新車の購入にベストな時期はいつ?買ってはいけない時期もあわせて解説!

当サイトは一部広告収益で運営しております。

新車を購入するのは、長い人生の中でもビッグイベントの1つ!

どうせ新車を買うなら、少しでも安く買いたいですよね。しかし、商談が苦手で値下げ交渉ができない人は、新車を安く買うことができません。

そこで今回は、商談が苦手な人でも、安く新車が購入できる時期について、買ってはいけない時期とあわせて解説していきます。

まずは欲しい車を試乗「楽天Car試乗」
楽天Car試乗の特徴
  • 楽天からの予約&成約時に楽天ポイントがもらえる
  • 最短1分で試乗予約が完了!
  • 事前予約で待ち時間なく試乗が可能!
  • 豊富な車種ラインナップで様々なメーカーの試乗が可能!

新車の購入を検討している方は、無料で欲しい車に試乗ができる「楽天Car試乗」がおすすめ!

インターネット上の情報のみで新車の購入を判断するのはちょっと待って!

実際に試乗をして、様々な車種と比較して、購入する車種を決めたほうが失敗するリスクを無くせる!

楽天Car試乗」を使えば簡単に最寄りのディーラーに試乗予約ができ、欲しい車に無料で試乗ができるので、まずはお気軽に試乗をしてみてはいかがでしょうか?

目次

新車を購入するベストな時期は?

新車を買うならいつがいいのか?

新車を買うなら何月がいいのか?

新車を購入するベストな時期は、誰もが知りたい情報ですよね。

実は「ディーラーが売りたい!」と思っているタイミングこそが、新車を購入するベストな時期。

ここでは、新車を購入するベストな時期について解説していきます。

メーカーの大決算セールを狙う!

新車の購入は「メーカーの決算セール」の時期が実は狙い目でもあります。

3月に年度末決算セールを開催する自動車メーカーが多いのは事実で、この時期を狙って新車を購入する人もいますよね。

なぜメーカーの決算セールが開催されるのかというと、実は新車の契約数を取ることが目的ではなく、3月中に新規登録ができる車を売ることが、決算セール最大の目的です。

通常、新車は注文してから登録完了するまで、1ヵ月以上掛かるのが一般的です。3月の決算セールで新車を契約しても、3月末までに新規登録が間に合うとは思えません。

ひろし

ディーラーの決算セールで安く買える車は、メーカーやディーラーで抱えている在庫車が、決算セール対象車になります。

在庫車なら既に販売店にある車ですから、新車でも3月契約&3月納車が可能となります。

つまり大決算セールを開催することで、即納できる在庫車を売り捌くことができて、メーカー側の新規登録台数を稼ぐ目的を果たせることになります。

装備やボディカラーに拘りがない人には、決算セールは新車が安く買えるベストなタイミングになりますが、グレードやオプション装備に拘る人には、逆に買ってはいけない時期になります。

決算セールだからと言って、全車種が安く買える訳ではなく、一部の車種が安いだけなので、その点だけは注意して下さい。

ボーナス商戦を狙う!

ユーザーが車を買うには、お金が必要。ディーラーにとっては、ユーザーが車を買うタイミングに合わせて、イベントやセールを実施します。

ボーナス商戦もディーラーが客寄せするためのイベントで、社会人の賞与が出る時期の「夏は6月~7月、冬は11月~12月」に合わせて宣伝や広告を打ち出します。

ボーナス商戦では、営業マンや販売店の売り上げ目標が高いので、通常よりは値引き交渉がしやすいメリットがあります。

注意点としては、多くのユーザーが来店するので、担当する営業マンに当たり外れが生じること。また、冬のボーナス商戦では、契約しても構いませんが、新規登録は翌年に行うようにして下さい。

納期を急がせてしまったばかりに、年度内に新規登録が出来てしまうと、新車なのに1ヵ月程度で1年落ちになってしまいます。車の価値は、年式も重要な査定要素に含まれているので、新規登録するタイミングには注意して下さい。

初売りセールが狙い目!

初売りセールは、数あるイベントの中でもイケイケ度が高く、値引き交渉がしやすいのは勿論ですが、独自の特典(オプションパーツサービス/特別低金利/商品券など)が用意されているので、お得感に満ち溢れています。

初売りセールは、ディーラーにとっても、その年を占う大切なイベントですから、利益度外視で「集客」と「販売台数」に拘った営業をしてきます。

簡単な値引き交渉だけで、新車が安く買える数少ないビッグイベントなので、新車を買う人にとっては最高のタイミングと言ってよいでしょう。

毎月第3週~第4週が狙い目!

ディーラーで働く以上、営業マンには目標という名のノルマが毎月科せられています。

営業マンは、ノルマを達成するために毎月第3週頃から焦りだして、最終週の第4週は必死で契約を取りにくる人も多いです。(ノルマが未達の場合は特に)

新車を購入する側にとっては、営業マンが必死になっている時期こそ、新車を買う絶好のタイミングです。

イベントなどがない月で、「新車を買うならいつがいい?」と聞かれた場合は、「第3週~第4週を狙って値下げ交渉をするべき!」と個人的には考えます。

ほとんどの販売店は、営業マンに対して「無理してでも決めろ!」と上司が部下に対して激を飛ばすはずですから、何月とか関係なく月末は新車を購入する絶好のタイミングなのではないでしょうか。

モデルチェンジや生産終了の車種を狙え!

毎年、生産終了やモデルチェンジの車が必ず出てくるので、新型車に興味がない人には、新車を購入する絶好の時期とも言えます。

生産終了やモデルチェンジの発表が出れば、現行型の新車は一時的に受注がストップして、メーカーやディーラーの在庫処分セールが始まります。

ボディカラーやオプションパーツは選べませんが、その代わりに激安価格で新車を買うことができます。

ただし、あっという間に売り切れてしまうので、在庫処分セールを狙う場合は、貯金をおろして手付金に充てる覚悟で商談に臨んで下さい。

新車を買ってはいけない時期ってあるの?

結論、新車を買ってはいけない時期は存在しません。

もちろん、新型車の発売が開始された月は、強気の商談をしてくるので、新車を買う時期ではありません。

しかし、新型車は1台でも多く新規登録を取らなければならないので、販売店によっては大幅な値引きをしてきます。

さらにイベントやセールがなくても、販売店や営業マンには売り上げ目標があるので、どの月でも新車を安く買うチャンスは必ずあります。

もし新車を買ってはいけない時期があるとすれば、「ビッグセールの開催前後の時期」でしょうか。

ビッグセールでは、販売台数は増えますが、薄利多売状態になるため、利益率は極端に落ちてしまいます。そのため、セールの前後は、しっかりと利益を確保する必要があるため、値引きが渋くなりがちです。

ユーザーとしては、値引きが渋い時期に新車を買ってはいけないので、ビッグセールの前後は新車の購入は避けるべきです。

今こそ買うべき新車はこれだ!

2023年も後半戦に入りますが、各自動車メーカーから、続々と新型車の発売が予定されています。

そのため、生産終了する現行型の車種も多く、在庫処理の新車を安く購入できるチャンスがきました!

ここでは、生産終了を発表したおすすめの車種を紹介します。

トヨタ・パッソ

画像出典元:トヨタ公式サイト
項目概要
メーカートヨタ
車種パッソ
グレード8種類
ボディ形状5ドアハッチバック
エンジン直列3気筒
動力種類ガソリン
排気量1,000cc
燃料消費率19.0km/L~21.0km/L(WLTCモード)
駆動方式2WD/4WD
車両本体価格1,275,000円~1,803,000円

パッソ公式サイトによると、2023年9月下旬で生産終了することが発表されています。

トヨタ・パッソは、2004年から販売されているトヨタ最小サイズのコンパクトカーです。ヴィッツよりも全長が短く、運転のしやすさが魅力で、女性やご年配の方から高い支持を受けていました。

パッソは、ガソリン車のラインナップしかありませんが、軽自動車から普通車に乗り換えるには最適なサイズです。

2023年末には新型パッソが発売されるとの噂がありましたが、現時点では公式サイトにもフルモデルチェンジの発表がありません。

生産終了が決まった今、全国のディーラーでは在庫処分に追われているので、コンパクトカーの新車が欲しい人は、今こそパッソ購入の時期です!

トヨタ・カムリ

画像出典元:トヨタ公式サイト
項目概要
メーカートヨタ
車種カムリ
グレード5種類
ボディ形状セダン
エンジン直列4気筒DOHC
動力種類ハイブリッド
排気量2,500cc
燃料消費率21.6km/L~27.1km/L(WLTCモード)
駆動方式2WD/E-Four
車両本体価格3,495,000円~4,682,000円

カムリ公式サイトによると、2023年12月下旬をもって生産終了が決まっています。

トヨタ・カムリは、1980年から販売されているミドルクラスの高級セダンで、国内よりも海外で絶大な人気を誇っています。

マークXが生産終了となった現在では、トヨタの中型車を代表するグローバル戦略車です。海外で高い人気を誇っているカムリですが、セダン車の人気が低い国内では、新型車の発売も見送られています。

現時点では、2023年12月~2024年春に予定されている新型カムリは、海外専売車として販売される予定。

今後、トヨタのセダンはプリウスとクラウンに絞られることから、中型車を求めている人は、カムリの新車が買えるチャンスは、今しかありません。

マツダ・ロードスター

画像出典元:マツダ公式サイト
項目概要
メーカーマツダ
車種ロードスター
グレード6種類
ボディ形状2ドア・オープン
エンジン直列4気筒DOHC16V
動力種類ガソリン
排気量1,500cc
燃料消費率16.8km/L~17.2km/L(WLTCモード)
駆動方式FR
車両本体価格2,689,500円~3,422,100円

1989年に「ユーノス・ロードスター」として誕生してから、今年で34年目。

ロードスターは、「世界で最も多く生産された2人乗り小型オープンスポーツカー」として、ギネスブックに認定された、日本を代表するオープンカーです。

ライトウェイトスポーツカー市場の救世主とも言われたロードスターも、最近のスポーツカー離れは深刻で、とうとう生産終了に追い込まれました。

運転免許を持っている多くの人が、「人生で1度はオープンカーに乗ってみたい!」と思ったことがあるはず。

オープンカーはいつの時代も憧れの車で、ロードスターは最も身近な存在のオープンカーとして、一世を風靡した人気車。

2023年7月時点では、すでに生産・受注ともに終了していて、全国の販売店が抱えている在庫がなくなり次第、販売終了するとのアナウンスがありました。

2024年にハイブリッドモデルもしくはEV車として再販されるみたいですが、ガソリン車の廃止が個人的には残念でなりません。

ガソリンエンジのロードスターは、将来的に価格が高騰する期待の車。人生で1度はオープンカーに乗ってみたいという人は、今が購入するべきタイミングですよ!

新車の購入に役立つ!当サイトでおすすめサービス!

欲しい車があるけど、インターネット上だけの情報だけでは不安…。

購入を検討するために1回試乗とかしたいな…。

車の購入は人生のなかで、そう何度もあるイベントではありません。

だからこそ、車を購入する際には、慎重に決断をしたいものですよね。

また車にあまり詳しくない方であれば、車を購入する際に不安は大きいかと思います。

そこで車の購入時に役立つおすすめサービスをご紹介させていただきます。

車の購入を検討している方は「楽天Car試乗」がおすすめ!

項目概要
運営会社楽天グループ株式会社
設立1997年2月
本社東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
公式サイトhttps://car.rakuten.co.jp/newcar/

車を購入する前に、まずは試乗をしてから決めたいと考える方は「楽天Car試乗」がおすすめです。

楽天Car試乗は、楽天グループが運営する車の試乗予約サービスです。

例えば、インターネット上で気になる車種があれば、無料で試乗をすることができます。

楽天Car試乗のポイント
  • 楽天からの予約&成約時に楽天ポイントがもらえる
  • 最短1分で試乗予約が完了!
  • 事前予約で待ち時間なく試乗が可能!
  • 豊富な車種ラインナップで様々なメーカーの試乗が可能!
ひろし

特に新車を購入するときは試乗もせずに、いきなり購入は絶対NG!確実に試乗をしてから検討することをおすすめします!

使い方は簡単!3ステップ!

STEP
車種と来店店舗・日時を予約

公式サイトから希望の車種を選び、あとはフォームに沿って入力すれば問題ありません。

STEP
店舗からの連絡にて来店予約日の確定

最寄りのディーラーから連絡が来るので、日時の調整をおこないます。必ず連絡が取れるようにしましょう。

STEP
予約の店舗へ来店・試乗の実施

来店したら希望の車種に試乗します。気に入ったらそのまま商談に進み購入してもOKです。また購入成約したら楽天ポイントがもらえます。

中古車の購入なら「ズバブーン.jp」がおすすめ!

中古車を購入したいけど、車の品質の良し悪しが分からないから不安…。

どの中古車販売店で車を購入すれば良いのか分からない…。

中古車の購入は車に詳しくない方にとっては、かなりハードルが高いものですよね。

正直、どこの中古車販売店でどのような車を選べば良いのか分からないという方がほとんどだと思います。

またインターネット上で気になる車を見つけても仕事が忙しくて、なかなか店舗を回ることができないという方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、「ズバブーン.jp」がおすすめです。

項目概要
運営会社株式会社Bang
本社東京都世田谷区三軒茶屋二丁目11番22号 サンタワーズセンタービル4F
設立2021年2月
公式サイトhttps://www.zbaboon.jp/

スバブーン.jpは車のプロが無料で高品質の中古車探しをサポートしてくれるサービスです。

中古車大手のガリバーとサービス連携しており、毎日約500台入荷がされているので、自分の希望にあった条件の1台を見つけることができます。

さらに、このズバブーン.jpの凄いところは、「非公開車両」を紹介してくれるところです。

一般的に私たちが自由にインターネット上で探すことができる車両は中古車市場全体の約30%と言われてます。

ひろし

つまりズバブーン.jpを使えば私たちが見ることができない情報から良質な中古車を探してもらえるということなんです!

本来は中古車市場に自分の求めてた条件にマッチする1台があるかもしれないのに、知らず知らずのうちに機会損失をしてるとは非常にもったいないですよね。

ズバブーン.jpのポイント
  • 中古車販売大手のガリバーと業務提携をしており累計100万台以上の実績
  • 安心の全車種保証付き(国産車最長10年・輸入車最長5年)
  • クルマの修復歴はチェック済みなので納車時の徹底検査で安心
  • ネットで登録したらガリバーから連絡をくるのを待つだけ
  • インターネット上には出回らない非公開車両を厳選して紹介してくれる

ズバブーン.jpの使い方は簡単4ステップ!

STEP
欲しい車の情報を入力

公式サイトから欲しい車の情報を入力します。たったの35秒で入力できるので非常に簡単!あとは中古車大手のガリバーから連絡を待つのみ。

STEP
ガリバーより電話でヒアリング

ガリバーから電話があり、希望の車種の予算や色など詳細のヒアリングがあります。ここを怠ると自身の希望に沿った車を紹介してもらうことができないのでしっかりと希望を伝えるようにしましょう!

STEP
希望にマッチする車を探し紹介

ガリバーから希望条件にマッチしそうな車種が続々と紹介されてきます。気になる車があり、最寄りの店舗で見学が可能であれば実車見学に行くことをおすすめします!

STEP
購入・成約

希望にあった車が見つかったら購入!全車種保証がついてるので買ったあとも安心です。また提案してくれた車がイメージと違った場合は無理に購入しなくても全く問題ありません!

ひろし

実際にズバブーン.jpを使ったことがありますが、ガリバーから強引な営業もなく安心して利用ができました。対応はとても丁寧で好印象でした!

まとめ

「新車を購入するなら決算セールの時期に!」というのは、新車の購入よりも、中古車の購入に向いているイベントだと感じています。

新車の場合は、既に店頭にある在庫車がメインになるため、希望の新車を購入したい人にとっては、決算セールは不向きなイベントかもしれません。

当サイトがお勧めする新車の購入にベストな時期は、「新春初売りセール」が最も信頼できるイベントとして太鼓判を押します。

新車を買うタイミングは、長い人生の中でも、そう何度も訪れる出来事ではありません。今回の記事を読み返してもらって、新車の購入にベストな時期をもう一度再確認して下さいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次