車検を早く受けると損をする?車検見積もりはいつからできるのか紹介!

車を所有している又は、所有していたことがある方なら、誰もが経験したことのある「車検」ですが、車検を早く受けすぎると損をすると言われています。

では、車検を早く受けるとなぜ損をするのか?いつ車検を受けるのが良いのか?車検見積もりはいつからできるのか?など、車検を受けるベストなタイミングについて説明していきます。

目次

車検を受ける一般的な時期とは?

車検満了日は決められていますが、車検を受ける時期については法律的でも決められていません。

と言うのも、車検が切れた車を運転することは法律的にも禁止されていますが、車検を受けた次の日でも、再び車検を受けることは問題ないと言う訳です。

では、一般的には車検をいつ受けるのが良いのでしょうか?

実は明確な答えは存在しておらず、中古車の年間走行距離が約10,000kmと言われているのと同じで、概ね車検満了日の1ヶ月前から車検を受ける準備をするのが一般的と言われています。

必ずしも1ヵ月前から車検の準備をする必要はなく、車検が切れるギリギリまで粘って、書類の不備や何かのトラブルによって、車検満了日までに車検が受けられないこともあります。

そうなってしまうと、車検が切れて公道を走ることができなくなります。

車検満了日を過ぎてしまうと、良いことは何もないので、少し早めの段階で車検の見積もりを依頼したり、車検に出す業者を決めたりする作業を、1ヵ月前から初めておくのが一般的な時期と言われています。

車検満了日から1ヵ月以内ならば、次回の車検満了日も変わらないため、可能であれば車検満了日の1ヵ月以内に車検を受けることをおすすめします。

車検を早く受けると損をする?

車検を早く受けると損をする?と言われていますが、なぜ損をするのか?その辺りについて、分かりやすく説明していきます。

例えば、車検満了日が「1月31日」と仮定した場合、一般的には1ヵ月以内の「12月31日から」車検を受ける準備を始めます。

12月31日~1月31日までに車検を実施して合格すれば、2年後の1月31日が次回の車検満了日になります。

しかし、12月31日より前に車検を受けてしまうと、車検に合格した日から2年後が車検満了日になります。

つまり、12月30日に車検を受けると、2年後の12月30日が車検満了日になってしまうのです。

1日車検を早めたばかりに、車検満了日が1ヵ月も早まってしまうため、「車検を早く受けると損をする」と言われているのです。

車検満了日が定期的に2年おきにくるようにするなら、車検満了日から1ヵ月以内に車検を受ける必要があります。

車検満了日よりも早く受けるメリットとデメリットは?

車検満了日よりも早く受けるメリットとデメリットを紹介します。

メリットデメリット
数社に車検見積もりを依頼して、車検費用や整備内容などを考える時間が持てる。車検を早く受けすぎると(1ヵ月以前)、次の車検満了日までの期間が前倒しになる。
希望通りの日程で車検予約が取りやすい。自動車重量税には、余剰分の返金はないため、早めた分の月割税額が無駄になる。
車検が切れることを回避することができる。自賠責保険も自動車重量税と同じですが、前倒し分の還付を受けることも可能ですが、労力と還付金額が見合わない。

車検見積もりを依頼するタイミングは?

いつも車検をお願いしている、行き付けの自動車販売店や車検専門店がある場合には、DMやメールで車検の案内をしてくれる業者がほとんどです。

もし、行き付けの業者がない場合には、いつから車検見積もりを依頼すれば良いのか?良く分からない方もいるはずです。

そこで、車検見積もりはいつからできるのか?依頼するベストなタイミングはいつからなのか?など、簡単に説明していきます。

車検見積もりはいつからできる?

結果から申しますと、車検見積もりはいつからでもできます。

例えば、1月31日が車検満了日の場合は、12月31日~1月31日までに車検見積もりを依頼するのが一般的ですが、12月31日よりも前に車検見積もりをしても、何の問題もありません。

業者によっては、「車検早期割引」などの車検割引サービスを実施している業者もあります。

イエローハット車検では、「早期予約キャンペーン」として、以下の割引サービスを行っています。

項目割引金額
1ヵ月前に車検予約をする1,000円引き
2ヶ月前に車検予約をする2,000円引き
3ヶ月前に車検予約をする3,000円引き
4ヶ月前に車検予約をする4,000円引き
5ヶ月前に車検予約をする5,000円引き
6ヶ月前に車検予約をする6,000円引き
10カ月以上前に車検予約をする最大10,000円引き
出典元:イエローハット立川店

上記の早期割引は記事執筆時点の情報になりますので、情報が古くなっれしまっている可能性があります。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

上記のように、車検予約も早ければ早いほど、割引料金が大きくなるので、車検予約に合わせて概算見積もりを依頼することができます。

ただ、あまり早い時期に車検見積もりを依頼しても、車検当日までに走行距離や車の状態も変わるかもしれません。

正確な車検見積もりを求める場合は、車検を受ける直前に車検見積もりを取ることをおすすめします。

車検見積もりを依頼するベストなタイミングは?

車検を受けるのと同じで、車検見積もりを依頼するなら、できるだけ車検を受ける直前が理想的です。

なぜなら、車検見積もりをとっても、車検当日まで間隔が開いてしまうので、修理箇所や交換部品が増える可能性がありますし、車検見積もり額と実際の車検費用に大きな開きが出る可能性があります。

車検を受けるベストなタイミングは、車検期間で損をしない「車検満了日から1ヵ月以内」ですから、車検見積もりを依頼するタイミングも「車検満了日から1ヵ月以内」が理想的です。

ただ、車検見積もりの早期割引サービスや、何らかの事情によって車検満了日から1ヵ月以内に車検が受けられない場合は、必ずしもその限りではありません。

当サイトおすすめの車検見積もりサイト!

車検見積もりや車検予約を行うには、車検業者のサイトから直接問い合わせを行う方法が、一般的なやり方ですが、もっとお得に車検見積もりや車検予約を行う方法があります。

ここでは、お得に車検見積もりを行う方法として、「楽天Car車検」と「EPARK車検」を紹介させて頂きます。

楽天Car車検

楽天Car車検は、楽天グループが運営する車検見積もりサイトで、楽天Car車検サイトから希望の条件を入力するだけで、希望の車検業者を見つけて、車検見積もりを依頼することができます。

項目キャンペーン概要
ポイントアップ店舗キャンペーン車検予約/実施することで、合計2,500ポイントが貰える。
エネオスDr.DriveキャンペーンエネオスDr.Driveで、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
オートバックスキャンペーンオートバックスで、車検予約/実施すると合計2,300ポイントが貰える。
車検の速太郎キャンペーン車検の速太郎で、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
出光リテールキャンペーン出光リテールで、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
アップルキャンペーンアップルで、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
宇佐美車検キャンペーン宇佐美車検の対象店舗で、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
車検のコバックキャンペーン車検のコバックの対象店舗で、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
出光興産キャンペーン出光興産「らくらく安心車検」の対象店舗で、車検予約/実施すると合計2,500ポイントが貰える。
ネット予約キャンペーン楽天Car車検で、車検予約/実施すると合計1,100ポイントが貰える。

上記のキャンペーンにエントリーを行い、条件をクリアするだけで大量の楽天ポイントを獲得することができます。

また、キャンペーンにエントリーをしなくても、楽天Car車検から車検見積もりを行って、車検を実施するだけで、「500ポイント」の楽天ポイントが貰えます。

キャンペーンを行っている業者が近所にある場合や、楽天をよく利用する方は、この機会に車検見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

楽天Car車検の無料見積もりはこちら

上記キャンペーンは記事執筆時点の内容になるので、情報が古くなってしまっている可能性があります。そのため最新の情報は楽天Car車検の公式サイトよりご確認ください。

EPARK車検

EPARK車検は、高品質な車検を安い費用で受けることができる車検見積もりサイトです。

EPARK車検には、以下の特典やサービスがあります。

項目特典概要
超お宝クーポン車検基本料が50%~70%になる割引クーポンです。(各店舗本数限定)
お宝クーポン車検基本料が10%~49%割引になるクーポンです。(利用できる店舗数が多い)
電子ギフト2,000円分EPARK車検で希望店舗の検索を行って、車検を実施後のアンケートに答えるだけで電子ギフトが貰えます。
Amazonギフト券3,000分出光リテールで、車検予約/実施してアンケートに答えるとAmazonギフト券3,000分が貰える。
24ヶ月法定点検EPARK車検に登録している約4,000店の業者は、24ヶ月点検整備のみ取り扱っているので、整備力ある車検を受けられます。
かんたん店舗検索自宅周辺のクオリティの高い車検業者を、24時間どこからでも検索できます。

EPARK車検では、上記のような特典やサービスを実施していますが、キャンペーンによっては実施していない店舗があるので、詳細については各業者にお問い合わせ下さい。

EPARK車検は、車検見積もりを比較した上で、希望の車検業者に車検予約を依頼することができる車検見積もりサイトです。

EPARK車検は、広告費を削減することで安い車検費用を実現しています。EPARK車検についての詳しい情報を知りたい方は、下記の公式サイトをご確認下さい。

EPARK車検の無料見積もりはこちら

上記キャンペーン・特典は記事執筆時点の内容になるので、情報が古くなってしまっている可能性があります。そのため最新の情報はEPARK車検の公式サイトよりご確認ください。

まとめ

いつから車検見積もりはできるのか?など、車検見積もりのタイミングについて紹介してきました。

冒頭でも紹介しましたが、車検見積もりはいつからでも構いませんし、車検を受けるタイミングで見積もりを依頼しても構いません。

しかし、車検満了日が前倒しになってしまうので、車検見積もりや車検の実施を車検満了日から1ヵ月以上前に行うことは、あまりおすすめできません。

早期予約キャンペーンなどがある場合には、早期に予約を行うだけに留めて、車検見積もりや車検の実施は、車検満了日から1ヵ月以内に行うようにして下さい。

車検業者選びでお困りの方は、最も信頼できる車検見積もりサイトの「楽天Car車検」か「EPARK車検」で、希望の車検業者を見つけることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる