ハイエースの値引きの限界はいくら?安く購入したい人の交渉テクを徹底解説!

ハイエースは、日産キャラバンと共に日本の大型ワンボックスクラスを牽引し続けている人気車種ですが、国内に限らず海外でも不動の人気を誇っています。

特にハイエースバンは、エンジンの整備性や耐久性に優れていることから、年式や走行距離に関係なくディーゼル車が新興国を中心に輸出されています。

そのため、ハイエースはリセールバリューが高い人気車種で、安く購入するためには値引き交渉テクを身に着ける必要があります。

ひろし

今回は、ハイエースを少しでも安く購入するための値引き交渉テクや、値引き限界額について徹底解説していきます。

目次

トヨタ・ハイエースのスペック情報について

ハイエースは、トヨタが1967年から販売しているキャブオーバー型の商用車で、3ナンバーの乗用タイプもあります。ルーフ形状やフロア形状が豊富なため、様々な職種で使用されています。

大型ワンボックス車として、絶大な人気を誇っていましたが、アルファードの販売が開始されてからは乗用タイプの需要が減っています。

それでは、ハイエース(ワゴン/バン)のスペック情報を紹介していきます。

項目ワゴンバン
グレードグランドキャビン
GX
DX
スーパーGL
ロング DX
スーパーロング DX
ロング
ボディ幅ワイド標準 ワイド
ルーフ形状ミドル/ハイ標準 ミドル/ハイ
フロア形状標準標準 ジャストロー
全長4,840mm~5,380mm4,695mm~5,380mm
全幅1,880mm 1,695mm~1,880mm
全高2,105mm~2,285mm1,980mm~2,285mm
室内長さ3,525mm~3,715mm1,480mm~3,540mm
室内幅1,695mm~1,730mm 1,520mm~1,730mm
室内高さ1,390mm~1,565mm1,170mm~1,635mm
ホイールベース2,570mm~3,110mm2,570mm~3,110mm
最低地上高175mm~185mm185mm~195mm
車両重量1,930kg~2,150kgガソリン:1,630kg~1,890kg
ディーゼル:1,800kg~2,040kg
乗車定員10人乗り2/5人~3/6/9人
燃料消費率 (WLTCモード) 8.1km/L~8.5km/Lガソリン:8.8km/L~9.3km/L
ディーゼル:11.7km/L~12.5km/L
駆動方式2WD/4WD2WD
排気量2,700ccガソリン:2,000cc/2,700cc
ディーゼル:2,800cc
エンジン直列4気筒ガソリン:直列4気筒
ディーゼル:直列4気筒ターボ
最高出力160psガソリン:136ps/160ps
ディーゼル:151ps
最大トルク24.8kgf・mガソリン:18.6kgf・m/24.8kgf・m
ディーゼル:30.6kgf・m
登録ナンバー3ナンバー1ナンバー
4ナンバー
参考情報

ハイエースワゴン(諸元表):https://toyota.jp/pages/contents/hiacewagon/005_p_014/4.0/pdf/spec/hiacewagon_spec_202204.pdf

ハイエースバン(諸元表):https://toyota.jp/pages/contents/hiacevan/005_b_023/4.0/pdf/spec/hiacevan_spec_202204.pdf

ハイエースは、バスや送迎車に使用する14人乗りのコミューター(特装車)、3ナンバーの乗用タイプ(ワゴン)、1ナンバーまたは4ナンバーの貨物車(バン)から、車種を選択することができます。

ハイエースワゴンは、エントリーモデル「DX」、主要な装備が備わっている「GX」、最上級グレード「グランドキャビン」の3種類からグレードを選択できます。

ハイエースバンは、エントリーモデル「DX」、最上級モデル「スーパーGL」の2種類から選択することができます。

2種類のグレードしか選択できないハイエースバンは、事業用の商用車として使用されることが多く、標準ボディの4ナンバーのほかに、様々なボディ形状を自由に選べる1ナンバー車も選択できます。

ハイエースワゴンは、2,700cc直列4気筒ガソリンエンジンが搭載されていますが、ハイエースバンには、2,000ccと2,700ccの直列4気筒ガソリンエンジンのほかに、トルクフルな2,800ccディーゼルターボエンジンが用意されています。

ハイエースバンは、色々なバリエーションから選べるため、商用目的ではなく、自家用車として一般の人が購入するケースも増えています。

通勤やレジャーをメインに使用する人には、装備が充実している「GX」がおすすめですが、キャンピングや趣味で使用することが多い人には、装備が充実している貨物車「スーパーGL」を選択すると良いでしょう。

スーパーGLを選択する人には、燃費性能とハイトルクが魅力のディーゼルエンジンを搭載した4ナンバー車(標準ボディ)をおすすめします。

ハイエースの魅力

ハイエースは、優れた耐久性と大空間が最大の魅力で、日本のみならず海外でも高い評価を得ているワンボックス車です。

特に劣悪な道路環境が多い新興国では、ハイエースは絶大な人気を誇っており、中東・アフリカ・南米を中心に多くの国々で利用されています。

ハイエースワゴンは、従来よりもボディ形状が大幅に変更されており、全幅1,880mmのワイドボディ一に統一されています。上級モデルのグランドキャビンは、国内最大級のサイズ(全長5,380mm)で、室内長さは3,500mmを超える大空間です。

また、ハイルーフを選択すると、室内の高さが1,565mmもあるため、背の低い人なら立って移動できるほどの空間があります。

ハイエースのもう1つの魅力は、クラストップレベルの安全性能を搭載していることです。

死角を減らす装備として、車両後方を監視する「デジタルインナーミラー」、車両全体をマルチインフォメーションディスプレイに映し出す「パノラミックビューモニター」、前後方の静止物を検知する「パーキングサポートブレーキ」など、最先端の安全装備がハイエースには搭載されています。

安全評価としてもセーフティ・サポートカー「サポカーSワイド」、予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」も搭載されていますから、十分な安全性能を備えています。

ハイエースのリセールバリューについて

ハイエースの価値を示す「リセールバリュー」を、グーネットの価格相場を使って算出しました。

車両新車価格中古車相場リセールバリュー
ハイエースワゴン1,390,000円~4,170,000円370,000円~ 8,380,000円27%~200%
ハイエースバン1,150,000円~4,190,000円350,000円~10,898,000円30%~260%
参考情報
  • ハイエースワゴン価格相場:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/HIACE_WAGON/market/
  • ハイエースバン価格相場:https://www.goo-net.com/catalog/TOYOTA/HIACE_VAN/market/

リセールバリューは、「中古車相場÷新車価格×100=(%)」で算出することができます。

ハイエースは、非常に人気がある車種の一方で、日本で最も盗難される車として「7年連続ワースト1」に挙げられています。

盗みたくなるほど世界中で注目を集めているハイエースは、リセールバリューが示す通り、中古車としての価値が高いことが分かります。

ハイエースを購入する際には、リセールバリューが最も高いハイエースバン「スーパーGL」をおすすめします。

ハイエースを購入するなら新車と中古どちらが良い?

新車価格は、ハイエースワゴンが290万円~400万円、ハイエースバンが240万円~380万円ほどです。

ひろし

新車価格では、ハイエースワゴンの方が高く、中古車市場ではハイエースバンの方が人気があります。

リセールバリューの低いハイエースワゴンを新車で購入するよりは、リセールバリューが高いハイエースバンの中古車を購入する方がお得です。

新車に拘りがない人は、良質なハイエースバンの購入をおすすめします。

ハイエースの値引き限界額と値引き交渉テク

ハイエースの気になる「値引き限界額」と、少しでも安くハイエースを購入するための「値引き交渉テク」について紹介していきます。

ハイエースの値引き限界額

気になるハイエースの値引き状況を調べるため、Twitterの口コミ投稿を参考にしてみました。

ひろし

実際にハイエースの新車購入で、値引き交渉をした人の口コミ投稿を一部紹介させて頂きます。

ひろし

ハイエースの値引き額は、Twitterの口コミを見る限りでは「35万円~50万円」が、最も多い値引き額でした。

今回調べた中では、オプションパーツの値引きを含めて「65万円」の値引き額が最も高く、60万円を超える値引き額がほとんどいませんでした。

このようなことから、ハイエースの値引き限界額は「60万円台」が、妥当なラインだと考えられます。

商用車としての需要が高いハイエースは、新車価格の高いハイエースワゴンの方が、値引き限界額を引き出しやすいのかもしれません。

ハイエースの値引き交渉テク

ハイエースの新車を少しでも安く購入するためには、以下の「値引き交渉テク」を試して下さい。

  • ハイエースバンより、ハイエースワゴンを狙う!
  • 同系列店で、ハイエースバンとハイエースワゴンの相見積もりを行う。
  • 安く買うならガソリン車を狙え!

新車で購入する場合は、車両価格が高いハイエースワゴンの方が、値引き交渉しやすい傾向にあります。

ハイエースバンのほとんどは、商用車として使用されていますが、荷物の積み下ろしがしやすいことから、趣味やアウトドアで使用する目的で、一般の人が購入するケースが増えています。

そのため、ハイエースワゴンよりもハイエースバンの方が需要が多い反面、値引きが渋い傾向にあるので、限界値引きを誘発するならハイエースワゴンをおすすめします。

基本的な値引き交渉術として、複数の見積書で値引き額を競わせる「相見積もり」と言う方法があります。

通常の相見積もりは、ライバル車(日産キャラバン)の見積書を使いますが、ハイエースの場合は同じ系列会社で競わせるのが理想的です。

値引き交渉の例

例えば、A社ではハイエースワゴンの見積書を、B社ではハイエースバンの見積書を取得する。A社とB社の見積書を持参して、契約予定のC社で限界値引きを目指して、根気強く値引き交渉を行って下さい。

ひろし

ハイエースは単価も高く、事業車としてリピート率も高いので、無理をしてでも囲い込みたい顧客なのでこうした交渉が有効です!

ハイエースバンを購入する人は、ガソリン車とディーゼル車から選ぶことができます。

ハイエースバンのディーゼル車は、ハイエースの中でも特に人気が高い車種で、販売側も無理に大きな値引きをしなくても売れます。

逆にガソリン車のハイエースバンは、商用車として利用するには「耐久性」「燃費性能」「燃料代」などのコスパが悪く、車両本体価格も安いことから、TOTAL的にはディーゼル車よりも安く購入することができます。

ディーゼル車に拘りがない人には、安く購入できる「ハイエースバンのガソリン車が狙い目」の車種です。

まとめ

ハイエースを安く購入するための値引き交渉テクや、値引きの限界額について徹底解説してきました。

ハイエースは、「耐久性」「燃費性能」「メイドインジャパン品質」を武器に、世界市場でもワンボックス車として不動の地位を確立しています。

そのため、国内では海外の窃盗団による盗難が後を絶たず、車両保険が高額になるなど、セキュリティ問題が課題に挙げられています。

絶大な人気を誇るハイエースですが、商談次第で大幅な値引き額が期待できる車種です。今回紹介した記事を参考にして頂き、60万円以上の限界値引きを狙ってみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次