車を買う

【おすすめ】小回り重視!お洒落で小さい車9選をピックアップ!

都市部に住われている方だと小回りが効く小さい車が便利ですよね。

車を購入する際に、都市部での運転のしやすさを重視して、小さい車が良いと考えている方が多いのではないでしょうか。

この記事ではおすすめの小さい車をピックアップして紹介します。

ひろし

せっかく購入するのであれば後々後悔しない車を購入したいですよね!

小さい車を購入するのがおすすめな人

まず小さい車の購入がおすすめの人について挙げてみます。
これらに当てはまる方は大きい車を購入すると後悔する可能性が高いので小さい車を購入するべきです。

  • 都市部に住んでいる人
  • 車の運転が苦手な人
  • 車に乗るのが多くても2〜3人の人
  • 買い物など日常生活の利用がメインの人
  • 免許を取って間もない人
  • 車の維持費を抑えたい人
ひろし

そもそも運転スキルに自信がない方は大きい車ではなく小さい車のほうが運転しやすいので向いていると思います・・・

小さい車を選ぶメリット・デメリットについて

次に小さい車を選ぶメリット・デメリットについてそれぞれ紹介していきます。

メリットについて

まずはメリットについて挙げてみます。
メリットは主に2つです。

小さい車は運転しやすい

小さい車は小回りが効くため車の運転が苦手な人でも運転しやすいメリットが挙げられます。

小さい車は維持費が安い

小さい車は車体の大きさや排気量が小さいので、税金や燃費が大きい車よりも安いです。そのため維持費が安いメリットが挙げられます。

ひろし

運転がしやすいのも勿論ですが、維持費が安いのは小さい車を選ぶうえで非常に嬉しいポイントですよね!

デメリット

次にデメリットについてあげてみます。
主なデメリットは2つです。

小さい車は4~5人以上での移動ができない

小さい車は運転がしやすい一方で車体が小さいため4~5人での移動ができないことがデメリットとして挙げられます。(⇒ミニバンタイプの車のように7~8人乗ることができない)

車体の安全性

小さい車は車体が軽いので、車体が小さければ小さいほど衝突時の安全性が低くなることがデメリットとして挙げられます。

ひろし

7~8人で移動する機会なんてそうそうないことなので、気になるには安全性ですよね。

おすすめの小さい車9選

小さい車のメリット・デメリットを踏まえたうえでも、それでも小さい車のほうが魅力的な方におすすめの車種をピックアップして紹介します。

【国産】お洒落で小さい車

コペン

画像出典元:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/

ロードスター

画像出典元:https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/

ジムニー

画像出典元:https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ひろし

完全に個人的な好みですが最近のマツダ車は鬼熱だと思います♪

【外車】お洒落で小さい車

ミニクーパー

画像出典元:https://www.mini.jp/ja_JP/home.html

フィアット

画像出典元:https://www.fiat-auto.co.jp/500/

フォルクスワーゲンup!

ひろし

コンパクトかつお洒落な外装も魅力的ですが、内装もめちゃくちゃお洒落なので良い感じですね♪

【旧車】レトロな小さい車

ラシーン

ラパン

ビートル

ひろし

あえて年式の古い旧車を乗るのもお洒落でカッコイイですよね。

結局、小さい車でベストはどれ?

小さい車の購入を考えてる人のベストな選択肢はズバリ「軽自動車」をおすすめします。

  • 維持費や燃費が安い
  • 運転がしやすい
  • 最近の軽自動車は運転支援システム搭載なので安心

これらの理由から軽自動車をおすすめします。

ちなみに軽自動車であればカーリースを利用することで携帯料金とあまり変わらない金額で新車に乗ることができます。(税金や車検費用コミコミの値段なので安く新型車両に乗れます)

詳しくは関連記事で紹介をしているので、参考にしてみてください。

【最新版】カーリースおすすめ7選を徹底紹介!この記事ではおすすめのカーリースを紹介しています。新車を購入したいけどまとまった費用を抑えたいと考える方は多いのではないでしょうか?カーリースは頭金不要で新車に乗ることができ、なおかつ税金やメンテナンス込みで定額利用できるサービスなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

まとめ

この記事では小さい車について紹介をしています。

小さい車は大人数での移動や衝突時の安全性の懸念はあるものの、運転のしやすさや維持費の安さが大変魅力的です。

まとまった車の購入資金がなくても、カーリースであれば月々のスマホ料金と同じくらいの金額で、最新型の軽自動車に乗ることができるので、おすすめです。