ランドクルーザー300の値引きはどのくらい?限界額や値引き相場とあわせて交渉テクを徹底解説!

ランドクルーザー300(ランドクルーザー・300系)は、世界的にも希少なラダーフレームを用いる本格的な大型オフロード車です。

理想的なボディバランスを実現するため、乗車部分(キャビン)を後方に配置する「キャビンバックワードプロモーション」が採用されています。

前モデルから14年振りにフルモデルチェンジが行われ、世界中のランクルファンから受注の波が押し寄せています。

今回は、ランドクルーザー300の新車購入時の値引き限界額や、一般的な値引き相場について徹底解説していきます。ランドクルーザー300は、高額な車両ですから、値引き交渉にもコツが必要になります。

ひろし

商談時の値引き交渉テクも一緒に説明させて頂きます。

目次

トヨタ・ランドクルーザー300のスペック情報について

ランドクルーザーは、誕生から70年以上の歴史を誇る日本を代表する大型クロスカントリー車(昔で言うRV車)です。

ランドクルーザーの高い性能は、世界的にも認められており、特に耐久性においては世界中のランクル愛好家からも高い評価を得ています。そのため、海外の窃盗団に盗難されることが多く、購入後の車両保管に注意が必要な車両でもあります。

現在販売されているランドクルーザーは、「300系」とも呼ばれている車両で、通称「ランドクルーザー300やランクル300」の愛称で親しまれています。

ひろし

ランドクルーザー300のスペック情報を表にまとめてみました。

項目ディーゼル車ガソリン車
グレードGP SPORT
ZX
GP SPORT
ZX
VX
AX
GX
全長4,965mm~4,985mm4,950mm~4,985mm
全幅1,980mm~1,990mm1,980mm~1,990mm
全高1,925mm1,925mm
室内長さ1,955mm1,955mm~2,755mm
室内幅1,640mm1,640mm
室内高さ1,190mm1,190mm~1,210mm
ホイールベース2,850mm2,850mm
最低地上高225mm225mm
車両重量2,550kg~2,560kg2,360kg~2,520kg
乗車定員5人乗り5人乗り/7人乗り
燃料消費率 (WLTCモード)9.7km/L7.9km/L~8.0km/L
駆動方式フルタイム4WDフルタイム4WD
排気量3,300cc3,500cc
エンジンV型6気筒IC付きツインターボV型6気筒IC付きツインターボ
最高出力309ps415ps
最大トルク71.4kgf・m66.3kgf・m
参考情報
  • ランドクルーザー300(諸元表):https://toyota.jp/pages/contents/landcruiser/004_p_001/4.0/pdf/spec/landcruiser_spec_202204.pdf

新型ランドクルーザー(300系)は、3,500ccV6ツインターボエンジンを搭載したガソリンモデルと、3,300ccV6ツインターボエンジンを搭載したディーゼルモデル2種類のエンジンから選択できます。

ディーゼルエンジンは、排気ガスの規制条例によって販売を終了していましたが、復活を望むユーザーの要望に応える形で、ランドクルーザー300からラインナップに復活しています。

ランドクルーザー300のディーゼルモデルには、豪華装備の「ZX」、豪華装備に加えて足回りなどが強化された最上級グレード「GP SPORT」の、2グレードが用意されています。

ガソリンモデルには、ディーゼルモデルと同じ「GP SPORT」と「ZX」のほかに、ランドクルーザー300の中で最も安い兼価モデル「GX」、スエード調ファブリックシートや運転席8ウェイパワーシートなどが装備されている「AX」、本革シートや快適温熱シート+シートベンチレーションなどの快適装備が魅力の「VX」が用意されています。

5人乗りを求める人には、燃費性能に優れているディーゼルモデルがおすすめで、7人乗りを求めている人には、ガソリンモデルで装備が充実している「AX」もしくは「VX」がおすすめのグレードです。

ランドクルーザー300の魅力

ランドクルーザーは、トヨタを代表するグローバル戦略モデルで、世界累計販売台数1,000万台を突破した超人気車種です。

現在販売されているランドクルーザー300は、「世界中のどんな道でも疲れない走り」をキャッチコピー掲げて、前モデルの200系よりも迫力のある大型フロントグリルが採用されるなど、ランドクルーザーらしいダイナミックなエクステリアに仕上がっています。

パワーユニットでは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンともに、V型6気筒インタークーラー付きツインターボエンジンが搭載されており、ガソリンエンジンはスポーツカー並みの415psを発揮します。

安全装備では、ミリ波レーダーと単眼カメラ方式で、歩行者や自転車を瞬時に感知して回避する「プリクラッシュセーフティ」や、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載するなど、先進機能の安全支援システムが採用されています。

また、トヨタ初の指紋認証スタートスイッチも搭載されているので、セキュリティ面での強化も施されています。

ランドクルーザー300は、トヨタが世界に誇る先進技術が多数盛り込まれた車両で、世界トップクラスの大型クロスカントリー車です。

ランドクルーザー300のリセールバリューについて

ランドクルーザー300の中古車としての価値を示す「リセールバリュー」を算出したので紹介させて頂きます。

項目新車価格中古相場リセールバリュー
ランドクルーザー3004,350,000円~8,000,000円2,148,000円~19,999,000円49%~250%
参考情報
  • ランドクルーザー300価格相場:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/LAND_CRUISER/market/

ランドクルーザーは、旧型の60系や70系も世界中で人気があるため、中古車市場ではどの年式も非常に価値が高い車種の1つです。

中古車市場の相場を見て頂くと分かる通り、100万円以下の車両はほとんどなく、旧型でもプレミアが付くほど、高い価格で取引が行われています。

尚、リセールバリューを求める計算式は、「中古車相場÷新車価格×100=(%)」で、中古車としての価値を数字で表しています。

ランドクルーザー300を購入するなら新車と中古どちらが良い?

ランドクルーザー300の新車価格は、5,100,000円~8,000,000円で、最も安いグレード「GX」でも500万円を超える高級車です。ランドクルーザー300は、現在でも納車時期が未定のため、早くほしい人は中古車の購入しか方法がありません。

自分好みにカスタマイズしたい人は、納期に関係なく新車をおすすめしますが、リセールバリューが高い車種ですから、中古車を購入しても将来的にも損をすることはありません。

ランドクルーザー300の値引き限界額と値引き交渉テク

ここでは、ランドクルーザー300の「値引き限界額」と「値引き交渉テク」を紹介します。

ランドクルーザー300の値引き限界額

ランドクルーザー300の値引き限界額を、実際に新車を購入した人の口コミ投稿を調べてみました。

ランドクルーザー300は、国産車の中でもトップクラスの高級車で、一般の人が見積書を見る機会は、ほとんどないのではないでしょうか。

「ランクル情報」さんの口コミ投稿から推測すると、一般的な値引き相場は「20万円台」が最も多く、上級グレードやオプションパーツの有無によっては、「60万円以上」の値引きを導き出すことも可能です。

70万円以上の値引きを獲得した人も「8%」ほどいるようですが、下取り査定などを値引きに反映させていると思われます。

恐らく、車両購入時の値引き限界額は、今回の口コミ投稿から推測して「60万円」が限界額で、下取り車やオプションパーツ購入の有無によっては、「70万円」の値引きが可能だと推測します。

ランドクルーザー300の値引き交渉テク

ランドクルーザー300を安く購入するための値引き交渉テクを紹介させて頂きます。

  • 車両購入とオプション装備の購入は分けて値引き交渉を行う!
  • 購入する時期を見極めて商談を行う!
  • 高額な純正品を買わない選択肢もアリ!
  • 現金一括で買わない選択肢もアリ?

新車購入時の商談では、車両購入時にオプションパーツの購入費用も含めて商談を行います。これは、どのディーラーでも行う商談方法で、値引きする際には車両購入費用とパーツ購入費用を別々で行います。

値引き額を曖昧にされないように、「車両値引きは〇〇万円」「パーツ購入での値引きは〇〇万円」など、それぞれ分けて値引き交渉を行うことをおすすめします。

ひろし

車両値引きとパーツ購入値引きをあわせることで、値引き限界額に近付けるはずです。

購入する時期を見極めることで、少なからず値引き額を増やせるかもしれません。

購入時期の定番とも言える「決算時期(3月)」が、購入のタイミングとしては理想的ですが、4月~12月の期間にランドクルーザー300を購入する人も多いはずです。

その場合には、できるだけ大きな値引きが期待できる「商戦時期」を狙い撃ちして下さい。

例えば、「ボーナス商戦(6月/7月/12月)」「下半期決算(9月)」「年末商戦/クリスマス商戦(12月)」「初売り商戦(1月)」など、年間を通じて何度か大きなイベントが開催されます。

特に大きな値引きが期待できるのが「下半期決算(9月)」で、3月の決算と変わらぬほど自動車メーカーでは重要な時期にあたります。1台でも多く契約を取らなければいけないため、大きな値引きが期待できます。

ひろし

3月に購入できない人は、いずれかの商戦時期を狙って値引き交渉を行うと良いでしょう。

純正品はどれも高額なため、無理に純正品を購入する必要はありません。

確かに、純正品(オプションパーツ含む)を購入すると、車両値引きとは別で値引き交渉が行えますが、パーツ購入費用の5%~10%が値引き相場ですから、費用対効果を考えた場合「買わない」選択肢もあります。

例えば、フロアマットセットは純正品で5万円以上しますが、社外品のフロアマットセットだと1万円~2万円で購入できます。

純正品を社外品に変えるだけでも、値引き額と同等またはそれ以上のお金を浮かすことができます。

ひろし

純正品やオプションパーツを購入する際には、「本当に純正品が必要?」「純正品じゃないとダメ?」なのかを、十分に考えてから購入して下さい。

車を購入するとき、「現金で買うから安くしてくれ!」と言うお客様がいますが、販売する側からすると「現金一括だから安くできない」というのが本音です。

その理由は、分割払い(ローン)で購入した場合は、金利に対する手数料(ローンバック)が販売店に振り込まれるため、現金一括で売るよりも利益に繋がるからです。

逆に言えば、ローンで契約する場合には、ローンバックを見越した値引き交渉が行えるという訳です。

ローンバックは、「金利」「支払回数」「ローン金額」によって金額が左右されるので、ランドクルーザー300のような高額車両ほどローンバックは大きくなります。

現金一括で購入するのが理想ですが、分割払いを利用する際には、ローンバックも踏まえた値引き交渉を行って、少しでも金利負担を減らす商談を実行して下さい。

まとめ

ランドクルーザー300は、トヨタ全店舗で購入することが可能ですが、系列の異なるトヨタディーラーであれば、トヨタ同士での相見積もりが可能です。

トヨタ同士でランドクルーザー300の見積書を競合させることで、更に値引きの限界額を引き上げることができます。

今回紹介した値引き交渉テクに相見積もりを加えることで、ランドクルーザー300の新車を限界価格で購入することができます。

ランドクルーザー300の新車を限界価格で買うことができれば、中古車としても価値が下がりにくい車種ですから、新車で買っても損にはなりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次