車を買う

【必見】コスパの良い中古車買うならコンパクトカーが狙い目!おすすめの選び方と車種を徹底紹介!

コンパクトカーは、軽自動車と並んで女性やお年寄りを中心に人気の高い小型車です。

コンパクトカーは、乗用車の中ではサイズが最も小さく、狭い路地や車が密集している駐車場でも、難なく運転することができます。

また、コンパクトカーとは、軽自動車よりも排気量が大きいため、高速道路でアクセルを踏み込んだときでもエンジン音が静かで、ストレスなく高速巡行することができます。

今回は、コスパが良いおすすめしたいコンパクトカーの選び方や、車種について紹介します。

コンパクトカーって?メリットやデメリットは?

コンパクトカーと決めつけるハッキリとした定義は存在していないので、正直なところ見た目や雰囲気で決めているところがあります。

普通車は、「全長4,700mm×全幅1,700mm×全高2,000mm」が基準と言われているので、このサイズよりも小さい車のことを小型車としています。

ただ、明確な定義がないので、「全長3,800mm~4,500mmくらい×全幅1,700mm(5ナンバー枠)」の車のことをコンパクトカーと言っています。

ただ、最近のコンパクトカーは、室内の広さを求めるあまり、全幅1,700mmを超える車も多く、5ナンバー枠を超えて3ナンバー枠のコンパクトカーも販売されています。

ここでは中古のコンパクトカーを購入する際のメリット・デメリットを解説していきます。

コンパクトカーのメリット

コンパクトカーのメリットは、以下のようなことが挙げられます。

  • エンジンの排気量が軽自動車の倍以上ある車種があり、走行性能・静粛性に優れている
  • 軽自動車の乗車定員4名に対して、コンパクトカーは乗車定員5名がほとんど
  • 軽自動車よりも全長×全幅が大きく、居住性に優れ、疲れにくい
  • 普通車の中で全長が最も短いコンパクトカーは、取り回しがしやすい
  • 車両重量が軽いコンパクトカーは、燃費性能に優れている
  • 軽自動車と変わらぬ価格で、新車が販売されている車種もある
  • 普通車の中では、税金類や車検代などの維持費が最も安い
  • 中古車相場が低いため、良質なコンパクトカーを安く買うことができる

軽自動車からコンパクトカーに乗り換える方が多く、どうしても軽自動車と比較することになります。

しかし最近の軽自動車は、居住性や走行性能などが優れていますが、それに伴って新車の車両本体価格も高額になりつつあります。

車種によっては、コンパクトカーよりも高い軽自動車もあり、「軽自動車は安い」とは言えなくなっています。コンパクトカーは軽自動車よりも安い中古車が多いのがメリットといえるでしょう。

またコンパクトカーは5名乗りのため、大人数での移動はできませんが、大人2名+子供1名くらいなら快適に利用することができます。

コンパクトカーのデメリット

コンパクトカーのデメリットは、以下のようなことが挙げられます。

  • コンパクトカーと普通車の差が曖昧になりつつあるので、以前ほど割安感がなくなってきた
  • ワンランク上のクラスの普通車と比べて、街乗りメインの設計のため、長時間の運転には不向き
  • 居住性を重視するあまり、小回りの利く車種が減りつつある
  • 全幅が5ナンバー枠を超えるコンパクトカーもあり、車幅感覚が取りづらくなってきた
  • 安全性能が向上したとは言え、全長が短いコンパクトカーに不安を感じる方が多い
  • リセールバリューでは、軽自動車に大きく劣る

コンパクトカーの一番の売りは「小回りが利く」や「狭い幅員の道路でも運転しやすい」などですが、最近のコンパクトカーは、居住性や走行安定性を追求するあまり、ホイールベースが長くなり、小回りが利かなくなっています。

また、全幅が5ナンバー枠を超える車種も販売されており、狭い幅員の道路や狭い駐車場などでも、運転しにくくなってきています。

軽自動車と同じでコンパクトカーも、どんどんワイド化が進み、新車時の車両本体価格も高くなり、ワンランク上のクラスとの価格差がなくなってきています。

軽自動車では満足できないユーザーが、安くて運転しやすい乗用車として、コンパクトカーを購入候補に挙げていたのが、年々その魅力がなくなりつつあります。

このような理由から、コンパクトカーに不満を持つユーザーが、軽自動車に乗り換えるパターンも少なくありません。

こんな方にコンパクトカーの中古はおすすめ!

下記に当てはまる方は、中古のコンパクトカーがおすすめです。

  • 安い価格で燃費が良い小型車を探している方
  • 通勤や買い物など、街乗りをメインとした中古車を探している方
  • 良質な中古車を安く買いたい方
  • セカンドカーとして安い乗用車を中古で探している方
  • 軽自動車よりもパワーのある乗用車の中古を安い価格で探している方
  • 乗用車で維持費の安い中古車を探している方

コンパクトカーの魅力は、「実用性が高い」「経済的」「維持費が安い」などですが、基本的には車に興味がない方や車に拘りがない方がコンパクトカーを選んでいるように感じます。

そのため、価格重視で中古車を探している方には、コスパの良いコンパクトカーは非常におすすめです。

ひろし

しかし価格重視の方が新車でコンパクトカーを購入するのはあまりおすすめではないです…。

最近では、デザイン性に特化したコンパクトカーも多く販売されているため、コスパの悪いコンパクトカーも増えてきています。

実用性や経済面で優れている中古車を探している方には、中古のコンパクトカーがおすすめです。

なぜ普通車ではなくコンパクトカー?

素朴な疑問で、なぜ普通車ではなくコンパクトカーがおすすめなのか?

コンパクトカーも普通車と同じ乗用車ですが、排気量や車両重量が違うため、税金の金額や任意保険料などが異なります。

維持費を節約する場合は、普通車よりもコンパクトカーが狙い目になります。2,500ccの普通車とコンパクトカーを例に挙げて維持費の説明をします。

2,500ccの普通車とコンパクトカーの維持費を比較

1,500ccのコンパクトカーと、2,500ccの普通車で年間の維持費を比較してみます。

項目コンパクトカー(1,500cc)普通車(2,500cc)差額
自動車税34,500円(30,500円)45,000円(43,500円)10,500円
重量税(1年間)12,300円16,400円4,100円
燃料代(1年間)667L×169円=112,723円1,250L×169円=211,250円98,527円
合計159,523円(155,523円) 272,650円(271,150円) 113,127円
  • ( )は、2019年10月1日以降に新規初回登録を受けた乗用車の自動車税です。
  • 重量税は、エコカー対象外の乗用車の場合。
  • 年間走行距離10,000km、燃費をコンパクトカー15.0km/L、普通車8.0km/Lと仮定。
  • 年間ガソリン量=10,000km÷燃費で算出。
  • レギュラーガソリン全国平均・169円(2021年11月時点)としてます。
  • 維持費がどれだけ違うのかを確認するだけなので、金額が同じ自賠責保険などは紹介していません。
  • 任意保険料は加入する保険会社や保険内容によって、全く料金が異なるので今回は入れていません。

上記の表を見ても分かる通り、コンパクトカーと2,500ccの普通車とでは、1年間だけでも維持費に大きな差があります。

これを3年や5年単位で考えると、かなりの金額差になるので、普通車ではなくコンパクトカーをおすすめする理由が分かるはずです。

ひろし

10年で何と100万円以上もの差が…。これは大きいですね…。

コスパの良い中古でおすすめのコンパクトカー

コスパの良い中古車とは、新車の車両価格に対して価格が安い中古車のことを言います。

ここでは、50万円で買える良質な中古コンパクトカーと、100万円で買える高年式の中古コンパクトカーを紹介します。

どちらもコスパの面では優れているので、中古のコンパクトカーの中では特に狙い目です。

50万円で買えるおすすめの中古コンパクトカー

50万円で買える中古のコンパクトカーは、予算的にもある程度の妥協は仕方ありません。

ただ、年式の割には良質な中古車が市場に多く出回っているので、コスパの良い中古車を容易に探すことができます。

セカンドカーや日常で使う分には全く問題がないので、新車から5年落ちまでの走行距離が少ない車を選んで下さい。

日産・マーチ

項目詳細
年式平成27年式~平成29年式
グレードS
排気量1,200cc 直列3気筒DOHCエンジン
燃費21.4km/L
最小回転半径4.5m
駆動方式FF
乗車定員5名
参考:グーネット
ひろし

日産マーチを中古で買うなら平成27年式~平成29年式のグレード「S」が個人的にねらい目だと思います!

日産・マーチなら、「平成27年式~平成29年式あたり」で「走行距離が3万km以内」の中古車が狙い目です。台数はそこまで多くありませんが、諸費用込みでも50万円以内で購入できる中古車があります。

新車同様の良質な中古車が出回っているので、ファーストカーとしても十分活躍することができます。

 100万円で買えるおすすめの中古コンパクトカー

予算が100万円なら、新車に近い状態の中古コンパクトカーが狙い目です。

今回のタイトルが「コスパの良い中古車」ですから、リセールバリューではなく、質が良く割安感のある中古のコンパクトカーを紹介します。

トヨタ・パッソ

項目詳細
年式平成31年式~令和元年式
グレードXS or X-LパッケージS
排気量1,000cc 直列3気筒DOHCエンジン
燃費21km/L
最小回転半径4.6m
駆動方式FF
乗車定員5名
参考:グーネット
ひろし

トヨタパッソを中古で買うなら 平成31年式~令和元年式のグレード「XS or X-LパッケージS」が個人的にねらい目だと思います!

トヨタが販売している乗用車の中で、最も小さい車がパッソです。

トヨタ・パッソは、ガソリン車のコンパクトカーではトップクラスの燃費性能で、28.0km/Lを達成している低燃費車です。

また、排気量が1,000ccに抑えられているので、毎年の自動車税も乗用車の中では一番安い課税で済みます。スマートキーや安全装備などの装備が充実しているのもおすすめの理由です。

予算100万円なら、新車から2年落ちの平成31年式~令和元年式が狙い目です。

コンパクトカーを中古で購入するときの選び方

コンパクトカーを中古で購入するときは、使う用途やエンジンの種類などで選ぶことができます。

選ぶ種類によって、買える年式や価格が大きく変わってきます。コンパクトカーを中古で購入するときの選び方について紹介していきます。

使用用途によって選ぶ

コンパクトカーには、一般的な形状の「ハッチバックタイプ」、背の高い「ハイトタイプ」、オフロード風「SUV」の大きく分けて3種類があります。

通勤やちょっとした足で利用するなら「ハッチバックタイプ」が手頃ですし、小さな子供を乗せるなら「ハイトタイプ」がおすすめです。

また、コンパクトSUVに関しては、趣味やアウトドアで使用する場合には向いていますが、人気車種が多いことが理由で、コスパ的には良くありません。

どのようなことに車を使うのかによって、狙う中古のコンパクトカーが変わってくるので、慎重に考えてから選ぶようにして下さい。

メーカーや車種で選ぶ

全ての国産自動車メーカーから、コンパクトカーは販売されています。

各メーカーによって、内装や外装のデザインに特徴があるので、自分が好きなメーカーを選ぶのも良い方法です。

ひろし

個人的な印象では、飽きのこない内装はトヨタ、個性的な内装ならマツダ、飽きがきやすい内装のホンダ、スポーツ志向が強い日産などのイメージがありますね。

また、車種選びで失敗をしたくない方は、年式を落として人気車種を狙うのも良いでしょう。もしくは自分の好きなメーカーや車種で選ぶ方法でも問題ありません。

エンジンの種類で選ぶ

コンパクトカーには、「ガソリンエンジン」「ハイブリッドエンジン」「100%電気モーター」「ディーゼルエンジン」があります。

燃費数値だけを見てエンジンの種類を選ぶ方もいますが、ハイブリッドエンジンや電気自動車は、車両価格が高い車ばかりなので、長い目で見ると逆に損をするケースがあります。

予算に余裕がある人は「ハイブリッドエンジン」か「100%電気モーター」を、コスパを優先するなら「ガソリンエンジン」か「ディーゼルエンジン」を選ぶことをおすすめします。

機能や居住空間で選ぶ

コンパクトカーには、最低限の装備や機能でコスパを優先したタイプの車種や、シートアレンジが豊富で多機能を売りにした車種もあります。

子供がいる方には、シートアレンジの自由度が高い車種が便利ですし、趣味でコンパクトカーを買うならSUVが選択肢に加わります。

コンパクトカーは、走行性能に大きな差がないので、居住空間や機能で選ぶのも一つの方法です。

不人気車を選ぶ

中古車はグレードによる金額差よりも、車種やボディーカラーによる金額差の方が大きいのが特徴です。

人気のないボディーカラーを選ぶだけで、同じ車種でも高年式を狙うことができたり、上位モデルを買うことも可能です。

高値で売ることを考えるなら、人気車や人気色を選ばなければいけませんが、売ることを考えなければ、不人気車や不人気色を選ぶことをおすすめします。

コスパの良い中古コンパクトカーを狙うなら、リセールバリューは捨てるべきです。

コンパクトカーを中古で購入する際の注意点

中古車を購入したことがある方には、当然のことかもしれませんが、年式や走行距離がコンパクトカーを中古で購入する際には、非常に重要なポイントになります。

また、中古車は新車と違って、一台一台車両の状態が違うので、車を見る「目利き」が必要になります。コンパクトカーを中古で購入する際には、以下のことに注意して下さい。

  1. 外装の傷やへこみの有無
  2. 内装の状態やシートのへたり具合など
  3. エンジンやミッションのオイル漏れの有無
  4. エンジン回りの状態
  5. 車体の下回りや足回りの錆や劣化の有無
  6. パワーウィンドウなどのスイッチ作動確認
  7. タイヤの溝が偏った減り方をしていないか
  8. ヘッドライトに水滴や水が溜まっていないか
  9. メーター改ざんの疑いはないか
  10. エンジンやミッションの異音確認
  11. エンジン始動後に白煙は出ていないか
  12. 事故歴や修復歴の有無
  13. メーター類の玉切れ確認
  14. 整備記録簿の有無
ひろし

中古車購入の際に上記の14項目のチェックは非常に重要!

中古車ですから、ある程度の小傷は仕方ないにしても、目立つ傷や凹みがある場合は、前オーナーの乗り方に問題があるかもしれないので、買う際には注意が必要です。

走行距離が少ないのに、ステアリングがツルツルしているとか、運転席シートが以上にへたっているような中古車は、メーター改ざんの疑いがあります。

エンジン回りのオイル滲みや漏れ、車体の裏側や足回りの錆などを目視で確認して下さい。錆が多い中古車は、最悪水没車の可能性もあるので、細心の注意が必要です。

ヘッドライトの内側が曇っている場合や、水滴がレンズ内側についている場合は事故歴があるかもしれません。また、タイヤの溝が変な減り方をしている中古車は、足回りを修理している場合もあるので、修復歴や事故歴の確認をする必要があります。

一番厄介なのが白煙の出る中古車で、異常燃焼しているだけなら良いのですが、最悪の場合はエンジンを載せ替えるような大きな修理を伴うことがあります。

神経質になる必要はありませんが、良質なコンパクトカーを中古で購入するためには、上記の注意点を最低限チェックするように心がけて下さい。

コスパの良いコンパクトカーを中古で買う方法

コスパの良いコンパクトカーを中古で買う方法には、「インターネットの中古車検索サイトを使って買う」「中古車販売店の展示車を買う」「中古車販売業者に依頼して買う」などがあります。

それぞれの買う方法について説明させて頂きますので、ご自身が行動しやすい方法を使って下さい。

インターネットの中古車検索サイトを使って買う

中古のコンパクトカーを買う方法として、現在最もポピュラーなのが中古車検索サイトを利用する方法です。

大抵の「グーネット」や「カーセンサー」など大手の中古車検索サイトは年式や金額・車種など細かく条件を絞って希望の中古車を簡単に探すことができます。

そのため中古車検索サイトを利用すれば自身の希望条件にあった中古車を見つけることができるので、中古車の購入を考えている方は、まずは中古車検索サイトから、自分の希望に合う車を探してみると良いでしょう。

中古車販売業者に依頼して買う

車の目利きに自信がない方は、中古車販売業者に希望のコンパクトカーを探してもらう方法があります。

中古車販売業者に依頼するときは、以下のことを伝えて下さい。

  1. 希望の車種
  2. 年式(前期型や後期型など)
  3. グレード
  4. ボディーカラー
  5. 希望の走行距離(何km以内など)
  6. 欲しい装備品(サンルーフは必須など)
  7. ミッション種類(ATやMT)
  8. 駆動方式種類(2WDや4WD)
  9. 修復歴の有無
  10. 予算
ひろし

この10項目は依頼するまえに、ある程度考えておくとスムーズに話しを進めることができます!

またこれらの要望を中古車販売業者に伝えたあと、中古車販売業者は以下の方法を使って注文車を探します。

  1. 毎週全国で行われる「オートオークション会場」の出品車状況を確認する。
  2. ディーラーへ注文車情報を流して、下取り車で入庫しないか確認する。
  3. 他の中古車販売業者が、注文車を持っていないか確認する。

注文を受けたときから上記の流れで動き出しますが、全国規模の中古車販売業者は、上記に加えて他店舗の在庫を確認することができます。

上記の方法の中では、「オートオークション会場」で注文車を探す場合だけ、落札してからお客様に現車を見せることになるので、失敗が許されません。

売りやすい車なら失敗しても在庫車として販売することが可能ですが、小売りのしにくい中古車の場合は、売れずに長期在庫として残ってしまうリスクがあります。

そのため、注文を受けるときにはオークション会場で自信を持って落札できるように、「査定評価点」「傷の状況」「装備品」などの情報をお客様と密に連絡を取り合い、落札した車でスムーズに契約できるように心がけます。

中古車販売業者に依頼するときは、希望の車が見つかったときには契約するつもりで依頼するようにして下さい。中古車販売業者は、目利きのプロですから、安心して任せることができます。

中古車販売店の展示車を買う

中古車販売店で店頭に並んでいる在庫車を買う場合は、自分で直接現車を見ることができるので、今回の記事でも紹介した「コンパクトカーを中古で購入する際の注意点」を参考にして頂き、実際の中古車で確認して下さい。

その場でも営業マンに質問ができるので、希望の中古車と出会った場合には、スムーズに契約まで進むことができます。ただ、初めて行く中古車販売店だと、本当に信用しても良いのか?など不安があるはずです。

初めて訪問する中古車販売店では、以下のことに注意して購入の判断をすると良いでしょう。

  • スタッフの対応はどうか?
  • 質問に対して、正直かつ的確に応答してくれているか?
  • 修復歴がある展示車には「修復歴表示」をしているか?
  • 自社で整備が行える環境が整っているか?
  • 万が一に備えて、積載車を所有しているか?
  • 自社ホームページやブログなどの運営状況は?
  • 中古車検索サイトと契約しているか?
  • インターネットでの口コミやレビュー評価はどうか?

基本的なことばかりですが、上記のことを確認することで、良心的な店かどうかはすぐに判断できますし、何よりもスタッフの印象が悪ければ、その中古車販売店では買いませんよね。

担当してくれるスタッフの対応が良ければ、例え自社に整備工場がなくても「この人なら任せられる」と思うでしょうから、スタッフの対応は非常に重要です。

中古車は購入した後のアフターフォローが大切なので、長くお付き合いができる中古車販売店と出会いたいものです。

中古車販売店の展示車を買う場合は、展示車の販売価格や車種が気になって訪問しているはずですから、コスパの良いコンパクトカーを中古で買う目的としては良い方法です。

まとめ

安くてコスパの高いコンパクトカーを買う方法について紹介してきましたが、コンパクトカーにもメリットやデメリットが存在します。

また、維持費が安いコンパクトカーでも、価格が比較的高いハイブリッド車や電気自動車も豊富に販売されているので、本当にその車を買っても損をしないのか?など、慎重に選ぶ必要があります。

今回は、予算別に狙い目の中古コンパクトカーを2台紹介しましたが、コスパに優れたコンパクトカーとしては、特におすすめできる2台です。

今回の記事を熟読して頂き、コスパの高い中古コンパクトカーを買うために役立てて下さい。

【編集部おすすめ】

ネット上の口コミ・評判の良い中古車ディーラーを都道府県別に紹介!

「中古車選びに失敗したくない…。」
「愛車をできるだけ高く売りたい…。」

そのようなお悩みを持つ方は、こちらを詳しくみてみるのがおすすめ!