【バイク王】0120308190の電話は無視して平気?困ったときの対処法を紹介! 

0120308190の電話の正体は「バイク王」です。何度も電話がかかってくるので、対応に困っているという方も少なくありません。

そこで、この記事では、バイク王(0120308190)から何度か電話があって、困っているという方向けに対処法を紹介させていただきます。

目次

0120308190の電話は「バイク王」

0120308190の正体は「バイク王」からの電話です。バイク王はオートバイの買取・販売の事業を全国に展開している会社です。

お馴染みの「バイクのことならバイク王」のキャッチフレーズの通り、バイクのことなら全てバイク王で解決することができます。

バイク王の電話に関する口コミ

あなたと同じようにバイク王(0120308190)から電話がかかってきたという人はいるのか気になりますよね。そこでバイク王からの電話に関する口コミを調べてみましたので紹介します。

バイク王(0120308190)が電話をかけてくるのは何故?

バイク王(0120308190)から着信があった方は「電話をかけてくるのは何故?」と理由が気になりますよね。バイク王(0120308190)が電話を掛けてくるのは次の理由が考えられます。

  • 問い合わせ内容の確認
  • 登録内容の確認
  • バイクの査定
  • バイクの販売
  • 間違い電話
  • 営業電話

そのなかでもバイクの買取・販売のいずれかの営業の可能性が高いのではないでしょうか。

バイク王(0120308190)から電話が掛かってくる訳

「バイク王が電話をかけてくるのはどうして?」多くの方はこのような疑問を持っているかと思います。そこでバイク王(0120308190)から電話が掛かってくる原因についても挙げてみましょう。

ネットで一括査定サイトに登録した

バイク王に限らず買取業者からのしつこい電話で悩まされる方の多くの原因がネットで一括査定サイトに登録をしたからです。

一般的な一括査定サイトは、無料登録をした瞬間に、複数業者からの電話が鳴り止まないトラブルに巻き込まれます。最近、一括査定サイトに登録したなど思い当たるフシはないですか?

過去に利用したことがある

過去にバイク王に来店をしたことがあるという人も電話が掛かってくる可能性が高いです。「来店」だけなら電話が掛かってくる可能性はほぼないですが、例えばアンケートやバイクの売買契約などで、個人情報を渡した記憶などはありませんか?

第三者が電話番号をイタズラや誤って登録した

稀にあるケースですが、第三者が誤って、一括査定サイトなどに登録してしまうケースもあります。電話番号の下1ケタがたまたま間違えて、あなたの番号になってしまった…などもあります。

バイク王(0120308190)の電話で困ったときの対処法

もしバイク王(0120308190)の電話で困っているようであれば、これから紹介させていただく対処法がおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

①とりあえず電話に出る

まずは電話に出ましょう。バイク王(0120308190)から何度も電話が掛かってくるのは、「見込み客」と認識されているからではないでしょうか。

電話で困っている方の多くは、無視をしたり、着信拒否をしたりしているようですが、別の電話番号から電話を掛けてくる可能性があるので、そういった対応は意味がありません。

したがって、もし電話があったら、まずは電話に出るようにしてください。

②営業リストから削除してもらう

電話に出たら、営業リストから削除してもらうように、電話口の担当者に伝えましょう。

あなたは「見込み客」として営業のターゲットになっている可能性があるので、営業リストから外してもらうことで、営業ターゲットでは無くなります。

【ポイント】ハッキリと断るのが重要

営業リストから削除してもらうときはハッキリと自分の意思を伝えるのが重要です。

「断るのは相手に悪いかな…」など中途半端に伝えると、余計に伝わらなくなってしまうので、「今はサービスを必要としていません!」とハッキリ断るようにしましょう。

見込みがない顧客にいつまでも営業するほど、相手も暇ではないので、ハッキリと断ることは、実は悪いことではないのです。

もしそれでも断りにくい…という方は、「車は別の業者で売ってしまったので手元にない」「今後、経済的な理由で車を買う予定はない」などの理由を伝えるのが良いでしょう。

しつこい電話なし!当サイトおすすめバイク買取・査定サービスについて

バイクを売りたいけど、どこで査定をすれば良いのか分からない…。

一括査定サービスのように大量に電話がかかってくるのは嫌だし面倒だな…。

今まで大事にしていたバイクをできるだけ高く売りたい…。

現在、バイクを売ろうと考えているけど、こういった悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?

一般的にバイク買取の一括査定サービスを利用すれば、複数のバイク買取業者に見積もりを取ることができるので、1番高い金額で愛車を売ることができます。

しかしそういったメリットがある反面、複数の業者から大量に電話が掛かってくるというデメリットがあります。

そこで当サイトでおすすめする「しつこい営業電話がなく高価買取を実現できるバイク買取サービス」を紹介させていただきます。

ひろし

それではさっそくご覧ください!

バイク買取なら「アップス」がおすすめ!

項目概要
運営会社株式会社インターファーム
設立2006年3月
所在地東京都渋谷区桜丘町22-14NESビル1階
事業内容WEBメディア事業
公式サイトhttps://ups-bike.com/

アップスは東京都でメディア事業を展開する株式会社インタファームが運営するサービスです。

アップスは売りたいバイクの写真だけで手軽にネットで無料査定ができる従来のバイク買取一括査定サービスから一新されたサービスです。

またアップスでは全国の優良バイク販売店300社以上が参加しており、最大10社の買取額を比較することができるので、1番高く買い取ってくれる業者を簡単に見つけることができます。

アップスの買取は一般的な買取と仕組みが違う

アップスの買取サービスは一般的な買取サービスとは異なり高く売れやすいのも特徴の1つとして挙げられます。

例えば、一般的な買取のケースでは、バイクを売りたい人とバイク販売店の間で複数の業者を挟むため、各業者間で中間マージンが発生します。

そのため一般的な買取のケースでは、バイクを売りたい人は、なかなか高く売ることが難しいのが現状です。

しかしアップスの買取サービスはバイクを売りたい人とバイク販売店が直接取引するので、余分な中間マージンをカットされています。

余分な中間マージン分をバイク買取価格に還元することで、高価買取を実現できる画期的なサービスとなっています。

ひろし

さらにアップスではオークション形式なので、複数の参加業者が勝手に競い合うので、買取価格がグングン上がる可能性を秘めていますよ!

アップスを使うべき3つのポイント!

アップスをおすすめしたい理由として、主に下記の3つの理由があります。

  1. 24時間以内に査定額がすぐに分かる
  2. 匿名で利用できるから安心安全
  3. 得意分野を持つ買取業者から直接オファー

アップスは、最短で1時間以内に売却が完了されるケースもあり急いでいる方にもピッタリといえます。また今すぐ売る予定がない方・査定金額だけ知りたい方など匿名利用が可能なので気軽に安心安全に利用ができます。

さらにアップスの参加企業はさまざまな得意分野を持ち、実績豊富な優良買取業者です。平均で5~10社程度オファーが届き、バイクを売却した90%は自身の希望額を超えています。

とにかく無料で査定ができるので、まずは1度試してみることをおすすめします。

アップスで高く売れたよ!利用者の口コミと買取実績について

ひろし

SNSの口コミも「高く売れた!」「複数の業者から大量に電話がなかった」など、なかなか良いものでした。

アップスの利用は簡単3ステップ

ひろし

公式サイトから、たったこれだけの手順で査定ができるので、非常に簡単ですね!

\アップスのまとめ/
ポイント
  • 愛車の写真をスマホで撮ってバイクの情報を入力!わずか30秒で手間なくカンタン査定!
  • 余分な中間マージンをカット!その分を買取価格に還元することで高価買取を実現!
  • 全国の優良バイク買取業者300社がオークション形式で競い合う!買取価格がグングン上がる!

まとめ

0120308190の電話の正体は「バイク王」です。この記事に辿り着いた方の中には、何度か電話があって困っているという方もいるのではないでしょうか?

複数回の電話で困っているという方は「とりあえず電話に出る」のがベストです。そして電話に出たあとはサービスの利用意思がないことをハッキリと電話口の担当者に伝えるようにしてくださいね。

また少しでもバイクを高く売りたいと考えている方は、バイク王に加えて他のバイク買取業者からも相見積もりをするようにしてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサーの会社員で車やバイクが大好きです。趣味は愛車の洗車やドライブをすることです。自身の車を購入・売却の経験やメンテナンスの知識が誰かの役になれば良いな、と思いましてクルマバイバイの運営を開始しました。車のことで困ったことがあれば当サイトを参考にして頂けると嬉しいです。

目次