RAV4の値引きの限界は?値引き相場とあわせて交渉術を徹底解説!

RAV4は海外でも人気のミドルクラスSUVで、現在販売されているのは初代から数えて5代目にあたります。

4代目は海外だけの販売でしたが、5代目RAV4からは日本でも販売されることになり、20代から30代を中心に、最も売れているSUVとして国内でも人気を博しています。

今回は、日本で最も売れているクロスオーバーSUV・RAV4の限界値引きや値引き相場を中心に、値引き交渉術とあわせて徹底解説していきます。

目次

トヨタ・RAV4のスペック情報について

RAV4は、海外での評価が非常に高く、特にアメリカでは16年連続で乗用車販売台数1位に君臨していたカムリを抜いてTOPに輝いています。

アメリカでの人気を足掛かりに、トヨタのグローバル戦略車両として、現在では200ヵ国以上の国々でRAV4が販売されています。

ひろし

自動車販売台数世界第4位に輝くRAV4のスペック情報を紹介させて頂きます。

項目ガソリン車ハイブリッド車プラグインハイブリッド車
グレードAdventure
G “Z package”
G X
Adventure
G “Z package”
G X
Z
全長4,600mm~4,610mm4,600mm~4,610mm4,600mm
全幅1,855mm~1,865mm1,855mm~1,865mm1,855mm
全高1,685mm~1,690mm1,685mm~1,690mm1,695mm
室内長さ1,890mm1,890mm1,890mm
室内幅1,515mm1,515mm1,515mm
室内高さ1,230mm1,230mm1,230mm
ホイールベース2,690mm2,690mm2,690mm
最低地上高195mm~200mm195mm200mm
車両重量1,570kg~1,630kg1,670kg~1,700kg1,920kg
乗車定員5人乗り5人乗り5人乗り
燃料消費率 (WLTCモード) 15.2km/L20.3km/L~20.6km/Lハイブリッド:22.2km/L
交流電力量:155km/L
駆動方式2WD/4WD2WD/E-FourE-Four
排気量2,000cc2,500cc2,500cc
エンジンダイナミックフォース直列4気筒ダイナミックフォース直列4気筒ダイナミックフォース直列4気筒
最高出力171ps178ps177ps
最大トルク 21.1kgf・m22.5kgf・m22.3kgf・m
モーター最高出力 –F:120ps
R:54ps
F:182ps
R:54ps
モーター最大トルクF:20.6 kgf・m
R:12.3kgf・m
F:27.5kgf・m
R:12.3kgf・m
バッテリー種類ニッケル水素電池ニッケル水素電池
参考情報
  • RAV4(諸元表):https://toyota.jp/pages/contents/rav4/002_p_001/4.0/pdf/spec/rav4_spec_202210.pdf

現在、日本で販売されているRAV4には、2,000ccダイナミックフォース4気筒エンジンのガソリンモデルと、2,500ccダイナミックフォースエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデルとプラグインハイブリッドモデルの3種類が用意されています。

その中でも特に際立つのがプラグインハイブリッドの性能で、「燃料消費率・22.2km/L」を達成、システム最高出力は「306ps」を発揮するなど、走行性能と燃費性能で群を抜いています。

グレード面では、ガソリンモデルとハイブリッドモデルが共通で、最も安いエントリーモデル「X」、合成皮革シートや18インチアルミホイールを装備した「G」、豪華装備の最上級モデル「Adventure」が用意されています。

尚、ガソリンモデルには、Gをベースに19インチアルミホイールを装着した「G”Z package “」がラインナップされています。

プラグインハイブリッドモデルは、レッドステッチ付合成皮革シートや専用フロント&リアバンパーなど、豪華装備「Z」のワングレードだけの設定です。

ひろし

純粋にRAV4に乗りたい人は、価格の割に装備が充実しているガソリンモデル「G”Z package “」、最上級のRAV4を体感したい人には、プラグインハイブリッドモデルをおすすめします。

RAV4の魅力について

RAV4の販売が始まった当初は、女性でも楽しむことができる5ナンバーサイズのSUVでしたが、現在では全幅が1,855mmの3ナンバーサイズに統一されています。

RAV4は、先進機能や装備が充実しているので、街乗りはもちろんのこと、クロスオーバーSUVとしての魅力も満載です。

例えば、アウトドアで便利な機能として、両手が塞がっていても、リアバンパー下に足先をかざすことでリアゲートを開閉できる「ハンズフリーパワーバックドア」や、自宅と同じコンセントで電力供給ができる「アクセサリーコンセント」などの嬉しい装備がついています。

走行性能では、路面状況に応じて走行モードを自由に選択できる4WDシステム「マルチテレインセレクト」、システム最高出力・306psを発揮するプラグインハイブリッドモデルは、電気モーターだけで約95kmの航続距離が可能です。

ひろし

RAV4は、SUV部門で月間販売台数1位を獲得したり、プリウス以来10年ぶりに日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、輝かしい実績が人気の証です。

RAV4のリセールバリューについて

世界的にも人気のあるRAV4ですが、中古車市場の評価は一体どうなのでしょうか?

中古車の価値を示す数値「リセールバリュー」を計算して、RAV4の中古車としての価値をm中古車の価値を示す数値「リセールバリュー」を計算して、RAV4の中古車としての価値を見ていきます。

項目新車価格中古車相場リセールバリュー
RAV41,280,000円~4,500,000円490,000円~5,480,000円38%~122%
参考情報
  • RAV4価格相場:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/RAV4/market/

リセールバリューを調べる計算式は、「中古車相場÷新車価格×100=(%)」で、算出することができます。RAV4は、初代や2代目の人気がそれほど高くなかったため、古い年式のRAV4はリセールバリューも決して高くありません。

しかし、4代目RAV4は世界的なSUV人気の相乗効果で、2016年と2017年にはSUV部門で販売台数世界No.1に輝いています。

そのため、現在販売されている5代目RAV4は、国内の中古車市場でも高値で取引が行われており、リセールバリューも非常に高い人気車種です。

RAV4を購入するなら新車と中古どちらが良い?

現在販売されているRAV4の新車価格は、2,938,000円~5,633,000円と比較的高額で、最も売れているグレード「G“Z package”(ガソリン車/4WD)」でも、車両価格が3,836,000円もします。

新車を購入する場合は、グレードを落としても総額350万円~400万円が新車購入相場ですから、気軽に購入できる金額ではありません。

現行型と同じ50系のRAV4は、2019年4月から販売されているので、購入しやすい価格帯では2年落ち(2020年式)くらいの良質な中古車がおすすめです。

RAV4の値引き限界額と値引き交渉術について

RAV4は世界的にも人気のクロスオーバーSUVのため、ディーラーも強気の商売をしてきます。そのため、値引き交渉にも多少のコツが必要です。

ひろし

ここでは、RAV4の値引き限界額と値引き交渉術について紹介していきます。

RAV4の値引き限界額

RAV4の値引き限界額をTwitterの口コミ投稿から調べてみました。

ひろし

これからRAV4の値引き交渉に臨む人にとっては、必ず参考になる口コミです。

RAV4の口コミを見る限りでは、ほとんどの購入者が「20万円~30万円」の値引きで契約をしています。車両価格を考えると、少し値引きが渋いようにも感じますが、値引きの限界額としては「40万円」を目指したいところです。

RAV4の値引き交渉術

RAV4の値引き交渉術について説明していきます。

  • オプション品の値引きとあわせて40万円の値引きを狙う!
  • トヨタ同士で値引き額を競い合わせること!
  • 下取りがある場合は、買取専門店で売ることも頭に入れること!

RAV4の車両値引きで40万円の限界値引きを誘発できない人でも、オプションパーツなどの付属品を購入することで、40万円以上の値引き額を達成することは可能です。

ひろし

例えば、車両購入の値引き額が平均的な「30万円」だったとしても、30万円分の付属品を購入した場合には、5万円ほどの値引きが期待できるので、TOTALでは「35万円」の値引きを受けることになります。

また、下取り車がある場合には、下取り査定で更に値引き交渉を行うことも可能です。トヨタは、各地域のトヨタ自動車やネッツトヨタなど、同じトヨタでもオーナーの違う別会社です。

RAV4を取り扱っているディーラーは、「ネッツトヨタ」と「トヨタカローラ」なので、トヨタカローラで購入予定の人は、ネッツトヨタでRAV4の値引き見積もりを取得して、値引き額を競わせると良いでしょう。

ひろし

日産などのライバル会社と相見積もりを行うよりも、系列店舗が同じトヨタ同士で競わせる方が、値引き交渉もスムーズに進めることができます。RAV4を購入する際には、トヨタ同士で相見積もりを行うようにして下さい。

もし、RAV4を購入する際に下取り車がある場合は、無理にディーラーで下取りに出す必要はありません。ディーラーの下取り査定は非常に低いため、買取専門店などで下取り車の買取査定を行って下さい。

最終的に買取専門店での査定見積もりをディーラーに見せることで、もしかしたら下取り査定もアップするかもしれません。

もし、買取専門店の方が高額査定だった場合には、下取り車だけを買取専門店で売却すれば、それだけでも値引きと同じ効果を得ることができます。

下取り車も大切なお金ですから、購入するRAV4とは別に、しっかりと値段交渉することが大切です。

まとめ

RAV4の限界値引きや、値引き相場などについて解説してきましたが、RAV4の値引き額は少し渋いように感じます。そのため、今回の値引き交渉術を実践して頂くことで、少しでも安くRAV4の新車を購入することができます。

車両本体だけの値引き交渉に力を注いで、平均的な値引き相場「30万円以上」を導くことを目指して下さい。値引き交渉をするには、熱意と根気が必要ですから、巧みな営業トークに流されないように、気合を入れて値引き交渉に臨んで下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次