですが、廃油の処理が...

バイクの洗車をする

バイクの外装をピカピカな状態に保つためには洗車がすることです。

バイクの外装は特にスクーターであれば樹脂製(プラスチック)のパーツが多く使われています。

なので雨や日光によって、ダメージを受けやすいので、放置したままにすると外装の塗装の剥がれや錆がでてしまいます。

そうならないようにバイクを洗車して外装をコーティングしてあげることによって、いつまでもピカピカのバイクに乗ることができます。

ひろし

屋外にバイクを保管している人は少し面倒くさいかもしれませんがシートを被せてあげると良いですよ!

バイクのタイヤ空気圧をチェック

常にバイクの空気圧は適正な空気圧に保つようにチェックするべきです。

もしタイヤの空気圧が低すぎたり・逆に高すぎたりすると走行中にパンクを招き事故などにもなりかねません。

安全にバイクに乗るためにもバイクの空気圧はガソリンスタンドで給油時にチェックするようにしましょう。

ひろし

タイヤの空気圧は安全性も勿論ですが、燃費向上にも繋がりますよ!

バイク初心者はメンテナンスはお店でやるのがベスト

バイクに詳しくない初心者の方は最低限オイル交換とタイヤの空気圧を日ごろから見ることができればOKです。

それ以外のメンテナンスについては自分でやろうとすると逆に危険なので、お店に任せるのがベストです。

バイクのメンテナンスは専門知識が必要なので、定期的にバイクパーツショップやディーラーで見てもらうとよいでしょう。

■ナップス

【公式】https://www.naps-jp.com/

詳細をみてみる

■2りんかん

【公式】https://2rinkan.jp/

詳細をみてみる

■RICOLAND

【公式】http://www.ricoland.co.jp/

詳細をみてみる

■NANKAI

【公式】http://www.nankaibuhin.co.jp/

詳細をみてみる

ひろし

バイクパーツショップ大手4社になります。
まずは公式サイトから最寄りの店舗と作業工賃を調べてみましょう!

まとめ

この記事ではバイクのメンテナンスについて紹介をしました。
バイクに詳しくない初心者が最低限自分でできるメンテナンスはオイル交換・タイヤの空気圧チェック・洗車の3つです。

この3つ以外のメンテナンスを自分でやろうとすると逆に危険なので、最寄のバイクパーツショップに相談することをおすすめします。

走行中に異常に気付いたら、くれぐれもそのまま乗り続けるのは絶対にやめましょうね。