【体験談】ガソリンスタンドでオイル交換は安い?近くのガソリンスタンドで実際にオイル交換やってみた!

車のオイル交換をするときにカー用品店か整備工場かどこでやろうか迷っている方は多いのではないでしょうか。

しかしカー用品店も整備工場もあらかじめの予約が必要なので、飛び込みでオイル交換をするとなれば下手すれば数時間待たされるハメになります。

そんなときはガソリンスタンドでのオイル交換がおすすめです。ガソリンスタンドでのオイル交換は飛び込みでも、そこまで待ち時間がかからないうえに料金も安いですよ!

目次

オイル交換の目安について

オイル交換の目安は5,000キロもしくは6ヶ月に1度はおこなうべきというのが一般的といわれています。

そのため私は日産のティーダという車に乗っていますがオイル交換を5,000キロに1度もしくは6ヶ月に1度は欠かさずにおこなってます。

オイル交換の時期についてはあくまでも目安となりますが、仕事や通勤で頻繁に車を使う方であれば、一般的なオイル交換の時期に捉われず小まめにオイル交換をするのがおすすめです。

小まめにオイル交換する目的
  • エンジンの損傷を遅らせる(=故障の予防になる)
  • エンジンの回りが良くなって燃費が向上する

オイル交換の料金目安について

小まめにオイル交換をするのが車のコンディションを保つためにも良いことだというのは間違いありません。

しかし小まめにオイル交換をするとなれば、お財布事情も気になりますよね。そこで各社オイル交換にかかる料金を比較しました。

項目ガソリンスタンドディーラーカー用品
オイル交換料金2,000~4,0003,000~10,0002,000~7,000

ディーラーやカー用品店でのオイル交換は好きなオイル(車に合った)を選んで交換することができるといったメリットがありますが、大事なのはオイルの金額の高さではなく頻繁にオイルを交換することです。

したがって、金額の安いオイルでも気軽に交換できる料金設定の所で小まめにオイル交換をすることがおすすめです。

ひろし

ガソリンスタンドは金額も安く予約不要なので、特にオイルの拘りがなければ、ガソリンスタンドでのオイル交換をおすすめします!

【体験談】ガソリンスタンド(エネオス)でオイル交換してみた!

私は前述でも紹介したように愛車の「ティーダ」を少なくとも6カ月に1度はオイル交換をしています。頻繁にオイル交換しているので今まで1度故障もなく、元気に走ってくれます。

普段はオートバックスやイエローハットのようなカー用品店でオイル交換をすることが多いのですが、たまたま予約をするのが面倒で飛び込みでオイル交換ができるガソリンスタンド(エネオス)で先日オイル交換をしてみました。

予想以上にガソリンスタンドでのオイル交換は料金も手軽で楽に済ますことができて良かったので、そのときの体験談を紹介していきたいと思います。

ガソリンスタンド(エネオス)でオイル交換の流れ

ガソリンスタンドでのオイル交換の流れについて紹介します。

  1. 店員にオイル交換で来店したことを伝える
  2. 待合室に通されるのでメニューからどのオイルを注油するのか選ぶ
  3. 車の鍵を店員に渡して作業終了まで待合室で待つ

ガソリンスタンドでのオイル交換はこの手順だけです。

※各店舗によって料金が異なるので店舗の最新情報を確認してください

ガソリンスタンドでのオイル選びが非常に重要ですが、私はオイル交換を頻繁にしているので、最も安い「10w-30」1,200円のオイルにしました。

ひろし

オイルの金額よりも交換頻度が大事!

そしてオイルを選んだあとは店員の決まり文句になりますが…

フラッシングやエレメント交換はどうしますか?

ひろし

あっ、お願いします…!

これでガソリンスタンドでのオイル交換の必要な手続きは終わりです。この後はすぐにピットに入りオイル交換の作業がおこなわれます。

おおよその作業時間は20分~30分程度になるので、待合室でスマホをイジりながらジュースを飲んで、作業終了を待ちます。

ガソリンスタンド(エネオス)のオイル交換の料金について

今回、エネオスでのオイル交換の料金は8,400円でした。

ひろし

えっ、8,400円!?!?

普段、カー用品店でオイル交換をするときの2倍だし、これは何かの間違いなのではないか?と思い店員に確認しました。

エネオスの店員は丁寧に説明をしてくれ、今回エレメント交換とフラッシングをしたので、その分の料金なので間違っていないことが分かりました。

ひろし

今回する予定のないエレメント交換やフラッシングをしてしまいました…。

用語解説

【フラッシングとは?】

  • フラッシングとはエンジン内部の汚れの清掃のことを言います。定期的にフラッシングをすることで本来のエンジンの性能を取り戻すことが期待されます。

【エレメント交換とは?】

  • エレメントとはエンジンオイルの汚れをろ過するフィルターのことを言います。エレメントの交換はオイル交換2回のうち1回の頻度で充分です。

オイル交換の料金「10w-30 1,200円」と記載されてますが1リッターあたりの料金になるので注意してください。普通車であれば3.5リッター注油できるので、オイル交換の料金は【1リッターの料金×3.5】となります。

こちらのレシートは私がエネオスでオイル交換をしたときの物になります。単純にオイル交換だけの料金であれば4,200円でした。

今回はエレメント交換・フラッシングは必要なかったと思いましたが、作業終了後に運転してみた感想としては、「なんか自分の車の加速じゃないみたい」です。

めちゃくちゃ元気に加速するようになった感じがするので、時々エレメント交換やフラッシングをしてみても良いのではないでしょうか。

ひろし

バイクのエンジンオイル交換の体験談も紹介しているので参考にしてみてくださいね♪

ガソリンスタンドでオイル交換をすることのメリット・デメリットについて

実際に今回ガソリンスタンドでオイル交換をして感じたメリットやデメリットについて紹介します。

メリット・デメリットについて

メリット

  • 予約不要で飛び込みでオイル交換できる
  • 待ち時間が少ない
  • ガソリンスタンドはどこにでもある
  • カー用品店と料金が大きく変わらない

デメリット

  • フラッシングやエレメント交換を勧められる
  • 待合室が簡易的なため少し退屈
  • 選べるオイルの種類が少ない
  • オイル交換の料金が分かりにくい

ガソリンスタンドはどこにでもあるので手軽に予約不要でオイル交換がすぐにできるということが非常に良かったです。

しかし店舗によっては営業気質の強い店員もおり、本来おこなう予定のなかったものまで営業されてしまうデメリットもあります。(このあたりは説明を良く聞かなかった私の自己責任ですが…笑)

いずれにせよガソリンスタンドでのオイル交換は結果として満足できる内容だったので、特に仕事で忙しくてオイル交換に行く時間がないような方はガソリンスタンドでオイル交換をするのが良いでしょう。

ガソリンスタンドでアルバイトにオイル交換を任すのは不安という方は…

ガソリンスタンドのアルバイト店員に大事な車のオイル交換を任すことは絶対に嫌!!という方は「グーネットピット」で住まいの近くの整備工場を探すことをおすすめします。

画像出典元:https://www.goo-net.com/pit/

グーネットピットに掲載されている整備工場へメールでの問い合わせは、もちろん無料なので、住まいの近くの整備工場のオイル交換代金を事前にチェックしてみると良いでしょう。

またグーネットピットではレビューや口コミを見ることができるので、複数の整備工場を簡単に比較することができます。

オイル交換は車の寿命を延ばすために大事なメンテナンスです。だからこそ信頼のできる整備工場でオイル交換を行うことが非常に大事ですよね。

ひろし

しかも近くに行きつけの整備工場があると万が一の愛車のトラブルなんかの時に安心なので、1ヶ所行きつけの整備工場を持っておくと良いですよ。(これはリアルガチ)

まとめ

この記事ではガソリンスタンドでのオイル交換について紹介しました。ガソリンスタンドでのオイル交換は予約不要で短時間でできるのでおすすめです。

また料金についてもカー用品店などと大きくは変わらなかったので、個人的には楽にオイル交換ができるのはガソリンスタンドかな?と感じました。

車のオイル交換は金額ではなく頻度がとても重要なので、そろそろオイル交換の時期が迫っている方は最寄のガソリンスタンドに駆け込んでみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次
閉じる