10万キロを越えた多走行車は買取できる?過走行車を高く売る方法を紹介!

大切に乗ってきた愛車も、年月と共に走行距離は増えていきます。

走行距離の多い中古車は、値段がつかず売れない?と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、走行距離が多い「過走行車」を高く売る方法や、おすすめの買取業者について紹介していきます。

目次

過走行車とは?

「過走行車」という言葉は良く使いますが、実は過走行車のはっきりとした定義は存在していません。

年式は問わず、10万kmを超えた走行距離の中古車を「過走行車」といいますが、あくまでも10万kmを基準にしているだけで、新車から3年以内の高年式車が走行距離・5万kmでも過走行車と呼ぶことがあります。

一般的な走行距離は「10,000km/年」と言われているので、年式の割に過剰に走行距離が多い中古車のことを過走行車と呼んでいます。

過走行車に乗り続けるリスクは?

「過走行車に乗り続ける=大切に乗っている」と解釈して良いのですが、過走行車に乗り続けるには、それ相応の維持費が必要になります。昔と比べて車に使われている部品の品質が向上しているので、最近の車は20万kmでも問題なく走行することができます。

しかし、エンジン内部の機関部品やミッション内部のギア(歯車形状)などは、定期的にオイル管理を行っていても摩耗するため、10万kmを超えた辺りから「燃費性能の低下」「パワー不足」など、本来の性能が発揮しづらくなってきます。

その他にも、パワーウィンドウのスイッチ破損や、場合によってはドアガラスが落ちるなど、細々としたパーツが経年劣化によって壊れてきます。また、エンジンやミッションの次に修理費用が高いエアコン同様で、利用する頻度が高ければ高いほど壊れやすく、エバポレーター交換ともなると、非常に高い修理代が請求されます。

過走行車に乗り続けていると、通常の維持費に加えて修理代が別途必要になるため、経済性は良いとは言えません。過走行車に乗り続けると走行距離は増えていくだけですから、中古車としての価値は走行距離が増える度に下がっていきます。過走行車は、乗り出しは安く買えますが、長い期間過走行車に乗っているとデメリットが増えていきます。

過走行車は中古車市場で価値はあるのか?

過走行車は、国内の中古車市場では価値が低い中古車の部類に入ります。高年式車の過走行車は調子も良く、新しいモデルでも安く買うことができるため、自動車業界で働く人から人気があります。

しかし何かトラブルがあってもおかしくはないので、整備・修理履歴や内装の状態などを、念入りに確認することが必要です。また、日本の4WD車やディーゼル車は、過走行車であっても丈夫で壊れにくいことから海外でも人気が高く、国内のオークション会場でも海外のバイヤーが、走行距離や修復歴に関係なく、爆買いしている姿を良く目にします。

ここ最近は、環境問題の観点からも、欧州の先進国を中心に中古車の規制が厳しく、輸入を制限している国もあります。規制の緩い発展途上国を中心に、現在でも日本車の人気は高く、ボロボロの過走行車でも高値で取引が行われています。

余談ですが、2020年の盗難車車種ランキングでは、4WD車のランドクルーザーが最も多く盗まれており、窃盗団に狙われるほど日本の4WD車は、海外でも人気が高いことが分かります。(参考:自動車盗難事故実態調査結果

過走行車を高く売る方法や業者選び

歴史的に価値のある車や、クラシックカー以外の過走行車は、中古車市場では安い価格で取引が行われます。ただし、過走行車を少しでも高く売るなら、いくつかの方法はあります。売り方を少し工夫するだけで、過走行車でも高く売れるので、試してみては如何でしょうか。

ディーラーでは売らない

車を買い替えるとき、現在乗っている車を「下取り」に出す場合があります。系列店として子会社に中古車販売店のあるディーラーもありますが、ディーラーでは信用を第一に考えるため、価格が高くても走行距離が少ない良質な中古車を積極的に販売しています。

そのため、よほどの理由がない限りは過走行車の仕入れはしないので、新車時に仕入れた過走行車の下取り車が、ディーラー系の中古車販売店に販売目的として流れることはありません。このような理由から、新車時に仕入れた過走行車は、タダ同然の価格でしか売ることができません。

ディーラーの下取り査定で納得がいかない場合は、下取り車だけでも車買取専門店で売ることをおすすめします。最近の車買取専門店は、新車が納車されるまでの間、代車の貸し出しをしてくれる店舗もあるので、安心して買取相談をすることができます。

複数の車買取専門店を回る

車買取専門店は、過走行車でも問題なく買取を行っていますが、走行距離が多いことを理由に安く買い叩く店も少なくありません。車買取専門店で安く買い叩かれることを防ぐためにも、最低3店舗は系列の異なる車買取専門店で査定を行うべきです。

系列が異なる複数の車買取専門店で査定を行うと、現状の相場も把握できるので、買取査定価格の交渉もしやすくなります。過走行車を少しでも高く売る場合は、面倒ですが複数の車買取専門店を回ることをおすすめします。

輸出に強い店舗で売る

過走行車は国内よりも海外での人気が高く、輸出の販売ルートを確立している中古車販売店や車買取専門店で査定を行えば、過走行車でも高値で売ることができます。

特に国内では小売りするのが難しい傷や凹みの多い過走行車でも、海外なら簡単に買い手が見つかります。廃車にするような過走行車に乗っている方は、輸出に強い買取業者で売ることをおすすめします。

解体業者で売る

色々な方法を試した結果、希望の価格で売れなかった過走行車は、解体業者で売ることをおすすめします。査定価格のつかない事故車や不動車などを無料で引き取ってくれる買取業者がありますが、価値の無い車でも解体業者なら最低でも10,000円以上で買い取ってくれます。

中古車として販売することができなくても、中古部品としての価値があるため、中古部品としての評価で買い取ることができます。また、ボディ全体は鉄としての価値が高く、解体業者は売れる部品を取り外した後は、鉄として加工販売します。

そのため、例え中古車としての価値がなくても、高い価格で換金できる事故車や不動車は、解体業者にとっては、数万円で買い取っても十分な利益が得られます。買取価格がつかない車は、最終的な手段として解体業者で売ることをおすすめします。

過走行車を高く売るときの注意点

過走行車でも高年式や程度の良い車は、業者選びも神経質になる必要がなく、一定水準の価格で売ることができます。

しかし、年式相応で状態が良くない過走行車は、細心の注意を払う必要があります。ここでは、過走行車を高く売るときの注意点について紹介します。

  • 社外パーツは取り外して、車とは別に中古パーツ店で売却すること。(特にエアロキットやアルミホイールは高値で売れる)
  • 過走行車は、修理履歴が重要になるため、全ての修理履歴を整備記録簿とあわせて保管しておくこと。(走行距離や交換部品の記載があるもの)
  • 外装や内装が痛んでいても、査定価格はあまり変わらないため、そのままの状態で査定に出すこと。(これ以上、お金をかけない)
  • 4WD車やディーゼル車を買取に出す場合は、輸出実績のある業者を選んで査定依頼をすること。
  • 少しでも高い評価を得るために、査定前には内装・外装の清掃をしっかり行うこと。

過走行車を売ったときの還付金について

過走行車を売る場合、手放すタイミングによっては税金などの還付が受けられます。過走行車を売るときの還付金について説明します。

  • 自動車税:自動車税を納付した後に車を売却した場合、翌年3月までの納付分を月割りで還付が受けられます。
  • 自動車重量税:車検が残っている車を廃車(永久抹消登録)にしたときだけ、自動車重量税の還付が受けられます。
  • リサイクル料金:車を売却後、次のオーナーへ引き渡すときに返金されます。
  • 自賠責保険:自賠責保険は、24ヶ月か25ヶ月で加入している強制保険で、抹消登録を行ったときに、残りの車検期間で還付を受けられます。

過走行車を売った場合や廃車にした場合には、上記の還付金を受け取ることができます。

ただし、自動車税に関しては4月1日時点の所有者に対して課税される税金で、3月末に売却した場合などは、4月1時点の名義人に対して納付義務が発生するので、名義変更がまだの場合は自動車税の納付をしなければいけません。

3月に過走行車を手放す場合は、自動車税の支払いでトラブルにならないように注意して下さい。

過走行車を売るときのおすすめ買取業者

過走行車を売るときのおすすめ買取業者を「3社」紹介します。どの買取業者も高価買取が期待できるので、過走行車を売るときの参考にして下さい。

廃車本舗

廃車本舗は、アイ・エッチ・エム・トレイド株式会社が運営する車買取サイトです。廃車本舗の他に「ELVリサイクル事業」を運営しているため、動かなくなった事故現状車や不動車であっても、自社で廃車・解体することができます。

また、海外への販売ルートも確立しているので、過走行車も自社で整備を行ってから輸出にだすため、一般的な買取相場よりも高価買取ができます。廃車本舗は、車の引き取りから名義変更の手続きまで、全て無料で行ってくれます。

車買取専門「カーネクスト」

カーネクストは、株式会社ラグザス・クリエイトが運営している車買取サイトで、日本トレンドリサーチが行ったインターネット調査では、「中古車買取サービス総合満足度1位」「オススメしたい中古車買取サービス1位」「中古車買取サービス買取価格満足度1位」を獲得しています。

カーネクストは、独自の輸出販売ルートを持っているため、過走行車でも輸出用として高価買取ができます。引き取りは全国どこでも無料、買取に関する手続きも無料で代行してくれるので、例え買取査定が0円でも、お金の持ち出しは不要です。また、走行不能になった車も「0円以上買取保証」のため、安心して手放すことができます。

ハイシャル

ハイシャルは、ユニオンエタニティ株式会社が運営する車買取サイトで、過走行車や事故車などの買取をメインに行っています。

ハイシャルは、全国約1,000社以上の販売業者と提携しているため、買取を行った車の販売ルートが広く、次の販売先を容易に見つけることができるので、高値で買取を行うことができます。また、海外への輸出ルートもあるので、20万kmを超える過走行車でも高価買取ができます。

ハイシャルのホームページには、「高年式車/綺麗な車/走行距離が少ない車は、当店には不向き」と記載があり、「低年式車/過走行車/ボロボロの車ならハイシャルに!」と記載するほど、過走行車の買取に自信を持っています。

まとめ

過走行車の買取について紹介してきましたが、ボロボロの過走行車でも心配することはありません。

過走行車を求めているユーザーは世界中に沢山いるので、余ほどのことがない限りは、想像しているよりも高値で売ることができます。

「過走行車だから…」と諦めていた方も、今回紹介した過走行車の買取に強い車買取業者へ相談することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる