車の豆知識

【徹底検証】手取り20万円の一人暮らしでも車は購入できる?

車の購入で、最初に気になるのが「予算の立て方」です。

欲しい車が見つかっても「手取り20万だけど大丈夫?」「一人暮らしでも余裕あるかな?」など、不安に感じている人もいるのではないでしょうか?

結論から言えば、手取り20万円の一人暮らしでも車の購入は可能です。
ただし、毎月の生活費のことも考慮して、上手に節約する必要があります。

そこで今回は、車の購入費用や維持費がどのくらいかかるのかだけでなく、手取り20万円で車を購入したときの生活費などについて詳しく解説します。

ひろし

手取り20万円で車を持つのって、実際にどうなんだろう?

【結論】手取り20万円でも車は購入できる

冒頭でも触れたとおり、手取り20万円でも車の購入はできます。

一般的な会社員の給料が手取り20万円の場合、総支給額はおよそ24~25万円ほどです。
また、ボーナスも含めれば、300~450万円程度の年収が想定できるでしょう。

手取り20万円で一人暮らしだと車の維持は難しいように感じるかもしれませんが、しっかりと節約ができていれば、問題なく車を購入することが可能です。

しかし車を買うときは、車の購入費用だけでなく、毎月の維持費用など、トータルの費用を算出することが大切です。

手取り20万円で車にかけられる予算は?

自分の収入に合わない車を購入すると、ローンが返済できなくなる可能性があります。
まずは、収入に見合った車を選ぶことから、予算を決めていきましょう。

ひろし

せっかく車を購入しても、維持ができなければ意味がありません。
そのため身の丈にあった車選びのコツを紹介していきます!

車の購入費用は年収の半分以下が目安

無理のない返済計画には、年収の半分以下が車の購入費用の目安となります。

車の購入後は、ガソリン代や駐車場代、自動車保険代、車検代などにお金がかかり、年間の維持費用だけでも20~50万円程度は見積もったほうが良いでしょう。

また、ローンを組む場合、月々の支払いも考慮する必要があります。

これらを踏まえて考えると、手取り20万円で一人暮らしの場合、本体価格が比較的安い軽自動車やコンパクトカー、もしくは中古車がおすすめです。

現在の年収を目安に返済計画を立ててみてください。

一括払いかローンを組むか検討する

車の支払い方法は、大きく分けて「一括払い」と「ローン支払い」の2つです。

どちらを選んでもメリット・デメリットがあるので、これらをしっかりと把握しておきましょう。

まず、一括払いは一時的な負担がかかるというデメリットがある一方で、金利が発生しないためローン支払いと比べるとトータル費用は安くなります。

一方で、ローンでの分割払いは一時的な負担は軽減される反面、金利によって最終的な支払い額が高くなるだけでなく、毎月のローン返済が負担になることも。

そのため、ローンを組む際は「無理のない返済計画」を立てることが大切です。

車の維持費はどのくらいかかる?

手取り20万円の一人暮らしでも、節約をすれば車の購入は十分可能です。しかし、購入前に維持費用を考慮しなければ、生活費が圧迫されることがあるので要注意です。

ここでは、車を購入した場合の維持費について解説します。

ひろし

おおよその維持費を把握することで、車を購入しても生活ができるか、イメージすることができますね!

毎月かかる費用

車を購入した場合、毎月かかる維持費用の内訳は以下のとおりです。

項目費用(円)
ローン返済15,000~50,000
駐車場10,000~30,000
ガソリン代10,000~30,000
自動車保険料10,000~20,000

車を一括払いで購入していればローン返済は不要ですが、ガソリン代、自動車保険料だけでも毎月の維持費用として20,000~50,000円ほど必要です。

また、実家暮らしは駐車場に空きがあれば維持費用を削減できる一方で、一人暮らしの場合はアパートやマンションの駐車場などを契約することになります。

そのため、地域によるものの、毎月10,000~30,000円ほどかかるでしょう。

あまりにも高い駐車場を借りたり、使用頻度が高いにもかかわらず燃費の悪い車を購入したりすると、家計が圧迫して、車の維持が難しくなるため十分に注意してください。

一定期間ごとにかかる費用

次に、一定期間ごとにかかる維持費用の内訳は以下のとおりです。

項目費用(円)
自動車税7,200~/年
車検代(自賠責含む)50,000~150,000/2年
メンテナンス30,000~50,000/年

【車種別】毎月の維持費まとめ

車種ごとに毎月かかる維持費を確認していきましょう。

車種費用(円)
軽自動車50,000~70,000
コンパクトカー70,000~100,000
普通車(小排気量)80,000~110,000
普通車(大排気量)100,000~

上記の表は毎月かかる費用だけでなく、一定期間ごとにかかる費用も1ヶ月で算出しているため、実際には毎月これだけの支出があるわけではありません。

しかし、具体的に算出すると車を持つにはかなりの維持費がかかることがわかります。

手取り20万円の一人暮らしで車を購入するためには、車の購入費用だけでなく、これらをどう抑えるのかが大きなポイントと言えるでしょう。

車の維持費はいくら?車種別のシミュレーションを徹底比較!車を購入する際に車の維持費はどのくらいなのか気になる方が多いのではないでしょうか?この記事では車種別に維持費を比較してみました。現在、車の購入を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。...

手取り20万円の一人暮らしで車維持費を捻出するには?

工夫次第によっては、手取り20万円の一人暮らしでも車の購入は可能です。
それでは、車の維持費を捻出して余裕を持たせるにはどうすれば良いのでしょうか。

収入に見合った車を選ぶ

自分の収入に見合わない車を購入すると、生活が苦しくなる可能性があります。
まずは、収入に見合った車を選び、コツコツ貯金をしてから買い直すのがおすすめです。

そのためには、毎月の生活費がどのくらいなのかを把握しておきましょう。
手取り20万円の一人暮らしの場合、生活費の内訳は以下のとおり。

  • 家賃:60,000円
  • 食費:15,000~25,000円
  • 水道光熱費:10,000円
  • 交際費・娯楽費:30,000円
  • 日用品・衣類購入費:15,000~25,000円

これらを合計すると、毎月12万5,000~14万5,000円の支出となります。

軽自動車なら毎月の維持費が5万円前後であり、燃費の良い車を選べば維持費を抑えられるため、手取り20万円の一人暮らしでも貯金ができる計算となるでしょう。

家賃を抑えた一人暮らし物件を選ぶ

車を所有するには、生活費を節約するといった方法があります。食費は体の健康に影響を与えるため、食べる楽しみを減らすのはおすすめできません。

また、光熱費や通信費なども固定費なので節約するにも限界があるでしょう。そこで生活費を抑えるなら「家賃」から考えてみてください。

住宅に関する情報サイト「SUUMO」が2019年に20代の一人暮らしをする社会人を対象に実施したアンケートによると、家賃の平均は6万5,723円です。

ちなみに、家賃の目安は「収入の3分の1以内」と言われています。

駅近などアクセスの良い物件は家賃がどうしても高くなる傾向にあるため、車を所有するなら、少し郊外の家賃の安い物件への引越しも検討すると良いでしょう。

収入を増やして車維持費に使えるお金を捻出する

車にかかる費用を捻出するために、収入を増やすのも一つの方法です。
国税庁による平成30年の調査では、20代の平均年収は319万円でした。

男女別20歳~24歳25歳~29歳
男性284万円404万円
女性249万円326万円
男女計267万円370万円
参考:平成30年分民間給与実態統計調査_第10表|国税庁

転職のやり方次第では年収アップも可能ですが、必ずしもうまくいくとは限らず、何よりも焦って転職活動をすると失敗に終わってしまうかもしれません。

そのため、まずは副業から始めてみることをおすすめします。

社内規定で副業が可能かどうかを確認する必要はありますが、自分の得意分野があればクラウドソーシングなどで仕事を受注して、在宅ワークをするのも効率的です。

関連ページ:いま話題のギグワーカーとは?ギグワーカーのメリットやデメリットを解説

手取り20万円でも車のローンは組める?

マイカーローンの利用で、手元にまとまった金額がなくても、車を購入できます。ただし、金利により総支払額が高くなるため、計画的な利用が大切です。

ここでは、手取り20万円の一人暮らしで車のローンを活用する方法を解説します。

車のローンは最大いくらまで組める?

カーローンで借りられる限度額は、それぞれの金融機関によって違いはあるものの、1,000万円を上限としているケースがほとんどです。

ただし、手取り20万円で上限ギリギリを借りられるわけではありません。

一般的にカーローンの年間返済額は年収の30~40%程度になるような返済負担率が決められており、手取り20万円の場合は90~120万円が目安です。

この目安を超えると、審査通過が厳しくなるでしょう。

車のローンの金利相場は?

カーローンには、ディーラーが取り扱う「ディーラーローン」、銀行や信用金庫などの「マイカーローン」、販売店が独自に提供する「自社ローン」などがあります。

それぞれの金利相場や特徴は以下のとおり。

項目ディーラーローンマイカーローン自社ローン
 金利の相場4~8%1~3%10%
審査基準(目安)比較的通りやすい比較的厳しい通りやすい
  特徴・金利が高め ・車の購入と同時に契約できる・金利が低め ・審査が厳しい・審査に通りやすい ・金利代わりに上乗せ費用がある場合も

銀行系のマイカーローンは金利が1~2%と低めですが、審査が厳しい傾向にあります。
また、自社ローンは審査が通りやすい一方で、金利の高さがデメリットです。

それぞれのメリット・デメリットを把握して、検討してみてください。

手取り20万円の人のローン返済シミュレーション

手取り20万円で、「金利3%」「返済期間5年間」を想定して、90万円または120万円のカーローンを組む場合の返済シミュレーションをしてみましょう。

月額返済額5年間の返済総額
 90万円16,171円970,305円
120万円21,562円1,293,745円
JAバンクの「マイカーローン返済シミュレーション」を使用

また、ボーナス月は通常よりも数万円プラスして返済を検討するのも一つの方法です。

いずれにせよ、カーローンを利用して車を購入する場合、月々の返済額がいくらまでなら支払い可能なのか、しっかり見極めることが大切です。

手取り20万円でも車を持つためのコツは?

車を購入することで、生活が苦しくなるのは避けたいもの。
手取り20万円の一人暮らしでも車を持ちやすくなる3つの方法を紹介します。

中古車を購入する

社会人になってから初めて車を購入する人もいるでしょう。

テレビCMや広告などで流れている現行モデルの新車に目が行ってしまいがちですが、新車は車両本体価格が高く、ローンを組んでも月々の返済で家計が圧迫されます。

そこで、中古車なら新車ほど車両本体価格が高くないのでおすすめです。

ローンで購入しても上手に返済計画を立てれば無理なく生活できるだけでなく、返済期間が短いことで次の購入目途も立てやすくなります。

ひろし

年々、日本における中古車需要は拡大傾向にあり、中古車大手のガリバーやネクステージの業績が好調のようですね!

カーリースを活用する

カーリースとは、定額の月額料金を支払って車を借りるサービスです。

手取り20万円の一人暮らしだと、車の購入費や維持費など初期費用をまとめて用意するのが難しいですが、カーリースは初期費用を最小限に抑えることができます。

また、自分の好きな車種が選べるのもカーリースのメリットです。

最近では、若い世代を中心にカーリースの利用が増えており、車を購入できる資金が貯まるまではカーリースで車を使用するという選択肢は十分にあり得るでしょう。

【最新版】カーリースおすすめ7選を徹底紹介!この記事ではおすすめのカーリースを紹介しています。新車を購入したいけどまとまった費用を抑えたいと考える方は多いのではないでしょうか?カーリースは頭金不要で新車に乗ることができ、なおかつ税金やメンテナンス込みで定額利用できるサービスなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

カーシェアリングを活用する

平日は電車通勤で「土日だけ車に乗りたい」など、そこまで頻繁に車を使わない場合であれば、カーシェアリングを利用するのも一つの方法でしょう。

カーシェアリングとは、会員間で車をシェアできるサービスのことです。

レンタカーより短時間で利用できるだけでなく、ガソリン代や保険料が月額料金に含まれているため、少しでも安く車に乗りたい人におすすめです。

週に1回2時間程度であれば、月々かかる料金は10,000円程度となっています。

まとめ

手取り20万円の一人暮らしでも、車の購入は可能です。

中古車を購入するなど車種は限定されますが、生活費や維持費などを工夫して節約することで、家計を圧迫することなくカーライフを楽しむことができるでしょう。

頻繁に乗らないのであれば、カーシェアリングの活用がおすすめです。

どの方法を利用して車を所有するにしても、収入に見合ったやり方を見つけるだけでなく、余裕を持った生活を送れるのかしっかりと計算してみてください。