アルファードの値引きの限界額と相場は?安く買うための交渉術を徹底紹介!

アルファードと言えば、日産エルグランドのライバル車として、高級L型ミニバン部門で長年競い合っていますが、エルグランドの人気衰退とともに国産高級ミニバン市場では、アルファードが不動の地位を築いています。

また、アジア圏を中心に海外でも販売されていますが、海外(現地生産)で製造する形をとっておらず、完成車を日本から輸出するため、海外では関税が掛かることから高額輸入車として販売されています。

そのため、海外ではベンツやBMWと同じ高級輸入車として扱われるため、庶民が気軽に購入できるミニバンではありません。今回は、トヨタ・アルファードの値引き相場や、安く買うための交渉術などを徹底紹介していきます。

目次

トヨタ・アルファードのスペック情報について

アルファードは、トヨタ自動車が2002年から販売している高級LL型ミニバンで、国産ミニバンの中では最上級の位置づけにあります。高級ミニバンとして、世界的にも認知度が高いアルファードのスペック情報を紹介していきます。

スクロールできます
項目/タイプハイブリッド車ガソリン車
グレードExecutive Lounge S Executive Lounge SR “Cパッケージ” G “Fパッケージ” X3.5 Executive Lounge S 3.5 Executive Lounge 3.5 SC 3.5 GF 2.5 X 2.5 S
全長4,945mm~4,950mm4,945mm~4,950mm
全幅1,850mm1,850mm
全高1,950mm 1,935mm1,950mm 1,935mm
室内長さ3,210mm3,210mm
室内幅1,590mm1,590mm
室内高さ1,400mm1,400mm
ホイールベース3,000mm3,000mm
最低地上高165mm160mm
車両重量2,090kg~2,240kg1,920kg~2,150kg
乗車定員7人乗り(S/X 8人乗り有り)7人乗り(S/X 8人乗り有り)
燃料消費率 (WLTCモード)14.8km/L9.9km/L~10.8km/L
駆動方式4WD2WD/4WD
排気量2,500cc2,500cc~3,500cc
エンジン直列4気筒・2.5L:直列4気筒
・3.5L:V型6気筒
最高出力152ps・2.5L:182ps
・3.5L:301ps
最大トルク21.0kgf・m・2.5L:24.0kgf・m
・3.5L:36.8kgf・m
モーター最高出力(F)143ps (R)68ps
モーター最大トルク(F)27.5kgf・m (R)14.2kgf・m
バッテリー種類ニッケル水素電池
引用元:アルファード主要諸元表

現在(2022年10月)販売されているアルファードには、2,500cc直列4気筒エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドモデル、2,500cc直列4気筒エンジンと3,500ccV型6気筒エンジンの2種類から選択できるガソリンモデルが用意されています。

ハイブリッドモデルには、ベースグレード「X」、充実した装備が魅力の「G “Fパッケージ”」、専用エアロパーツが装備された「SR “Cパッケージ”」、上級グレードの「Executive Lounge」、Executive Loungeに専用エアロパーツを装備した最上級グレード「Executive Lounge S」の5種類から選択することができます。

2種類のエンジンが用意されているガソリンモデルには、アルファードのエントリーモデル「X」、Xをベースにエアロパーツを装備した「S」、装備が充実している「GF」、GFをベースに専用エアロパーツを装備した「SC」、上級グレードの「Executive Lounge」、Executive Loungeに専用エアロパーツを装備した最上級グレード「Executive Lounge S」の6種類から選択することができます。

アルファードは、エントリーモデルでも350万円以上する高級車ですから、予算に余裕がない人には最廉価グレードの「X」がおすすめですが、走行性能と装備面を考えると「G “Fパッケージ”」か「GF」が、おすすめの定番グレードになります。

尚、2,500ccガソリンモデルは、大型ミニバンのエンジンとしては少し非力で、満足のいく走行性能を得ることができません。アルファードの購入を考えている人は、ハイブリッドモデルか3,500ccのガソリンモデルを選択することをおすすめします。                      

アルファードの魅力について

大空間高級サルーンとして開発されたアルファードは、高級セダン以上の豪華装備と居住性を兼ね備えた大型ミニバンで、官公庁や官僚の送迎車としても多く使用されています。

アルファードは、3mを優に超える広い室内と、フロアの低床化による高い室内高で、乗降のしやすさも魅力の1つです。

また、「148Lのラゲッジ収納」「スマートエントリー&プッシュスタートシステム」「左右確認サポート+シースルービュー機能付パノラミックビューモニター」など、世界初の新機能が多数備わっています。

外観は、ロアグリルが一体になった迫力ある大型メッキフロントグリルが特徴的で、インテリアは下地にホログラム層を採用した世界初のブラック木目調が、ワンランク上の重厚感を際立たせています。

走行性能は、2,500cc直列4気筒エンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドモデルと、3,500ccV型6気筒エンジンを搭載したガソリンモデルが人気で、両モデルとも自動無段変速機との相性もよく、高い燃費性能とダイナミックな加速感を味わうことができます。

安全性能では、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が全グレードに標準装備されており、安全評価でもセーフティ・サポートカー「サポカーSワイド」、JNCAP予防安全性能評価で最高ランクの「ASV+++」を獲得するなど、最高レベルの安全性能がアルファードに搭載されています。

また、最上級グレードにあたる「Executive Lounge」には、ファーストクラス級のプレミアムセカンドシートが採用されており、極上の乗り心地を体感することができます。

アルファードは、高級ラウンジのような非日常的な雰囲気を味わいたい人や、ハイクラスのミニバンに憧れている人におすすめの高級車です。

アルファードのリセールバリュー

車の価値を知る指標の1つとして、中古車業界ではリセールバリューをよく使います。フォレスターのリセールバリューを「グーネットの価格相場」を参考にして算出してみました。

新車価格2,650,000円~7,610,000円
中古車相場158,000円~18,200,000円
リセールバリュー6%~240%
参考元:グーネット「アルファードの中古価格相場

リセールバリューとは、「中古車相場÷新車価格×100=(%)」で、中古車の価値を数字化したものです。

アルファードは、年式や走行距離よっては、格安で購入できる中古車があります。そのため、車両の状態や程度に中古車相場が大きく変動する車種で、同じ年式でもリセールバリューに大きな開きがでます。

高いものでは新車価格の2倍以上で販売されている車両もあるので、決してリセールバリューが低い不人気車ではありません。

基本的にはリセールバリューが高い車種ですから、アルファードの中古車を購入する際には、「車両の状態」「走行距離」「年式」などをしっかりと吟味する必要があります。

ひろし

あまりにも販売価格の安いアルファードの中古車は、何かしらのトラブルを抱えているケースが考えられるので、安易に手を出さないように十分に注意して下さい。

アルファードを購入するなら新車と中古どちらが良い?

アルファードの新車価格は、兼価モデルで350万円以上、上級モデルになると700万円を超える高級車です。

そのため、中古車市場での人気も高く、高年式車やハイグレードモデルは中古車でも500万円前後する車両も珍しくありません。

しかし、新車のエントリーモデルを購入するなら、年式を妥協してでも装備が充実しているワンランク上の中古車を狙うことをおすすめします。

アルファードの魅力は、アルファードでしか味わうことができない上質なインテリアと高級装備ですから、装備を妥協して低グレードの新車を買うくらいなら、中古車で上級グレードを購入する方が優越感に浸ることができます。

アルファードの値引き限界額と値引き交渉術

アルファードの「値引き限界額」と、安く買うための「値引き交渉術」を紹介していきます。

アルファードの値引き限界額

実際にアルファードを購入した人は、どれくらいの値引きを獲得したのか?アルファードの値引き情報を、Twitterの口コミから調べていきます。

アルファードの値引きについて、Twitterの口コミを調べてみましたが、値引きの限界額は「60万円」が、現実味のある数字でした。

平均的な値引き額は「40万円前後」が最も多く、車両価格が高いグレードほど値引き額が大きくなります。

アルファードの値引き交渉術

アルファードを安く購入するための「値引き交渉術」は、以下の通りです。

  • モデルチェンジの時期を狙う。
  • アルファード同士で相見積もりを行う。
  • 即決はNG!根気強く値引き交渉を行う。

モデルチェンジの発表が行われると、現行型がすぐに旧モデルになってしまうことから、大幅な値引きをしなければ新車が売れなくなります。

そのため、ディーラーでは、通常では考えられない大幅な値引きを敢行してくるため、限界値引き額を期待しているユーザーにとっては、絶好の狙い目になります。

ひろし

アルファードは、2023年春頃にフルモデルチェンジが行われる予定で、今がまさに値引き限界額を狙うチャンスの時期です。

通常の相見積もりでは、ライバル車の見積書を利用することがほとんどですが、アルファードの場合はディーラーの利益率も高く、各営業所が1台でも多く販売したい特別な車種のため、相見積もりを行う際には、アルファード同士もしくは姉妹車(ヴェルファイア)で競い合わせることをおすすめします。

同系列会社で競い合うため、ユーザーの囲い込みや店舗のプライドがあるので、大幅な値引き合戦が繰り広げられ、値引き限界額を狙いやすくなります。

アルファードのような富裕層を狙った高級車種の場合は、営業スタッフも顔色を見ながら手探り状態で値引き交渉を進めてきます。

購入意思を明確にすることが大前提ですが、限界値引きを狙う場合は、最低でも3回に分けて商談に臨むようにして下さい。早く契約が欲しい営業マンは、焦らされることを嫌うため、3回目の商談では部長や店長決済に持ち込めることがあります。

値引き限界額を引き出すには、根気強い商談がおすすめです。

まとめ

アルファードは、2023年5月頃にフルモデルチェンジが行われる予定なので、限界値引きを狙うなら今でしょ!

アルファードを安く買うためには、「アルファードの値引き交渉術」を忠実に実行することが大切です。

そのためには、買う時期や相見積もりが重要になるので、しっかりと準備を整えてから値引き交渉に臨んで下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次