車の豆知識

【要注意】残クレのメリット・デメリット!損をしない車の購入方法

車を購入する際のローンとして、残価設定ローンなどがありますが、「他のローンとの違いは?」「メリットがよくわからない」と疑問に感じている人もいるでしょう。

残クレは、普通に購入するよりもお得に新車購入ができます。

ただし、残クレの利用にはいくつかの注意点があるので、メリット・デメリットを紹介しながら、損をしない車の購入方法について解説していきます。

これから車の購入を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ひろし

残クレって、正直よく分かりづらいですよね…。
この記事をご覧になれば、残クレのことが分かります!

残クレ(残価設定ローン)とは?

新車の購入でよく耳にする残クレですが、仕組みや内容がわからない人もいるでしょう。
まずは、さまざまな自動車メーカーで用意されている残クレの基礎知識を紹介します。

残クレの仕組み

残クレとは、残価設定ローンや残価設定クレジットのことを言います。

さまざまな自動車メーカーで用意されている残クレですが、下取り価格を事前に設定しておき、その下取価格を引いた残りの金額に対してローンを組む方法です。

一般的なローンは「車の購入総額」を分割して返済しますが、残クレは「車の購入総額」から「数年後の車の価値である残価」を差し引き、残りの金額を分割で返済します。

残クレの金利は3~5%

残クレと自動車ローンの比較において、金利は重要なポイントです。

  • 銀行系ローン:1~4%
  • ディーラーローン:3~10%
  • 残クレ:3~5%

銀行系ローンと比べると金利が少し高めに設定されていますが、審査が通りやすいディーラーローンとは違い、銀行系ローンは審査基準が厳しくなっています。

ただし、残クレは残価分の金利も含めて毎月支払うため、契約期間を超えて乗り続ける場合は、一般的な自動車ローンよりも総支払額が高くなる傾向にあります。

残クレの精算方法は3つ

残クレの契約期間は3年・5年・7年で設定するのが一般的です。
ローン返済が終わり残価の清算をおこなうには、以下の3つから選ぶことになります。

  • 車を返却する
  • 同じ販売店で新しい車に乗り換える
  • 残価分を清算して買い取り、そのまま同じ車に乗り続ける

一定期間同じ車に乗っていると、愛着も湧いてくるでしょう。

その場合、残価分を清算して車を買い取ることもできますが、通常のローンよりも利息が高いため総支払額が高くなる傾向にあるため注意が必要です。

残クレには審査がある

当然ですが、残クレは誰でも設定できるわけではありません。

クレジット会社に対して、「安心」と「信頼」を証明する必要があり、一般的な自動車ローンでは以下のような審査項目でチェックされることがほとんどです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 職業
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 他のローン支払の有無
  • 過去の信用情報

残クレの審査では、契約者に毎月支払う能力があるかを判断しています。

「滞納した」「クレジットカードの引き落としが遅延した」など、過去に金融事故を起こした経験がある人は、信用情報が傷ついている可能性があります。

残クレで車を購入する4つのメリット

残クレは上手に利用すればお得に車を購入することができます。
ここでは、残クレによって得られる4つのメリットについて解説します。

毎月のローン返済額が抑えられる

残クレで車を購入する場合、事前に下取り価格が車両本体価格から引かれているため、毎月のローン返済額を抑えられるというメリットがあります。

通常のローンでは、まとまった頭金を入れない限り、毎月の負担が大きくなりがちです。
また、月々の支払額を減らすためには長期間のローン契約が必要になります。

残クレを利用すれば金銭的にも余裕が生まれるでしょう。

毎月の支払額が抑えられるため、予算を上げてワンランク上の車種やグレードの車を手に入れれるだけでなく、旅行やレジャーの資金に充てることもできます。

3~5年で車を乗り換えられる

残クレは、3~5年サイクルで車を乗り換えたいときに便利です。

各メーカーから気になる新車が発売されたときだけでなく、以下のような生活のライフスタイルや環境が変化したタイミングで、必要な車に乗り換えることができます。

  • 結婚や出産で家族が増える
  • 転勤の影響で、必要な車が変わる
  • 子どもの成長にともない、車を乗り換えたい

また、3年で残クレを契約した場合、初回の車検前に乗り換えることになります。

自家用車の購入はメリットが多い一方で、年数が経過するほど車検費用がかかったり修理代が増えたりするなど、家計を圧迫する要因にもなるでしょう。

少しでも維持費を抑えたい人に、残クレはおすすすめの選択肢です。

頭金・ボーナス支払いが0円でも新車に乗れる

通常、新車を購入する際にローンを組んだら、ある程度の頭金を入れる必要がありますが、残クレの場合は頭金を用意しなくてもローンを組むことが可能です。

そのため、車購入時にまとまったお金を準備できなくても問題ありません。
また、一般的なローンでは、ボーナス時期の返済額を多くすることがあります。

しかし、近年の不況でボーナスを返済に充てるのは難しいという人もいるでしょう。
残クレではボーナス支払いが不要なので、安心してローンを組むことができます。

残価が保証されている

残価が保証されているのも、残クレのメリットの一つです。

一般的に車の価値は年数が経過するごとに低くなるため、新車で購入して3年も経過すると、1回目の車検を通す前に売却して乗り換える人もいます。

中古車の価格は、車種、年式、走行距離、グレード、装備などによって変動しますが、残クレでは最初に残価として車両価格が設定されているので安心です。

つまり、あらゆる要因による売却価格の変動に左右される心配がありません。

残クレで車を購入する4つのデメリット

残クレは魅力的なサービスに感じますが、注意すべきポイントもあります。
デメリットを押さえて、残クレが自分に合っているかどうかをチェックしましょう。

利息が一般的なローンよりも高い

自動車ローンには金利が設定されていますが、これは残クレでも同様です。

残クレは車両本体価格から残価を差し引いた額でローンを組みますが、金利は残価を含めた額に対して設定されているため、多くの利息を支払うことになります。

短期間で乗り換える人にはお得な残クレですが、契約期間を延長して最後まで乗り続ける場合は、総支払額が一般的な自動車ローンより増える可能性があり注意が必要です。

毎月の返済額だけでなく、トータルの支払額も計算して利用を決めましょう。

走行距離の上限が決まっている

残クレで車を購入すると、月間の走行距離が制限されます。

メーカーによって距離制限の内容は異なりますが、月間1000kmもしくは1500km以内、3年で4万km以内、5年で6万km以内というように設定されています。

車両を返却する際に、距離の制限を超過していると、追加での支払いが必要です。

通勤や通学だけでなく、仕事やレジャーなど日常的に長距離走行を予定している人は、月間走行距離が超えることがないかをあらかじめ確認しておきましょう。

返却時に追加料金が発生することがある

口コミサイトなどで調べてみると、「残クレの支払いがきつい」「失敗した」などと書かれていますが、これはどういう意味なのでしょうか。

ローン契約時に設定された残価は、基本的に契約終了まで保証されます。

ただし、残クレで購入した車に傷がついてしまうと、車両価値を低下させる状態と判断されるため、追加の支払いが必要になることもあるため要注意です。

事故を起こして廃車になっても、支払いだけが残るというケースも。

3~5年という契約期間では、車に傷が付いたり、事故に遭ったりすることは十分に考えられるので、毎月の支払額は増えますが、残クレでは車両保険の加入は必須です。

人気車種は残価より価値が高くなることも

人気ある車種は、3~5年経過しても価値があまり下がらないこともあります。

残クレで人気車種を購入した場合、残価より中古車市場での価値が高くなっても、購入時に設定された残価以上の金額にならないため注意が必要です。

ミニバンやSUVといった人気車種の購入を検討している場合は、残価について十分に検討をし、納得できなければ一般的な自動車ローンを組むようにしましょう。

営業マンの話を鵜呑みにせず、いろいろな方法と比較することが大事です。

残クレに向いている人は?

ここまで残クレの特徴や注意点などを紹介してきましたが、少しでも「厳しそうだな」と感じた人は、残クレに向いていないかもしれません。

さまざまなメリットがある残クレですが、得する人と損する人がいます。
具体的には、以下の5つに当てはまる人には、残クレが向いていると言えるでしょう。

  • 年間の走行距離が1万km程度
  • これまで車の購入後にオプションを付け足したことがない
  • カスタマイズに興味がない
  • 任意の車両保険に加入している
  • 日頃から安全運転に勤めている

残クレは3~5年契約がほとんどなので、短期間に車を乗り換えたい人におすすめ。
毎月の返済額が少なくなるため、できるだけ負担を減らしたい人にも合っているでしょう。

残クレに頼らず車を購入する方法は?

短期での乗り換えを予定しているなら、残クレは選択肢の一つとしておすすめです。
しかし、さまざまな縛りがある残クレ以外にも、車を購入できる方法はあります。

マイカーローンで購入する

まず、長期的に同じ車に乗り続けるならマイカーローンがおすすめです。

残クレを利用すれば毎月のローン返済額を抑えられるメリットがありますが、長期的な契約だと利息分などで、一般的な自動車ローンより総支払額が高くなる傾向にあります。

また、マイカーローンなら金利3%程度と残クレよりもお得に購入が可能です。

もちろん毎月のローン返済額を抑えるために、ある程度の頭金を入れる必要はありますが、まとまった資金を用意できるならマイカーローンのほうが良いでしょう。

中古車の購入を検討する

新車にこだわらなければ、中古車の購入を検討しましょう。

中古車を選択肢に入れることで、費用を抑えて車を購入できるだけでなく、ワンランク上の車種やグレードも予算内で検討できるようになるのがメリットです。

しっかりと比較検討すれば、中古車でも高品質な車は見つかります。
購入費用を抑えつつお気に入りの一台が見つかるかもしれません。

ひろし

下記の記事で失敗しない中古車の購入について紹介しているので、参考にしてみてくださいね!

【初心者向け】中古車買うならどこがいい?失敗しない選び方を解説中古車を買うときに「正直どこで買えばいいのかわからない」といった方は多いのではないでしょうか。この記事では中古車を購入する際に失敗しない選び方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。...

カーリースという選択肢も

残クレとよく比較対象にあがるのが「カーリース」です。

カーリースにおいても残価が用いられますが、残クレと違って金利がなく、月々のリース料には税金や車検費用などが含まれているのがメリットでしょう。

このように家計管理がしやすいだけでなく、カーリースの契約年数は7年や9年など長期で設定されており、同じ車に長く乗り続けたい人にもおすすめです。

車の購入には少し抵抗がある人は検討してみてください。

ひろし

カーリースを検討している方は、下記の記事でおすすめカーリースを紹介しているので、参考にしてみてくださいね!

【最新版】カーリースおすすめ7選を徹底紹介!この記事ではおすすめのカーリースを紹介しています。新車を購入したいけどまとまった費用を抑えたいと考える方は多いのではないでしょうか?カーリースは頭金不要で新車に乗ることができ、なおかつ税金やメンテナンス込みで定額利用できるサービスなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

まとめ

残クレは、利用する人次第で得にも損にもなります。

また、トヨタとホンダで残クレの内容が異なるように、各メーカーが提供する残クレのプラン内容や金利をしっかりと比較して利用することをおすすめします。

通常のカーローンでは手が届かないような新車でも購入できるのが残クレの魅力ですが、多くのデメリットもあるため、それらを事前に把握することが大切です。

自分の生活スタイルや環境の変化に合わせて上手に活用してみてください。

【編集部おすすめ】

ネット上の口コミ・評判の良い中古車ディーラーを都道府県別に紹介!

「中古車選びに失敗したくない…。」
「愛車をできるだけ高く売りたい…。」

そのようなお悩みを持つ方は、こちらを詳しくみてみるのがおすすめ!