車検はクレジットカード使える?お金がないときもOK!便利でお得な方法を紹介!

車を所有していれば、定期的に車検を受けなければいけません。

一概に車検と言っても、5万円以内で済む場合もありますが、整備が必要な車は10万円を超えることも珍しくありません。維持費の中でも車検は一回に支払うお金としては大きいため、貯えのない方には非常に痛い出費になります。

そのような急な出費のときに便利な支払い方法として「クレジットカード」が便利ですが、車検の清算にクレジットカードが使えるかどうかが問題です。

今回は、車検費用の清算にクレジットカードが使える?をテーマに説明していきます。

目次

車検の支払いにクレジットカードは使える?

クレジットカードを使って車検費用が支払える店舗もありますが、車検項目の中にはクレジットカードが使えない項目があります。ここでは、車検費用を支払う時のクレジットカードについて紹介していきます。

クレジットカードが使えるもの

車検費用の中で、以下に挙げるものはクレジットカードが使えます。

  • 交換する車の部品類など
  • オイルや冷却水などの油脂類など
  • 整備作業に必要な工賃
  • 手続き費用や代行手数料など
  • 保証やサービスなどの料金

税金などの法定費用以外であれば、上記以外でも日用品と同じ扱いになるため、クレジットカードが使えます。

クレジットカード払いできないもの

車検費用の中で、以下に挙げるものはクレジットカードが使えません。

  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 印紙代

車検でクレジットカードが使えないのは、「法定費用」と呼ばれる項目のものです。法定費用は国に納める税金や保険料のことで、売り上げや利益に関係のない費用のことです。車検を請け負う業者は、車検の売り上げの一部をクレジットカード会社に手数料として支払うのが一般的です。

法定費用は売上ではなく「預かり金」のため、車検費用の全額をクレジットカードで支払った場合、加盟店としては法定費用の金額にも手数料が発生することになります。そのため、法定費用は「現金でのみ預かる」と言う形をとっている業者がほとんどです。

ただし、法定費用もクレジットカードが使える店舗もあるので、クレジットカードで車検費用を支払う場合は、事前に店舗に確認するようにして下さい。

クレジットカードを使うメリット・デメリットは?

現在では、日常品を購入する際にも、現金よりも「キャッスレス決済」で支払うのが主流になりつつあります。金額が大きな車検費用も、クレジットカードで決済する方が簡単で便利です。ここでは、クレジットカードを使って車検費用を支払うメリットやデメリットを紹介していきます。

メリット

車検をクレジットカードで支払うメリットは、以下のものが挙げられます。

  • その場で現金がなくても「後払い」ができる
  • 現金を持ち歩く必要がない
  • 様々なポイントを貰うことができる
  • 分割払いが簡単にできる
  • サイン一つで決済を完了することができる

クレジットカードで車検費用を支払うメリットは、現金を持ち歩かなくても、サイン一つで大きな金額でも清算することができます。また、一括払いの他にもサービスによっては、回数が指定できる「分割払い」もできるので、無理なく自分のペースで支払うことができます。

クレジット払いができる店舗であれば、大金を持ち歩くリスクもないため、大きな車検料金でも安心して清算することができます。

車検費用を現金で支払った場合は、払うだけで終わりですが、クレジットカードで支払うと、クレジットカード会社から現金相当のポイントが貰えるので、貯まったポイントでショッピングを楽しむことができます。クレジットカードの種類によっては、通常のポイントの他にも、マイレージが貯まるものもあるので、安い価格で旅行を楽しむこともできます。

車検費用は大きな金額になることもあるので、自分の支払いペースに合わせた「分割払い」も選択することができます。車検費用の清算にクレジットカードを使うメリットはたくさんあるので、利用する際には計画を立てて、無理なく使用することをおすすめします。

デメリット

クレジットカードで車検費用を支払うデメリットは、以下のものが考えられます。

  • クレジットカードを所持するには、厳しい審査がある
  • 車検費用をクレジットカードで支払える店舗が少ない
  • 支払い回数によっては、高い金利が掛かるため、支払い総額が増えてしまう
  • 車検費用の一部しか、クレジットカードが使えない店舗がある

クレジットカードは、誰もが簡単に入手できる訳ではなく、所持するには各クレジットカード会社の厳しい審査があります。過去にローンの支払いを滞った経験のある方や、ローンの支払いを途中で止めてしまった方などは、クレジットカード会社の審査に通らない可能性があります。

もし今までクレジットカードでトラブルを起こした経験がある方は、車検費用をクレジットカードで支払う際には、審査に十分注意して下さい。クレジットカードを取り扱う店舗側も、クレジットカード会社の厳しい審査があるので、全ての店舗で取り扱いができる訳ではありません。

また、車検費用の全額をクレジットカードで支払うことが一般的にはできないため、ある程度の現金が必要になります。

車検時にクレジットカードを使うときの注意点

クレジットカードは便利ですが、使用する場合には注意しないといけない点があります。

それは、車検費用をクレジットカードで清算することで、ショッピングに使えるポイントを入手することができる反面、クレジット手数料が店側に掛かるため、車検費用がトータル的には高くなることがあります。

また、クレジットカードで分割払いを利用する場合にも、分割手数料が高くなるので注意が必要です。いくら安く車検を受けても、支払い総額が高くなれば何の意味もありません。

車検費用の支払いでクレジットカードの分割払いを利用する場合には、分割払いの金利手数料を確認してから利用するようにして下さい。

大手車検業者のクレジットカード払いの対応有無

大手車検業者で車検料金を精算するとき、クレジットカードで支払うことは可能なのか?大手車検業者のクレジットカード利用について調べてみたので紹介させて頂きます。クレジットカードで車検費用を清算しようと考えている方は、是非参考にして下さい。

業者名クレジットカード利用有無
ホリデー車検△(法定費用は使用不可)
ニコニコ車検△(法定費用は使用不可)
車検のコバック△(法定費用は使用不可)
出光興産△(法定費用は使用不可)
イエローハット○(一部店舗で全額クレカ可)
オートバックス○(一部店舗で全額クレカ可)
エネオス○(一部店舗で全額クレカ可)
コスモ石油△(店頭での使用は不可)
ビッグモーター△(自賠責のみ使用不可)

一部店舗によっては、車検費用の全額をクレジットカードで支払うことが可能なようですが、基本的にはクレジットカードで法定費用を支払うことはできません。

あくまでも法定費用は、お客様から納付する税金を預かっているだけですから、売り上げに入れてしまうことはNGだからです。もしも、車検費用の全額をクレジットカードで支払いたい方は、各店舗にお問い合わせ下さい。

車検費用の全額をクレジットカードで支払いができる店舗

クレジットカードが使える店舗は、クレジットカード会社に手数料を払う仕組みになっています。

そのため、車検時の自賠責保険や自動車重量税などの預かり金を売り上げにしてしまうと、法定費用の金額分も手数料としてクレジットカード会社に支払うことになります。

割引サービスなどを併用した場合には、車検業者が赤字になることもあります。そういったことが起こらないように、法定費用は現金にて支払う店舗がほとんどです。

ただ、車検費用の全額をクレジットカードで支払える店舗も実際にはあります。ここでは、車検費用の全額をクレジットカードで支払いができる店舗を紹介します。    

スクロールできます
業者名公式サイト
ディープラス車検https://www.deli-sapo.com/month/index.html
車検館https://www.shakenkan.co.jp/
車検大学https://www.shaken-daigaku.jp/
E・CO車検https://otakara-shaken.com/613110004/shop.aspx
ハートフル車検https://otakara-shaken.com/005550002/shop.aspx
カーパドック車検https://otakara-shaken.com/005470006/shop.aspx
コンビニ車検https://otakara-shaken.com/600590001/shop.aspx

上記の車検業者のように、車検費用の全額をクレジットカードで支払うことができる店舗があります。今回は一部の業者だけを紹介しましたが、クレジットカード払いに対応している店舗は他にもたくさんあるので、お近くの店舗に問い合わせて下さい。

クレジットカード払いができる車検業者を見つける方法

車検費用の支払いに、クレジットカードが使える車検業者を見つけるには、Googleマップなどを使って直接メールや電話を掛ける方法が一般的です。

ただ、一件ずつ電話を掛けるのも大変な作業なので、もっと簡単に業者を探す方法があります。ここでは、車検費用の支払いにクレジットカードが使える車検業者を簡単に見つける方法を紹介します。

楽天Car車検で探す

楽天Car車検で、クレジットカード払いができる車検業者を見つけるには、下記の手順で検索を行って下さい。

画像出典元:楽天Car車検公式サイト
楽天Car車検でクレカOK店舗の探し方
  1. 下記のURL(楽天Car車検)から、楽天Car車検のサイトを開く。
  2. ご自宅の「郵便番号」を入力して、「クレジットカード払いができる店舗を検索」をクリックする。
  3. ご近所でクレジットカード払いができる店舗が一覧で表示されます。
  4. 表示された店舗名の上に「カード払いOK!」や「ポイント最大1.5倍」の文字が表示されていれば、クレジット払いができる店舗の証です。

上記の検索方法の他にも、画面左側にある検索条件「さらに絞り込む」内の「「クレジットカードOK」にチェックを入れて検索をかければ、ご近所でクレジットカード払いができる車検業者が、一覧で表示されます。このように楽天Car車検を使えば、クレジット払いができる車検業者を簡単に見つけることができます。

EPARK車検で探す

EPARK車検も、楽天Car車検と同じ車検予約サイトで、クレジットカード対応店舗を簡単に検索することができます。検索手順は、下記の通りです。

画像出典元:EPARK車検公式サイト
EPARK車検でクレカOK店舗の探し方
  1. 下記のURL(EPARK車検)から、EPARK車検のサイトを開く。
  2. 画面中段辺りにある「全額クレジット対応店舗」から、検索したい都道府県をクリックする。
  3. クレジットカード払いができる店舗が一覧で表示されます。
  4. 希望の店舗をクリックすると、画面右側の「車検特典」内に「車検の法定費用もクレジットカード払い可能」や「車検全額クレジット払い可能」などが表示されていることを確認する。

EPARK車検では、クレジットカード払いができる店舗に加えて、法定費用も含めた「車検費用全額をクレジットカード払いができる」店舗の検索ができます。

まとめ

車検費用を清算する際、クレジットカードに対応していない店舗もたくさんあります。車検費用を支払う場合に、クレジットカードを使うことで、ポイントが付与されたり、信用度が増したりなど、現金払いよりも利点が多くあります。

ただ、クレジットカードで分割払いにしてしまうと、無理なく毎月返済することができる反面、金利手数料が発生するため、車検費用の総額としては増えてしまいます。

クレジットカードで車検費用を清算する場合には、手数料の掛からない「一括払い」で支払うようにして下さい。また、クレジットカードで車検費用が払える店舗を探す場合は、「楽天Car車検」または「EPARK車検」を使うことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次